ハイドロキノン美容液おすすめ口コミランキング2018~効果・選び方・使い方・注意点~

年齢を重ねるごとにシミやくすみが目立ってきて、お手入れにお時間をかけている方は多いですよね。

「でも、全然薄くならない…」
「逆に、肌がくすんできた気がする…」

など、鏡の前で肩を落としている方もいるのではないでしょうか。

そんな方におすすめの成分が『ハイドロキノン』です。

ハイドロキノンは強力な美白対策効果が期待できる頼もしい成分で、主に美容液などに配合されています。

今回は、実際にどのようにハイドロキノン配合美容液が美白に働きかけていくのか、その仕組みを解説すると共に、

  • ハイドロキノン配合美容液に期待できる効果とは?
  • ハイドロキノン配合美容液の選び方
  • おすすめハイドロキノン配合美容液
  • ハイドロキノン配合美容液の効果的な使い方

など、くすみのない肌を目指すためのハイドロキノン配合美容液に関しての全てを徹底解説していきます。

ハイドロキノン配合美容液とは?

ハイドロキノン配合美容液とは?

ハイドロキノンとはコーヒーなどに含まれる天然成分で、還元作用があり、酸化防止剤としてゴムや写真に使用されてきました。

現在は技術の進歩で、その酸化防止作用がハイドロキノン配合美容液を通して私たちの肌にも働きかけてくれます。

ここでは、そんなハイドロキノンが私たちの肌にどのような影響を与えるのか、ハイドロキノン配合美容液について解説していきます。

ハイドロキノンは「肌の漂白剤」

ハイドロキノンは他の美容成分とは異なり、メラニンを生成する場所であるメラノサイトという色素細胞自体の活性化を抑制して、メラニンが作り出されるのを強力に抑制する働きがあります。

メラニンを作り出すメラノサイトを工場だとすると、他のトラネキサム酸やアルブチンなどの美白有効成分は作業員を削減したり、材料を削減する形で一部だけに作用し、メラニンを作らせないよう抑制します。

それでも多少の効果はあるのですが、メラノサイトという工場が稼働している限り、少なからずメラニンは作られるのです。

しかし、ハイドロキノンはメラノサイトという工場自体の操業をストップするに近い形にする作用があります。

一部分にのみ効く美白有効成分が多い中、ハイドロキノンはメラノサイトという生成場所そのものの活動を妨げてくれるので「肌の漂白剤」と言われており、その効果はアルブチンの100倍とも言われているんです。

出来てしまったシミにも効果が期待できる

出来てしまったシミに効果があると知られているのはビタミンC誘導体などが主ですが、実はハイドロキノンにもできてしまったメラニンを還元する効果があります。

通常、メラニンは肌のターンオーバーで古い細胞と一緒に排出されるのでシミにはならないのですが、加齢などによりターンオーバーが遅れると、その分メラニンが蓄積されて濃いシミとなって表れてきます。

しかし、ハイドロキノンはできてしまった濃いシミに働きかけて黒色メラニンを無色のメラニンに還元してくれる効果があるので、シミに悩んでいる方にもぴったりの成分なんです。

ハイドロキノン配合美容液に期待できる効果とは?

ハイドロキノン配合美容液に期待できる効果とは?

シミを薄くするという「肌の漂白剤」とも称されるほどに効果が期待できるハイドロキノン配合美容液は、美肌を目指す女性にとって押さえておきたいアイテムの1つです。

ですが、ハイドロキノン配合美容液はハイドロキノンだけではなく、様々な成分を含んでいることで期待できる効果が他にもあるんです。

ここでは、年齢肌にも嬉しいハイドロキノン美容液に期待できる効果とはどのようなものか解説していきます。

保湿成分や抗酸化成分で若々しい肌になる

ハイドロキノン配合美容液は化粧水などと違い、美白対策や毛穴対策など、「何らかの機能性を持たせている」ものが多いです。

機能性を持たせているということは、その分機能に対応したビタミンや保湿成分などの特徴的な成分が入っていることになります。

セラミドなどの保湿成分や、抗酸化作用のあるビタミンCなどをハイドロキノンの美白効果と組み合わせれば、肌のキメやハリがよみがえり、若々しい肌になることをサポートしてくれます。

自分の目的に合わせて、ハリのある肌を目指せるのが嬉しいですね。

肌荒れの防止

肌荒れとは、皮膚のキメが乱れてトラブルが出ている肌のことを言いますが、肌のキメが乱れる原因の一つとして、乾燥があります。

乾燥すると角質細胞がめくれ上がり、肌のバリア機能が弱まって肌トラブルが生じるのです。

ハイドロキノン配合美容液には、セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分を含んでいることが多いため、角質細胞がめくれ上がるのを防ぎ、肌荒れを防止して敏感肌になることを防いでくれる効果もあるのです。

ハイドロキノン配合美容液は、加齢によって肌荒れしやすくなった方にも嬉しい効果が期待できますよ。

美肌に近づく

美肌の条件は、「うるおい」「ハリ」「透明感」がそろっていることです。

ハイドロキノン配合の美容液は、セラミドなどの保湿成分が配合されていることで、まず「うるおい」をキープすることができます。

たるみに関してはコラーゲン線維を増やす必要があるため、美容液では直接的には働きかけられませんが、保湿をすることで肌のバリア機能を守ることは、たるみ防止をサポートすることになりえます。

そして、シミやくすみに関しては、ハイドロキノンが有効成分としてメラノサイトの抑止力として働きかけてくれます。

つまり、ハイドロキノン配合美容液を使用することによって、「うるおい」「ハリ」「透明感」という3つの条件がそろった美肌に近づくことができるのですね。

ハイドロキノン配合美容液の選び方

ハイドロキノン配合美容液の選び方

ハイドロキノンは「肌の漂白剤」とも呼ばれるくらい、美白対策に強力な効果を期待できる成分です。

美肌やシミに効果的に働いてくれるので、「ハイドロキノン配合美容液を使いたい!」と思った方もいるかもしれません。

「でも、ネットにも薬局にもいろんなものが置いてあって、どれを選べばいいのかわからない…」

と、悩まれている方のために、「ハイドロキノンの美白効果をより高める」という観点から、どのような基準で選べばいいのか具体的な基準を解説していきます。

ビタミンCが配合されているか

ハイドロキノンは、皮膚科でも肝斑などの治療に使用されることがあるくらいに非常に強力な成分です。

その効果をさらに高めるために、一緒に用いられているのがビタミンC誘導体です。

ビタミンCには既にできてしまった黒色メラニンを無色のメラニンに還元してくれる作用があり、ハイドロキノンのメラノサイトの減少効果をより早く実感できるようになるのです。

化粧品でも、皮膚科の処方と同じように、相乗効果を期待してビタミンC誘導体が配合されているものもありますので、ハイドロキノンの効果を実感したいのであれば、ひとつの基準にしてみるといいですね。

ちなみに、ビタミンCの表記はそのままビタミンCと書いてあるわけではなく、

  • アスコルビン酸
  • リン酸アスコルビルマグネシウム
  • テトラヘキシルデカン酸アスコルビル
  • APPS

などと表記されているので、成分表で確認するようにしましょう。

保湿成分が配合されているか

ハイドロキノンの美白効果は、ビタミンCのメラニン還元作用と合わせると効果を生み出しやすくなりますが、組み合わせることで欠点もあります。

その欠点とは、「乾燥しやすくなる」ことです。

肌が乾燥することで様々なトラブルになってしまうこともあるので、ハイドロキノン配合美容液を購入するときは、保湿成分が入っているものを選ぶようにしましょう。

具体的には、

  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン

のような、水分保持力が高く、もともと肌に存在している成分がおすすめです。

肌に優しくトラブルの心配も少ないので、保湿成分としてこの3つのいずれかの成分が入っているものを選ぶようにしましょう。

夜用タイプになっているか

美容液には、夜用のタイプと日中も使えるタイプがありますよね。

ハイドロキノンは紫外線に弱く、日中の日が当たる場所での使用は劣化して効果をあまり感じられない可能性があるので、ハイドロキノンの効果をより感じるためには、夜用美容液を購入することをおすすめします。

余計な成分が配合されていないか

ここで言う「余計な成分」とは、パラベンやアルコールなど、肌に必要ではないのですが、製品維持のために必要な成分のことです。

ある程度は品質維持のため仕方がないですが、このような刺激となる成分で肌トラブルを引き起こす可能性は低くありません。

そのため、防腐剤もパラベンではなくトコフェロール(ビタミンE)を使用しているものを選ぶようにするなど、少しでも肌に優しい工夫がしてあるものを選びましょう。

ハイドロキノン配合美容液おすすめランキング2018 ベスト3

ハイドロキノン配合美容液おすすめランキング2018 ベスト3

ハイドロキノン配合美容液は、

  • ビタミンCが配合されているか
  • 保湿成分が配合されているか

などが重要な選定ポイントですが、この基準で選んでも絞り込めないという方も多いのではないでしょうか。

「皆は、どんなハイドロキノン配合美容液を使っているの?」

と思われた方のために、おすすめのハイドロキノン配合美容液をご紹介します。

アンプルール ラグジュアリーホワイトコンセントレート HQ110

ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110
出典:@cosme

ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110

評価:★★★★★ (5.0)
トライアルセット
1,890円(税抜)
公式サイトを見る
通常価格
10,000円(税抜)
ブランド名
アンプルール
内容量
11ml(1プッシュを夜のみ使用で約1ヶ月半分)
特長
美白成分ハイドロキノンを配合したシミ対策美容液、部分用の夜用集中美容液、ピタッと密着するハードジェル状のテクスチャー

寝ている間に気になるシミにダイレクトアタック「アンプルール ラグジュアリーホワイトコンセントレート HQ110」。

α-リポ酸とハイドロキノンがメラニンにダブルアタック!

シミの原因であるメラニンを抑制するためのハイドロキノンはもちろん、ビタミンCよりも高い抗酸化作用があると言われるα-リポ酸を配合。ダブルの力で活性酸素や炎症を抑え、メラニンの誘発を抑え美しい肌へと導きます。

漢方や薬草など親しみある成分配合で安心!

ターンオーバーを促進させるシコンエキスに抗炎症作用のあるビサボロールなど、薬草や漢方でもお馴染みの素材を配合。他にもアロエベラ葉エキスなど、馴染みのあるものを使用しているので安心してお使いいただけます。

寝ている間に気になる1点を集中ケア!

ハードジェル状のテクスチャーが肌に密着。気になるシミやくすみ部分1点を集中ケアします。さらに成分がマイクロカプセルに包まれているので、肌の奥に辿りつくころに高濃度のハイドロキノンが一気にメラニンにアタック。夜寝ている間にケアするのにピッタリです。

実際に使った方の口コミ

出産後に急に肌荒れが酷くなり、ソバカスも増えました。この美容液はハイドロキノンの他にもいろいろな成分が入っていて、「効きそう!」と思ったので試してみました。すっと肌に馴染む感じで使いやすく、2ヶ月ほどたって以前と比べて少しシミが薄くなった?という気がします。継続して続けてキレイになる!と意気込んでいます。
確実に肌が変わりました。まず、素肌の透明感に感動です。以前はメイクしても鏡を見たくないほどシミやそばかすが点々とあったのに、今はコンシーラーで隠せるほどに薄くなりました。乾燥肌だったのも肌質が変わったからなのか、あまりクリームがいらなくなりました…!すごいです。クリニックにレーザー治療しに行こうかと悩むくらいだったので、有難いです。絶対リピします。

WEB限定で最安値で試す方法

「アンプルール ラグジュアリーホワイトコンセントレート HQ110」は、公式サイトで購入することができます。

通常価格は10,800円(税込)で、11ml入っています。

これは、夜のみの使用で約1ヶ月半使用できる量ですが、美白の機能性を持たせたスペシャルケア用の美容液だからか、高い印象ですよね。

「効果もわからないし、いきなりは買えない」
「せめて試せるようなサイズのものがあれば…」

と思いますよね。

そんな方のために、トライアルセットが用意されています。

しかもこのトライアルセットはスポット美容液3gの他に、

  • メイク落とし、洗顔料/パウチ2包
  • 化粧水/20ml
  • 薬用美白美容液/8ml
  • 乳液/10g

がついて、ライン使いで7日間試せるんです。

初回限定ではありますが、6,500円相当が1,890円(税込)と試すには非常にお得な価格といえます。

しかも、全国送料無料・支払手数料無料、次回のお買い物が1,000円割引になるなど、特典もついてきます。

ちょっとした旅行にも持っていけそうなサイズ感も嬉しいですね。

QuSomeホワイトエッセンス

ビーグレン QuSomeホワイトエッセンス
出典:@cosme

ビーグレン QuSomeホワイトエッセンス

評価:★★★★ (4.8)
販売価格
5,000円(税抜)
公式サイトを見る
メーカー名
ビバリーグレンラボラトリーズ
ブランド名
b.glen(ビーグレン)
内容量
15ml(1~2プッシュを朝・夜使用で約1ヶ月分)
特長
ハイビスカスハナ発酵液配合、エバーセルホワイト配合、トコフェロール使用

医学界認定テクノロジーを駆使して美肌に導くハイドロキノン配合美容液「QuSomeホワイトエッセンス」。

海藻の有用成分がハイドロキノンの効果をサポート!

亜熱帯地域に生息する海藻の成分をエキス化した「キリバース(カッパフィカスアルバレジエキス)」を配合。同じく配合されているハイドロキノン誘導体「アルブチン」の働きをサポート。抗炎症作用と保湿作用の効果をより実感できる美容液です。

保湿・保水成分で肌を潤わせ肌バリアをアップ!

グルタミン酸を発酵した水溶液「バイオPGA溶液HB」を配合。肌の保水力を高め、バリア機能を促進させます。他にも高い保湿力を誇る「ヒアルロン酸Na」も配合しているので、乾燥に負けない肌にしてくれます。

独自の浸透テクノロジーで1日の肌疲労をリセット!

ビーグレンの独自の浸透テクノロジー「QuSome®」を採用。何層にも成分を包み込んでいるので効果が持続します。夜のお手入れで使用すれば、寝ている間に1日の肌疲労をリセットしてくれますよ。

実際に使った方の口コミ

もともと色黒なのでかわいい服とか諦めてました。でも、せめて少しでも美白に…と思って始めたのがこの美容液。ハイドロキノン配合のものは使うのが初めてでしたが、使う度になんだか肌が元気になってますし、肌荒れも少なくなりました。美白に関しては、少しずつ…なんとなく…というものですが、これからに期待です。
ハイドロキノンの美容液といえば、効果はありそうだけどとにかく高い!とかのイメージしかありませんでした。買うには少しためらいがありましたが、数週間たって少しそばかすが薄くなったかも?と、今では愛用しています。

WEB限定で最安値で試す方法

「QuSomeホワイトエッセンス」は、公式サイトから購入できます。

通常価格は5,000円(税抜)と、少々お高めになっています。

朝夜使用で約1ヶ月分と、購入には勇気がいる価格ですが、実はこの製品、他にはない特徴があります。

それが、365日返金保証です。

肌に合わない、効果に満足できないというのは使ってみないとわかりませんよね。

その点、肌に合わず炎症が出来た、思ったより効果が感じられなかったなどのリスクを、365日返金保証が解決してくれます。

「試してみたいけど、私の肌に合うの?」

なんて不安に思っている方には、リスクなく始められる制度になっています。

送料無料ですし、ビーグレンの公式サイトにはポイント制度があり、お買いものの際に3%も還元してくれます。

たまったポイントを製品に充てることができるので、使えば使うほどお得になる工夫あるのは、とてもありがたいですね。

オバジ HQブライトニングナイトセラム

オバジ HQブライトニングナイトセラム
出典:@cosme

オバジ HQブライトニングナイトセラム

評価:★★★★ (4.7)
販売価格
9,000円(税抜)
メーカー名
ロート製薬株式会社
ブランド名
オバジ
内容量
10g
特長
ミクロコッカス溶解液配合、ジオウ根エキス(保湿成分)配合

高密着処方で寝ている間に透明感を取り戻すロート製薬のハイドロキノン配合美容液「オバジHQブライトニングナイトセラム」。

ビタミンC成分配合でツヤ肌の実感力がアップ!

ビタミンCの「アスコルビン酸」をハイドロキノンと共に配合。ハイドロキノンの効果をサポートし、肌を健やかな状態へと導き整えてくれます。より美白効果を期待でき、使えば使うほど肌が整うのが実感できますよ。

パラベン不使用だから敏感肌でも安心して続けられる!

化粧品に必要な防腐剤ですが、この美容液ではよく使用されている防腐剤「パラベン」を使用せず、ビタミンEが成分の「トコフェロール」を使用しているので、刺激を感じることもないので安心です。

安定性のよいハイドロキノンが一夜を通して肌に浸透!

不安定なハイドロキノンを安定させることに成功したことで、高密着処方を実現しました。ベールのように肌にフタをしてゆっくりと肌の奥まで美容液を浸透させます。朝起きたときにはしっとり潤い、瑞々しい肌を実感できます。

実際に使った方の口コミ

美白化粧品はいろんなものを試したのですが、結局続かずに次というサイクルをくりかえしていましたが、ついに出会えた!って感じです。ビタミンCなどの美容成分のおかげか、顔全体が明るくなったように思います。お値段はちょっと高いですが、結構持つので気になりません。これからもくすみ改善目指して使っていきます。
敏感肌で、あちこちにシミが出来ていました。でも刺激の強いものは使えない…と諦めていたのですが、オバジからハイドロキノン配合の美容液が出ているということで試したくて買いました。浸透力もすごくて、肌に馴染んでいっている…という手ごたえがあります。シミに関しては、色素沈着みたいになっていたのですが、気のせいか何となく薄くなっていると思っています。低刺激で今のところ炎症は起きていませんし、これから効果が出るのが楽しみです。

WEB限定で最安値で試す方法

「オバジHQブライトニングナイトセラム」は、公式サイトで購入することができます。

通常価格は9,000円(税抜)で、10g入っています。

高いと感じるかもしれませんが、ハイドロキノンだけではなく、ビタミンC(アスコルビン酸)やビタミンE(トコフェロール)も配合されており、年齢肌の美白対策に効果的な処方になっています。

気になる部分だけに使用するスポット美容液なので、通常の美容液より比較的長く持たせることもできます。

「どうしても気になるシミがある!」

という方は、お試しとして1本使用してみるのもいいかもしれませんね。

ハイドロキノン配合美容液の効果的な使い方

ハイドロキノン配合美容液の効果的な使い方

ハイドロキノン配合美容液を購入したあと、

「どのように使えばいいの?」

と疑問を持たれる方もいらっしゃると思います。

ハイドロキノン配合美容液は、基本的には説明書の通りに使用していけば問題はありません。

ですが、美白に対してより効果を実感したいという方のために、効果的な使い方をまとめてみました。

気になる部分にだけ塗っていく

ハイドロキノンは、メラノサイトに働きかけてシミに効果を期待できる成分ですが、逆に言えば、その分肌に刺激を与える成分ということになります。

肌への刺激がある成分をシミとは関係のない場所に塗ると、逆に白斑などの炎症を起こすこともあります。

そのため、まずは気になる一部分にだけ塗っていき、効果を実感してから徐々に他のシミの部分に試すようにするといいでしょう。

夜寝る前にケアする

ハイドロキノンは熱や光に弱く壊れやすい性質があります。

紫外線にも弱く、日中日の光を浴びるとハイドロキノンが酸化しやすくなるのです。

しっかりケアをすれば問題はないですが、肌が生まれ変わる就寝後3時間のうちに効果を期待できるように、就寝前にケアする方が効果をより実感しやすくなります。

ですので、ハイドロキノン配合美容液は、主に夜用のスペシャルケアとして使用するといいですよ。

ハイドロキノン配合美容液を使用するときの注意点

ハイドロキノン配合美容液を使用するときの注意点

「肌の漂白剤」と呼ばれるほどに美白に効果を発揮するハイドロキノン配合美容液ですが、効果があるだけに使用するときに注意しなければならない点もあります。

「どんなところに注意したらいいの?」

と疑問に思う方のために、順番に解説していきます。

しっかり水分量を保持するようにする

ハイドロキノン配合美容液は、ビタミンCも配合されていることが多いです。

ハイドロキノンとビタミンCが合わさると乾燥しやすいという欠点があるので、この欠点を補うために、美容液の前の段階である化粧水でしっかり水分を肌に補給しておく必要があります。

おすすめなのはヒアルロン酸配合の化粧水です。

ヒアルロン酸は水溶性で化粧水にもなじみやすく、もともと肌にある成分なので肌に優しくて敏感肌の方でも使用できます。

加えて、ヒアルロン酸は水分保持力も高く、湿度が低くなっても水分保持力が落ちない成分として知られています。

ヒアルロン酸配合の化粧水などで肌を整えてからハイドロキノン配合美容液を使用し、乾燥を少しでも抑制ながら使いましょう。

敏感肌の方はパッチテストを必ず行う

ハイドロキノンは、シミの特効薬としてアメリカなどでは薬として使用されているくらい効果が強く即効性のある成分で、とても刺激が強いです。

化粧品に含まれるハイドロキノンの濃度は1%~2%程度と比較的薄めになっていますが、肌のバリア機能が弱い敏感な肌の場合は、赤みなどの炎症が出たり乾燥したりする場合もあるので、肌トラブルを増やさないためにも、必ずパッチテストは行いましょう。

早めに使い切る

ハイドロキノン配合の美容液は、パラベンなどの防腐剤を含まず、肌に優しい処方になっているものもあります。

そういった製品は、肌に優しい反面、酸化しやすいという弱点があります。

酸化した美容液を使用すると、赤みや炎症というような肌トラブルにつながる可能性もあるので、高温多湿を避けて涼しい場所で保管し、早めに使い切ることを心がけましょう。

ハイドロキノン配合美容液と一緒に行いたい美白対策とは

ハイドロキノン配合美容液と一緒に行いたい美白対策とは

ハイドロキノン配合美容液は、メラノサイトの活動を抑制し、強力な美白効果が期待できる美容液です。

より強力に全体的にシミを予防するには、美容液をつけるだけではなく、他にも行いたい美白対策があります。

どのような対策なのか、順番に紹介していきます。

日傘やサングラスを着用する

紫外線というと夏だけのものと思いがちですが、実は紫外線は年中降り注いでいるんです。

夏の晴れた日の紫外線量を100%とすると、冬の晴れた日は30%程度降り注いでおり、一年中紫外線対策は必要とされています。

日焼け止めなどの対策はもちろんですが、サングラスや手袋などで、直射日光だけではなくアスファルトなどからの反射光もシャットアウトできるようにすることが大事です。

パウダーファンデーションを使う

肌の弱い人は、日焼け止めの強力な紫外線吸収剤に反応して炎症を起こすことが多いです。

紫外線吸収剤とは、その名の通り紫外線を吸収する有機化合物で、太陽の光が当たった時に化学変化を起こさせ、肌に浸透しないようにします。

肌に紫外線ダメージを与えないほど強力ではありますが、その分、肌への負担も大きく、敏感肌の人は特に炎症などの肌トラブルになる可能性が高いです。

「敏感肌でも、紫外線対策をしたいときはどうすればいいの?」と疑問を持つ方におすすめしたいのが、パウダーファンデーションです。

紫外線をブロックするのは紫外線吸収剤だけではなく、紫外線散乱剤という鉱物からできた粉状のものもあります。

紫外線吸収剤のように化合物ではなく、天然の鉱物からできているので肌に優しいことが特長です。

この紫外線散乱剤が入っているのがパウダーファンデーションで、紫外線吸収剤を使っている時のように紫外線をブロックすることができるんです。

リキッドファンデはこの散乱剤が少ないので、UVケアもできるパウダーファンデをおすすめします。

まとめ

まとめ

ハイドロキノンは、美白になりたいと願っている女性の救世主のような成分です。

しかし、美容液だけに頼るだけでなく、生活習慣の見直しや紫外線対策をするなどして、これ以上年齢肌を進行させない予防をすることも大事です。

普段からの予防とスキンケア商品での対策を行いつつ、ハイドロキノン配合美容液の効果が実感できるようにしたいですね。