SPF30~SPF50の日焼け止めおすすめランキング2017|SPFの意味や日焼け止めの選び方とは?

日焼け止めには必ず「SPF」と「PA」という値が記載されていますが、その意味は知っているでしょうか。

なんとなく、SPFやPAの値が高い方がいい!というイメージを持っている人も多いと思いますが、肌のタイプや使用シーンによっては必ずしも高い方が良いとは限らないのです。

今回は、日焼け止めのSPFやPAの意味、日焼け止めの選び方やおすすめの日焼け止めなどを総合的に紹介していきます。

SPFやPAの本当の意味を理解できれば、あなたにぴったりの日焼け止めが簡単に探し出せますよ。

日焼け止め選びで悩んでいる人は、ぜひご一読ください。

SPF30~SPF50の日焼け止めの選び方

日焼け止めにはさまざまな種類がありますが、SPFやPA値などで紫外線防止効果をある程度予測することができますし、紫外線カット剤のタイプで自分の肌に合うかどうか目安にすることができます。

ここからは、日焼け止めを選ぶ際に抑えておきたいポイントについて詳しく紹介していきます。

SPFやPA値の意味、また紫外線カット剤や生活シーンに応じた選び方など参考にしてください。

SPFとPAで選ぶ

UV-AとUV-Bについて

SPFやPAの前に知っておきたいのが、2種類の紫外線についてです。

UV-Aは生活紫外線とも呼ばれており、日常生活で受けてしまう紫外線のことを指します。

室内にいても窓ガラスを通り越して肌内部の奥深くに到達するほど波長が長いのが特徴です。

UV-Aによる肌ダメージは、肌が黒くくすんでしまうサンタンをはじめ、たるみやシワなどの肌老化が挙げれるので、日々注意が必要です。

そして、もうひとつのUV-Bはレジャー紫外線とも呼ばれており、海や山など炎天下のレジャーシーンで浴びてしまう紫外線のことを指しています。

SPFやPAというのは、UV-AとUV-Bそれぞれの紫外線防御指数を表しています。

では、SPFやPAの示す値でどれくらい紫外線防止効果が期待できるのでしょうか?

SPFとPAの値について

SPFとは「Sun Protection Factor」の略で、主にUV-Bによる日焼けを防止する数値です。

単純に数値が大きいほど日焼けの症状をブロックしてくれる、と勘違いしている人も多いのですが、ここでいう防止効果とは時間のことを指しています。

個人差があるものの、日焼けが起きるにはだいたい20分かかると言われており、SPFの数値によって日焼けを起こす時間を何倍に伸ばせるか判断することができます。

例えば、SPF30なら20×30で約600分(10時間)、SPF50なら20×50で約1000分(16時間)の日焼け防止効果が期待できるということです。

SPFの国内最高基準値はSPF50+となっており、SPF50以上であってもすべてSPF50+と表記するように統一されています。

ただし、塗布量や塗布後の残存状況で持続時間が変わる場合があるため、あくまでも目安として理解しておきましょう。

そして、PAは「Protection Grade pf UVA」の略で、UV-Aの防止効果を表す目安となります。

+から++++までの4段階あり、効果の高さを示しています。

  • PA++++
    • 極めて高い効果が期待できる
  • PA+++
    • 非常に効果が期待できる
  • PA++
    • かなり効果が期待できる
  • PA+
    • 効果が期待できる

UV-Aは、UV-Bに比べて年中安定して降り注いでいるのが特徴なので、外出する機会が多い人や室内で窓際にいる人はできるだけ数値が高いものを選ぶことがポイントです。

季節や生活シーンに合わせてSPF値を判断する

SPFは日焼けを起こす時間をどれくらいまで伸ばせるか表している数値ですが、実は理論上紫外線をどれくらいカットするか(=紫外線遮蔽率)を予測することができます。

紫外線遮蔽率は、「(SPF値-1)/SPF値×100」という数式で求めることができるので、SPF30の場合は96.7%、SPF50の場合は98%の紫外線カット率となるのです。

ここで気づいている人もいるかもしれませんが、SPF30とSPF50の紫外線遮蔽率の差はわずか1.3%ということになります。

またSPFの数値が高くても、実際には塗り残しや汗や皮脂で流れ落ちてしまうことで本来の紫外線防止効果を発揮できないことが多いと言われています。

SPFの数値が高ければ高いほど効果が期待できると過信するのではなく、塗布量に気を配ってこまめに塗りなおすことがポイントです。

SPF値はあくまで一つの目安と考え、時期や生活シーンなどをトータルに考えて日焼け止めを選びましょう。

紫外線カット剤の内容で選ぶ

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤について

日焼け止めに欠かせないのが、紫外線カット剤です。

紫外線カット剤には、主に紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の2種類があります。

紫外線吸収剤は、一度紫外線エネルギーを肌に取り込み、化学反応を起こすことで紫外線エネルギーを消費して体外に放出。

そして紫外線散乱剤は、粉体で肌の表面に膜をはり、紫外線を反射させることで紫外線ダメージをブロックする紫外線カット剤なのです。

いずれも異なるアプローチで紫外線ダメージから肌を守る働きを持っているのですが、紫外線吸収剤は肌の内側に紫外線を取り込んで化学反応を起こす、という性質上肌に少なからずダメージを与えることがあります。

そのため、肌荒れしている人や敏感肌の人は紫外線吸収剤不使用(ノンケミカル)の日焼け止めを選ぶことがおすすめです。

心地よい使用感を求めるなら紫外線吸収剤

実は、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤はテクスチャーに違いがあります。

紫外線吸収剤が多く含まれている日焼け止めは、さっぱりしたみずみずしい使用感が特徴です。

また、白浮きしにくく、ジェルやリキッドタイプの日焼け止めに多く使用されています。

そして、紫外線散乱剤が多く含まれる日焼け止めは、しっとりした使用感が特徴です。

比較的白浮きしやすく、SPF値の低い日焼け止めに多く使用されています。

紫外線吸収剤が多く含まれている日焼け止めに比べると、紫外線散乱剤が多く含まれた日焼け止めは使用感に劣る部分がありますが、肌に対する刺激性は低いのがメリットです。

べたつかずサッパリしたテクスチャーを求めるなら、紫外線吸収剤が含まれている日焼け止めを選びましょう。

季節や生活シーンに応じて選ぶ

季節や生活シーンに合わせた選び方とは?

紫外線は年中を通して降り注ぐものなので、冬場でも紫外線対策は必須です。

しかし、季節によって紫外線の量は異なりますし、シーンによっては紫外線の影響を受けやすい場合があるので、季節や生活シーン、環境や目的に応じて日焼け止めを選ぶようにしましょう。

UV-A、UV-Bともに4月から紫外線量が徐々に増え始め、7月ごろにピークを迎えます。

日射しの強い春から夏にかけては、SPFやPA値の高い日焼け止めを選んでください。

また、夏場は海などのレジャーシーンで水に濡れることがあります。

その際は、ウォータープルーフタイプの日焼け止めが大変便利です。

ただし、ウォータープルーフタイプの日焼け止めであっても、汗や皮脂で押し出されることで効力を失うことがありますので、こまめに塗りなおすことを忘れないようにしてください。

また、UV-Bは空が曇っているとある程度遮断されますが、UV-Aは曇りの影響をあまり受けません。

さらに、UV-Aは波長が長いので、天気の悪い日、室内で窓ガラスに近い場所で過ごす場合はPA値が高いものを選びましょう。

日焼け止め機能を兼ねたベースメイクが便利

SPFやPAの値が高くても、摩擦や汗によって日焼け止めが落ちると、せっかくの紫外線防止効果もなくなってしまいます。

そこで便利なのが、日焼け止めを兼ねたベースメイク。

例えば、紫外線カット剤が配合されたパウダーファンデーションなら、粉体が汗や皮脂を吸着してメイク崩れを防ぎますし、化粧直しの時も日焼け止めとファンデーションが同時に直せるので便利です。

また、紫外線カット剤が配合されたCCクリームは、摩擦や塗りすぎによる肌の負担を減らすことにもつながります。

なかには、肌の色味や光をコントロールするベースメイクもあり、つけるだけでメイクアップによる美肌効果が得られるので大変機能的です。

日焼け止め単体だけではなく、日焼け止め機能を兼ねたベースメイクを上手に利用して日焼け止めの持ちを長くしましょう。

紫外線による肌ダメージとは?

紫外線ダメージによって肌は老化します。

では、具体的にどんな肌ダメージが現れるのか、詳しく紹介していきます。

日焼け(サンバーン)

UV-Bの影響によって、肌が炎症して赤くヒリヒリする状態をサンバーンといいます。

波長の短いUV-Bには、皮膚の表側にある表皮の細胞を壊すエネルギーがあるため、ダメージを修復させるために毛細血管が膨張し、やけどのような症状を引き起こすのです。

しばらく放っておくと損傷した皮膚がはがれて修復するのですが、サンバーンの影響で将来的にシミができたり、皮膚ガンになる恐れがあります。

海やプールなど日差しの強いレジャーシーンでは、SPF値の高い日焼け止めを使用しましょう。

色素沈着(サンタン)やシミ

UV-Aの影響によって、肌の色素が沈着することをサンタンといいます。

日に焼けて肌が小麦色になる現象、といえばわかりやすいかもしれません。

波長の長いUV-Aは、曇り空や窓ガラスを通り越してまで肌の内部に蓄積されるため、肌を守ろうとする防御反応から色素細胞(メラノサイト)がメラニンを合成し、肌が黒くくすんでしまうのです。

サンバーンと同じように、しばらく放っておくとやがて修復しますが、このサンタンが原因でシミになる可能性もあります。

サンタンを防ぐためには、PA値の高い日焼け止めを使用したり、美白化粧品を使用してメラニンの生成を抑えることがポイントです。

シワやたるみ

波長の長いUV-Aが肌の内部に蓄積されると、肌のハリを支える真皮のコラーゲンやエラスチンが変性してしまい、シワやたるみなどの肌老化を招きます。

肌老化を防ぐためには、ヒアルロン酸やセラミドなど保水力を持つ成分が配合された日焼け止めを使用し、肌のバリア機能を整えましょう。

SPF30~SPF50の日焼け止めランキング2017

ここからは、SPF値が比較的高いおすすめの日焼け止めをランキング形式で紹介していきます。

スキンケア効果が期待できるタイプやオーガニックコスメ、紫外線吸収剤不使用の日焼け止めなどそれぞれ特徴が異なるので、日焼け止め選びの参考にしてください。

パーフェクトUVクリアソリューション

アスタリフトホワイト パーフェクトUVクリアソリューション

評価:★★★★ (4.9)
トライアルセット
1,000円
公式サイトを見る
通常価格
3,900円(税抜)
メーカー名
アスタリフトホワイト
内容
30g
特長
SPF50・PA++++、汗・皮脂に強い、専用クレンジング不要、伸びの良いテクスチャー、ダマスクローズの香り

アスタリフトホワイトの「パーフェクトUVクリアソリューション」は、独自技術の紫外線防御剤を使用した日焼け止めです。

SPF50+ PA++++と国内最高基準の紫外線防止効果。

独自の紫外線防御剤「D-UVガード」を配合しており、波長の長いDeep UVAから肌を守ります。

また、光をコントロールして肌の透明感を演出するメイクアップ効果や、紫外線を浴びることで美容成分が角質層に浸透するスキンケア効果もあり、機能性は抜群。

チューブ本体にはUVセンサーキャップを採用しており、紫外線の強さが目に見えてわかるのも注目ポイントです。

実際に使った方の口コミ

40代

汗や皮脂に強いので落ちにくいですし、どんなシーンにも使えて便利!

化粧直しの時も、ファンデーション代わりに塗ることで肌が透き通ったように綺麗になります。

まだ使い始めたばかりですが、アスタリフトシリーズならではのアンチエイジング効果にも期待です!

30代

紫外線を浴びるとカプセルが弾けて美容成分が浸透する…こんな画期的な日焼け止めに出会って感激!

肌トラブルにも悩まなくなりましたし、海外旅行や海水浴でも肌が真っ黒になりませんでした。

ちょっとお高いけど、定期コースを利用すればお得に購入できていいですね。

WEB限定で最安値で試す方法

パーフェクトUVクリアソリューションは、アスタリフトの公式オンラインショップを始め、さまざまな通販サイトで手に入れることができます。

なかでも一番安い方法で試せるのが、公式オンラインショップで取り扱っている「アスタリフトホワイト美白トライアルキット」。

日焼け止めをはじめ、先行美容液や美白クリームなど5つの基礎化粧品が1,000円(税抜)で試せるのです。

約5日分の内容量ですが、テクスチャーを試すだけでも大変お得ですし、送料もかかりません。

同シリーズのスキンケアラインを同時に使うことで、美白ケアとエイジングケアが同時に叶います。

ウェアルーUV

HANAオーガニック ウェアルーUV
出典:@cosme

HANAオーガニック ウェアルーUV

評価:★★★★ (4.8)
トライアルセット
1,480円(税込)
公式サイトを見る
価格
4,000円(税別)
メーカー名
えそらフォレスト
ブランド名
HANAオーガニック
内容量
30ml
特長
SPF30・PA++、天然素材100%、オーガニック比率99.7%、日中美容液ベース、イザヨイバラエキス配合、化粧下地◎

HANAオーガニックの「ウェアルーUV」は、天然100%オーガニック処方の日焼け止めです。

石油由来成分を一切使用せず、SPF30 PA++という紫外線防止効果を実現。

美容液成分85%、オーガニック比率98.5%というこだわりの成分配合で、肌のうるおいをしっかりキープします。

また、ピンクベージュとイエローベージュの2色展開で、肌の色ムラをカバー。

ファンデーションを使用せずとも、光を操作して肌の透明感を演出します。

肌に優しいオーガニックコスメが好きな人や、化粧下地を兼ねた日焼け止めを探している人におすすめです。

実際に使った方の口コミ

20代

天然のローズの香りが心地いい日焼け止め下地。

白浮きしないから塗りやすいですし、意外にも軽やかな付け心地でストレスも感じません。

くすみが気になるときはピンク系、赤みが目立つときはイエロー系と使い分けています。

30代

オーガニック処方の日焼け止めを探しているときにたどり着いたのが、ウェアルーUVでした。

化粧下地と日焼け止めが1本で完了するので、朝の忙しい時でも手早くメイクアップできます。

SPFも30くらいが一番肌に合うような気がします。

WEB限定で最安値で試す方法

ウェアルーUVは、HANAオーガニックの公式オンラインショップで購入することができます。

公式オンラインショップなら送料もかかりませんし、購入後30日間まで全額返金保証が付いているので、万が一肌に合わない場合でも安心です。

定期便を利用すれば、通常価格より600円安い3,400円(税抜)で購入することができます。

そして、同シリーズのウェアルーパウダールーセントをセットで購入すると15%オフが適用になるので大変お得です。

また、とりあえず一番安い方法で試してみたい人は、日焼け止めを含むスキンケアラインが一式揃った「体験7日間トライアルセット」がおすすめ。

3,438円相当が、初回特別価格の1,371円(税抜)となるので大変お得です。

ピンク・イエロー(イエローのみ1回分)の両方を試すことができます。

ホワイティシモUV ブロックミルキーフルイド

ホワイティシモ UVブロックミルキーフルイド
出典:@cosme

ホワイティシモ UVブロックミルキーフルイド

評価:★★★★ (4.7)
価格
3,780円(税込)
公式サイトを見る
メーカー名
ポーラ
ブランド名
ホワイティシモ
内容量
50g(全顔使用で約160日分)
特長
SPF30・PA+++、無香料、水・汗に強いタイプ、専用クレンジング不要、2歳以上対象の用事プラクティカルテスト実施(※)
※(すべての幼児の肌に合うわけではありません)

POLAの「ホワイティシモUVブロックミルキーフルイド」は、紫外線吸収剤を使用していない日焼け止めです。

ポイントは紫外線吸収剤不使用、そして紫外線散乱剤の配合量を従来品より40%も抑えられているという点です。

独自の3D-UVカットベールが肌に対して隙間なく伸びるので、紫外線散乱剤が少量でも紫外線を通しにくい仕様になっています。

また、水に濡れても紫外線効果が失われない耐水テストをクリアしているので、汗をかきやすい夏場でも安心して使うことができます。

みずみずしく軽やかな使用感もストレスを感じません。

デリケートな肌質の人や、小さなお子さんにもおすすめの日焼け止めです。

実際に使った方の口コミ

30代

肌にスーッと伸びる心地よい使用感の日焼け止め。

敏感で乾燥肌な私にも問題なく使えますし、今では3歳の娘と一緒に使っています。

べたつかず白浮きしにくいので、塗り直しも簡単です。

肌にストレスを与えない処方なのも決め手でした!

30代

普段POLAのスキンケアを使っているのですが、今回初めて日焼け止めにチャレンジしてみました。

白浮きやきしみもありませんし、通勤や外回りで身体中汗をたくさんかいても日焼け止めが落ちないんです。

日焼け止め機能もばっちりで、去年は日焼けせず夏を過ごせました。

WEB限定で最安値で試す方法

ホワイティシモUVブロックミルキーフルイドは、POLAの公式オンラインショップや楽天、Amazonなどで購入することができます。

基本的には、どのサイトで購入しても通常価格の3,780円(税込)で販売されているので、通販サイトの特典や利便に合わせて選ぶと良いでしょう。

公式オンラインショップの場合、購入金額に応じて気になるアイテムのサンプルを試すことができたり、レビュー投稿でオリジナルコットンのプレゼントがあります。

また、毎月変動するキャンペーンもあるので、内容によっては送料がかからないことも。

SPF30~SPF50の日焼け止め 特徴別おすすめ

ランキングで紹介した日焼け止め以外にも、CCクリームやスプレータイプなど特徴の異なるおすすめの日焼け止めがたくさんあります。

ここからは、ランキングで紹介しきれなかったSPF30以上の日焼け止めを紹介していきます。

それぞれの特徴や用途、あなたの好みにぴったり合う日焼け止めを見つけましょう。

SPFとPA値の高い日焼け止め

B.Aプロテクター

B.Aプロテクター
出典:@cosme

B.Aプロテクター

評価:★★★★ (4.5)
価格
11,880円(税込)
公式サイトを見る
メーカー名
株式会社ポーラ
ブランド名
B.A
内容量
45g
特長
紫外線・近赤外線カット成分配合、フローラルウッディの香り

POLAの「B.Aプロテクター」は、SPF50 PA++++という高い紫外線防止効果を持つ日中用のエイジングケアクリーム。

紫外線はもちろん近赤外線によるダメージからも肌を守ります。

また、B.Aシリーズならではの厳選した原料を使用しており、肌本来の美しさを引き出すスキンケア効果が期待できるのも嬉しいポイント。

フローラルウッディの香りで、ラグジュアリーな気分が味わえます。

紫外線防止作用、保湿作用、みずみずしい使用感が1本で試せるリッチな日焼け止めを、ぜひ一度試してみてください。

40代

クリームなのにジェルっぽくて、肌がみずみずしくうるおいます。

日焼け止めというより、日焼け止め機能がついた保湿クリームという印象を持ちました。

SPFやPAが高いので、紫外線の強い日でも安心して過ごせますね。

フレグランスUVスプレー

ルメント フレグランスUVスプレー
出典:@cosme

ルメント フレグランスUVスプレー

評価:★★★★ (4.4)
価格
2,100円(税別)
公式サイトを見る
メーカー名
magicnumber
ブランド名
Le ment(ルメント)
内容量
80g
特長
髪にも使える、SPF50+ PA++++、シアフローラルの香り

ルメントの「フレグランスUVスプレー」は、ひと吹きで広範囲に塗布できるスプレータイプの日焼け止めです。

手の届かない背中、また髪の毛にも使用できますし、手を汚さずに塗布することができて手間もかかりません。

紫外線防止効果は、国内最高基準値のSPF50+ PA++++。

白浮きしない処方になっているのも嬉しいポイントです。

そして、フレグランスとしての機能もあるので香りを楽しみたい人にもおすすめ。

パラベン、エタノール、鉱物油、合成着色料不使用で肌に与えるストレスを軽減しています。

20代

出かける前に、頭から足元までシューっと吹きかけるだけで簡単にUV対策ができる優れもの!

それに、シアフローラルの香りで幸せな気分になります。

SPF値が高いのも嬉しいですし、ウォータープルーフなのに石鹸で落ちるのが便利ですね。

化粧下地やファンデーション機能を兼ねた日焼け止め

澄肌CCクリーム

米肌 澄肌CCクリーム

評価:★★★★ (4.3)
価格
3,500円(税抜)
公式サイトを見る
メーカー名
コーセー 米肌(MAIHADA)
内容量
30mL
美容成分
米胚芽油、ノイバラ果実エキス、ダイズエキス
紫外線カット力
SPF50+・PA++++
特長
化粧崩れやテカりを防止、米由来の「米胚芽油」(保湿効果)のほか、ノイバラ果実エキス(保湿、収れん、抗酸化、美白効果)、ダイズエキス(保水効果)などの美容成分を配合、タール系色素フリー、鉱物油フリー、パラベンフリー

コーセーの「澄肌CCクリーム」は、1本で5役の機能を兼ね備えた高機能のCCクリームです。

化粧下地・ファンデーション・フェイスパウダー・クリーム・日焼け止めの5役で、時短メイクが可能。

国内最高基準のSPF50+ PA++++で、強力な紫外線を長時間ブロックしてくれます。

また、ベースメイクとしての機能にも優れており、毛穴ロックポリマーが頬の毛穴開きを目立たなくさせたり、コントロールパウダーの効果で長時間たっても肌色がくすまないのが嬉しいポイントです。

テカリを防いでサラサラ感をキープするので、ストレスなく使うことができます。

20代

日焼け止めを塗って下地塗ってファンデ塗って…そんな手間が1回だけで済むCCクリームをずっと探していました!

紫外線防止指数も国内最高基準値だし、なにより肌に優しいのが嬉しいですね。

毎朝手早くメイクできますし、日焼けもしないので助かってます。

エアクッションカバー

エアクッションカバー
出典:@cosme

エアクッションカバー

評価:★★★★ (4.8)
価格
3,240円(税込)
メーカー名
アモーレパシフィックジャパン
ブランド名
IOPE(アイオペ)
内容量
15g
特長
SPF45 PA+++、パフ付き、クッションファンデーション、全2色(ライトベージュ ミディアムベージュ)

IPOEの「エアクッションカバー」は、日焼け止めをはじめファンデーションや皮脂コントロール、エイジングケアが1つで叶うクッションファンデーションです。

クッションファンデーションでありながら、紫外線防止指数はSPF45 PA+++と高いのが嬉しいポイント。

また、独自成分のエアプリズムウォーター配合で肌の保水力をキープし、アデノシンやナイアシンアミド配合で肌にハリをもたらすスキンケア効果も期待できます。

化粧直しの際も、ファンデーションと日焼け止めの塗り直しが1つで済みますし、手を汚さずに塗布できるので大変便利です。

10代

使い方次第でカバー力をコントロールできるファンデ。

透明感を出したいときは軽くタッピングして、シミや赤みなど部分的に気になるところは重ねづけしてコンシーラー代わりにしています。

SPF値が高いのも嬉しいし、日焼け止めいらずってかんじです!

薬用美白ファンデーションSPF50+

薬用美白ファンデーション SPF50+

評価:★★★★ (4.6)
価格
3,900円(税抜)
公式サイトを見る
メーカー名
オンリーミネラル
内容
7g
特長
SPF50+・PA+++、ミネラル100%の薬用有効成分配合、ミネラル+天然由来成分100%、医薬部外品、カラータイプはオークルとライトオークルの2タイプ

オンリーミネラルの「薬用美白ファンデーションSPF50+」は、日焼け止めやベースメイクとしての機能はもちろん、美白美容液の機能も兼ね備えたミネラルファンデーションです。

ミネラル100%の薬用美白成分が、メラニンの生成を抑えてシミやソバカスを予防。

石油系界面活性剤や紫外線吸収剤などの添加物8項目をカットした肌に優しい処方で、敏感肌の人でも安心して使うことができます。

専用のクレンジングなども一切不要で、石鹸で簡単に落とすことができるのも注目ポイントです。

30代

専用のブラシでつけているのですが、少量のパウダーをサッと乗せるだけで毛穴やシミが綺麗に隠れるので感動しました!
日焼け止めとしての効果も備わっているから、化粧直しの時も便利です。

ミネラル成分でできているので、肌トラブルに悩まされることなく過ごせます。

外出先でのSPF30~SPF50の日焼け止め塗り直し方法

日焼け止めの機能を兼ねたファンデーションならともかく、外出先で日焼け止めを塗り直すにはどうしたらよいか気になる人も多いのではないでしょうか。

ここからは、外出先で日焼け止めを塗り直す方法やコツを紹介していきます。

ティッシュで油分を吸い取る

肌表面に油分が残ったままだと、日焼け止めがヨレたりうまく塗布できない場合があります。

ティッシュを使い、軽く押さえるようにして油分を吸い取っていきましょう。

あぶら取り紙も便利ですが、皮脂を取りすぎて肌が乾燥するのでティッシュのみで十分です。

日焼け止めを少量手に取り塗布する

日焼け止めを少量手に取り、顔に塗っていきます。

塗り直す場合、リキッドやミストタイプの日焼け止めが塗りやすくて便利です。

また、保湿成分が含まれた日焼け止めはスキンケア効果が期待できるので、日焼け止めはもちろん化粧持ちを長くさせることができます。

フェースパウダーやファンデーションでヨレを防ぐ

最後に、フェースパウダーやファンデーションを重ねて仕上げていきます。

フェースパウダーやファンデーションの粉体が汗や皮脂を吸着するので、ベタつきやヨレを防いで日焼け止めの持ちを長くしてくれます。

ただし、日焼け止めを塗った直後で肌に湿り気が強く残っていると、塗りムラができる場合があります。

日焼け止めを塗って1分ほど時間を置けば、塗りムラなくパウダーをのせることができるのでおすすめです。

まとめ

SPF値の高い日焼け止めは、UV-Bによって赤くヒリヒリする日焼け症状を長い時間ブロックしてくれる働きがあり、PA値の高い日焼け止めは、波長の長いUV-Aから肌を守って色素沈着やたるみを防ぐ働きがあります。

ただし、SPFやPA値の高い日焼け止めは肌質によって負担を感じてしまう場合もあるので、肌質や使用シーンに合わせて日焼け止めを選ぶようにしましょう。

また、SPFやPAの値が高くても汗や皮脂で日焼け止めが落ちてしまうこともあります。

日焼け止めのこまめな塗り直しを忘れずに、紫外線ダメージから肌を守りましょう。