アスタキサンチン配合オールインワンおすすめ口コミランキング2018|効果・選び方・使い方・注意点

年齢を重ねるごとに肌の悩みは増えていきますよね。

「乾燥しやすくなってハリがなくなった…」
「肌の透明感がなくなってシミが目立ちやすくなってきた…」
「いつの間にか深いシワが…」

こうした肌の悩みは加齢によるものだから仕方がない…と思ってしまいがちですが、実は「活性酸素」の働きも原因の一つなんです。

シミやシワなどの年齢肌にお悩みの方には、この活性酸素を除去し、アンチエイジング効果が期待できる「アスタキサンチン」配合の化粧品がおススメです。

アスタキサンチン配合の化粧品はさまざまなものがありますが、「アスタキサンチン配合の化粧品っていろいろありすぎてよく分からない」という方は、手ごろで便利なオールインワンの化粧品を選ぶのが良いかもしれません。

オールインワン化粧品なら、基礎化粧品をライン使いのために揃えなくて済むので経済的ですし、忙しいときでもスキンケアが1つで済むので時間的にも嬉しいですよね。

今回は、そんなアスタキサンチンの効果を確認するとともに、

  • アスタキサンチン配合オールインワンおすすめ商品
  • アスタキサンチン配合オールインワンを使うときの効果的な使い方

など、アスタキサンチン配合オールインワンについて、抗酸化作用で若々しい肌へ近づく効果を得るための知識をまとめてご紹介します。

アスタキサンチン配合のオールインワン化粧品とは?

アスタキサンチン配合のオールインワン化粧品とは?

アスタキサンチンとは、カロテノイドという天然色素の仲間で、食品である鮭やイクラの「赤」を作っている成分です。

色素自体に強い抗酸化力があることで知られていますが、その抗酸化力は、シミやシワなど年齢を重ねた肌の悩みに効果が期待できます。

ここではアスタキサンチンがどのような成分なのかをまず詳しく見ていき、アスタキサンチンを配合したオールインワン化粧品とはどんなものなのかを解説していきます。

アスタキサンチンは高い抗酸化力を持つ

アスタキサンチンは天然色素であるカロテノイドの仲間です。

このカノテロイドはたくさんの種類がありますが、共通して抗酸化作用を持っていると言われており、種類によっては眼病予防や生活習慣病予防などにも効果があるとされています。

例えば、トマトに存在するリコピンやほうれん草にあるルテイン、人参にあるβカロテンも同じカロテノイドの仲間です。

鮭やイクラに存在するアスタキサンチンは抗酸化力が高く、ビタミンEの1000倍もの抗酸化力があると言われており、肌の老化に効果が期待できる成分です。

抗酸化力とは、老化を抑える働きのことです。

私たちの体は紫外線や細菌などのさまざまな刺激から身を守るための機能が備わっています。

その一つが「活性酸素」と呼ばれるものです。

この活性酸素は繫がった相手を酸化させる力が非常に強いので、殺菌能力も高く、通常は体内に入り込んだ細菌などを駆除する大切な役割を担っています。

しかし、その力があまりにも強いため、この活性酸素は増えすぎると細胞にダメージを与えてしまいます。

その結果、活性酸素が肌のシミやシワの原因になったり、ガンや生活習慣病の原因になったりしてしまうのです。

私たちの体にも抗酸化作用を持つ酵素は備わっているのですが、年齢とともに減少していくので、体の外から補ってあげる必要があります。

アスタキサンチンのような抗酸化力の高い成分は、この活性酸素を除去したり働きを抑制したりする効果があるので、特に年齢肌のトラブルには有効なのです。

他にもポリフェノールやビタミンBなど抗酸化力がある成分は様々なものがありますが、アスタキサンチンは強力な活性酸素として知られる「一重項酸素」を除去できるのです。

この一重項酸素は、紫外線のダメージによって大量に発生する活性酸素で、コラーゲンそのものを破壊し、シワやシミの原因になったり、脂肪を変質させたりするほどの大きな作用があります。

また、この一重項酸素は体内の抗酸化酵素が効かない唯一の活性酸素なので、除去するのが難しい活性酸素でもあります。

なので、一重項酸素を強力に除去できるアスタキサンチンは、肌ダメージに弱くなる年齢肌にとっては特に欠かせない成分といえますね。

アスタキサンチン配合オールインワン化粧品に期待できる効果

アスタキサンチン配合オールインワン化粧品に期待できる効果

アスタキサンチン配合のオールインワン化粧品は、高い抗酸化力を持っていることで、手軽にエイジングケアできる年齢肌には特にうれしいスキンケア商品です。

そして、アスタキサンチンには抗酸化力もさることながら、保湿作用や抗アレルギー作用があるため、乾燥やアレルギーなど様々な肌悩みに効果が期待できます。

オールインワン化粧品にアスタキサンチンを配合していることで肌の調子を整えながらエイジングケアができるのは嬉しいですよね。

それでは、アスタキサンチン配合オールインワンに期待できる様々な効果とは何か、詳しく見ていきましょう。

肌荒れ防止

紫外線などのダメージによって活性酸素が発生すると、皮脂を酸化させて雑菌が繁殖する原因になったり、活性酸素自体が肌の細胞を傷つけたりすることで、ニキビや吹き出物などの炎症を引き起こす場合があります。

炎症は本来雑菌を殺して肌を守るための機能ですが、活性酸素が増えすぎることで過剰に雑菌を攻撃し、かえって炎症をひどくしてしまうこともあります。

アスタキサンチン配合のオールインワン化粧品を使用すると、このような活性酸素を除去することができるので、肌荒れ防止にも繋がるのです。

また、肌荒れはスキンケアをする際に手で摩擦を起こしてしまうことによっても促進されてしまいます。

スキンケアのために多くの種類の化粧品を肌に乗せるのは、何度も肌を摩擦しているようなものなので、肌荒れがひどくなってしまうこともあるかもしれません。

オールインワン化粧品だと肌に乗せる回数が一回で済むので、年齢肌のように乾燥して肌のバリア機能が弱っている肌でも優しく使用できるのは嬉しいですね。

美白を目指せる

紫外線を浴びると、表皮ではその紫外線のダメージによって大量の一重項酸素(活性酸素)が発生します。

その一重項酸素が表皮の基底層に存在するメラノサイト(色素細胞)の働きを促進してしまうため、大量のメラニン(色素)を生成することに繋がります。

このメラニンが、肌にシミを作る原因となってしまうのです。

アスタキサンチン配合のオールインワン化粧品を使用することで、アスタキサンチンの抗酸化作用で紫外線を受けても表皮で一重項酸素が除去されます。

それにより、活性酸素で促進されるメラノサイトの活動が抑えられるため、シミの出来にくい肌を目指せるのです。

また、アスタキサンチンにより過剰な活性酸素が除去された肌は、免疫機能が活性酸素に邪魔されないため自己治癒力も高まり、ターンオーバーを正常に近づけてくれます。

表皮に発生したメラニンはターンオーバーによって徐々に肌表面に押し上げられ排出されるので、できてしまったシミも薄くする効果も期待でき、美白を目指せるのです。

アレルギー反応の予防

アスタキサンチンには、アレルギー反応を引き起こす原因とされる「ヒスタミン」という化学物質の分泌を抑制する働きがあります。

アレルギーとは、本来であれば体に害のないものにまで過剰に免疫機能が反応することで起こります。

大量の免疫抗体が作られるとそれに反応してヒスタミンが分泌され、くしゃみやかゆみを引き起こします。

花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状がそうですね。

アスタキサンチンそのものにアレルギーを改善する効果があるわけではありませんが、症状を引き起こすヒスタミンを抑制するので、アレルギー反応を和らげる効果が期待できるということなのです。

深いシワの防止

お肌のシワには大きく2種類存在し、1つは表皮の乾燥が原因で起こるひび割れのようなちりめんジワ、もう一つは真皮の細胞の老化が原因で起こる深いシワです。

ちりめんジワのほうは肌の乾燥を改善できれば解決するので比較的簡単にケアできますが、深いシワは真皮に原因があるため、なかなか改善されず悩む方も多いかもしれませんね。

深いシワの原因は、真皮に存在し肌のハリを保つコラーゲンやエラスチン線維が減少することで起こります。

コラーゲンやエラスチン線維が減少するのは主に加齢が原因ですが、活性酸素である「一重項酸素」がコラーゲンを変性させてしまうのも一つの原因となっています。

一重項酸素は、皮膚を形成しているコラーゲンやエラスチンなどのタンパク質や脂肪を酸化・変質させるほどの強い酸化力を持っています。

一重項酸素は紫外線によって大量に発生し、真皮にあるコラーゲン線維やエラスチン線維を変性させるので、肌は弾力を失い深いシワとなって現れてしまうのです。

しかし、ここにアスタキサンチン配合オールインワン化粧品を用いると、一重項酸素を強力に除去できるので、結果的にコラーゲン線維が保たれ、深いしわを防止できるということなのです。

アスタキサンチン配合オールインワン化粧品の選び方

アスタキサンチン配合オールインワン化粧品の選び方

アスタキサンチン配合のオールインワン化粧品は、高い抗酸化作用から美白やアレルギーにも効果が期待できるスキンケア商品です。

スキンケアがこれ一つで済むので他の基礎化粧品を揃えて使う必要がなく、手頃で経済的なところが魅力的ですよね。

そんなアスタキサンチン配合のオールインワン化粧品は、各メーカーからさまざまなものが販売されているので、どの商品がいいのか選ぶのは難しいかもしれません。

「どんな風に選んだらいいの?」

と思われる方に、ここでアスタキサンチン配合オールインワン化粧品の選び方を解説していきます。

アスタキサンチンの含有量が多いかどうか

アスタキサンチンは高い抗酸化作用がありますが、活性酸素を抑制すると自らが酸化してしまうので効果が弱まってしまいます。

そのため、オールインワンにはアスタキサンチンの含有量が多いほうがより活性酸素を抑制する効果が高まるといえるでしょう。

また、アスタキサンチンには保湿効果もあるので、含有量が多ければ多いほどみずみずしい肌に近づき、美肌にも効果が期待できます。

アスタキサンチンの効果を実感したいのであれば、アスタキサンチン含有量が多いオールインワン化粧品を選ぶのがよさそうですね。

保湿成分が一緒に配合されているか

アスタキサンチン配合のオールインワン化粧品は便利な反面、化粧水や乳液などのアイテムごとに分けて使用しない分、保湿力が心配になることもありますよね。

化粧品の保湿力は配合されている成分の水分保持力で決まるので、水分を蓄えることができ、保湿力の高い成分が入っているオールインワン化粧品を選ぶことをおすすめします。

例えば、セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸などは水分保持力が高い上、肌に元々ある成分なので、迷ったときのポイントとして覚えておくといいですよ。化

浸透しやすい工夫がされているか

本来アスタキサンチンは熱や光に弱く、分子量が大きいため肌に浸透しにくいという弱点があります。

そのアスタキサンチンは、進化した加工技術で化粧品に入れられるようにはなりましたが、未だに分子量の大きいアスタキサンチンを採用している場合もあるので、公式サイトなどで確認するといいかもしれません。

アスタキサンチンをナノ化してあるようなオールインワンだと肌に浸透しやすく、より効果が期待できるので、その点も考慮してみてくださいね。

無添加処方かどうか

化粧品に配合されている「添加物」とは、本来肌に必要な成分というわけではなく、製品の品質保持のために必要なものを指します。

パラベンやエタノールなどの保存料や、香料・着色料などがそれにあたりますね。

化粧品を使う上で、成分が浸透しやすいよう・使いやすいように添加物を入れることは当然のことかもしれませんが、そうした成分は肌に刺激を与えてしまう成分が多いです。

特に年齢肌は、肌が乾燥しやすく敏感肌にもなりやすいので、肌のために少しでも添加物を減らそうと努力しているオールインワンかどうかは大切な基準となりそうです。

オールインワン化粧品の成分表示に肌に刺激のある成分が入っていないかどうかも確かめると良いですよ。

おすすめアスタキサンチン配合オールインワン化粧品

おすすめアスタキサンチン配合オールインワン化粧品

アスタキサンチン配合オールインワン化粧品は、

  • アスタキサンチンの含有量が多いかどうか
  • 保湿成分が一緒に配合されているかどうか

などが選定の際の重要なポイントですが、このポイントを押さえた商品を探すのが難しいという方もいらっしゃるかもしれません。

そこで、こうしたポイントに注目して、アスタキサンチン配合オールインワン化粧品のおすすめ商品をいくつかご紹介していきますね。

ドットゼロパーフェクトゲル

ドットゼロパーフェクトゲル
出典:@cosme

ドットゼロパーフェクトゲル

評価:★★★★ (4.9)
定期コース初回限定
無料(送料430円)
公式サイトを見る
通常価格
4,400円(税込)
メーカー名
株式会社ミーロード
ブランド名
オーガニックレーベル
内容量
60g(朝はパール粒2粒、夜は3~4粒目安:約30日分)
特長
メラニンの生成を抑える薬用成分・水溶性プラセンタエキス配合、肌荒れを防ぐ薬用成分グリチルリチン酸ジカリウム配合、1つ6役のアスタキサンチン配合化粧品、医薬部外品

アスタキサンチンとプラセンタが年齢を感じさせない透明感のある肌に導く「ドットゼロパーフェクトゲル」。

アスタキサンチンとプラセンタがWの美白効果で透明感のある肌へ!

アスタキサンチンはメラニン生成の原因となる活性酸素を除去し、プラセンタエキスはメラニンを作り出す酵素チロシナーゼの働きを抑制します。Wの美白効果でシミやそばかすを防ぎ、年齢を感じさせない美しい肌を目指せます。

シロキクラゲの保湿力でみずみずしくハリのある肌を作る!

ヒアルロン酸の約1.6倍の保水力があるシロキクラゲを配合。また、肌のハリに効果のあるカッコンエキスやクロレラエキスなどの植物エキスも配合しているので、肌の奥まで潤いを届け、乾燥やシワを改善しエイジングケアをサポートします。

6つの無添加だからデリケートな肌でも安心して使える!

旧表示指定成分はもちろん、合成着色料、合成香料、鉱物油、パラベン、紫外線吸収剤など肌に刺激を与える成分は入っていないので、敏感肌でも安心して使えます。

実際に使った方の口コミ

ピンク色のゲルって珍しいですが、滑らかで使いやすいです。乾燥肌ですがこのオールインワンゲルは保湿力も高くて、私の肌には合ってました。肌荒れやニキビもないですし、顔もワントーン明るくなった気がするので、シミをなくすためにも使い続けます。
アスタキサンチンの色なのかほんのり桜色で、こっくりとしたオールインワンジェルなのに伸びが良くてマッサージしやすいです。オイリーな感じもしません。肌が潤うと同時に蓋をされる感じがして、これだけでも十分ですね。スパチュラがついていて清潔に使い続けられるのも高評価です。

WEB限定で最安値で試す方法

「ドットゼロパーフェクトゲル」は公式サイトで購入することができます。

通常価格は4,400円(税込)です。

オールインワンジェルなので、他の基礎化粧品を揃える必要がないと考えると、高すぎるというお値段ではなさそうですね。

でも、やはり最初から通常価格での購入と考えると手が出にくいかもしれません。

「もう少しだけ安くなったら…」

そうお考えの方には、悩みゼロ肌スタートコース(定期コース)がおすすめです。

この定期コースに申し込むと、初回は商品価格が実質無料(送料430円のみ)となり、大変お得になります。

また、2回目以降も10%オフの3,960円(税込)とお得に購入がすることができます。

4回分(4ヶ月分)の継続は必要になりますが、アンチエイジング効果を求める化粧品は長期で続けてこそ効果が現れるものがほとんどなので、まずは定期コースでの購入を検討してはいかがでしょうか。

DHC アスタキサンチンコラーゲンオールインワンジェル

DHC アスタキサンチン コラーゲンオールインワンジェル
出典:@cosme

DHC アスタキサンチン コラーゲンオールインワンジェル

評価:★★★★ (4.7)
販売価格
3,500円(税抜)
メーカー名
株式会社ディーエイチシー
ブランド名
DHC
内容量
120g
特長
無添加(香料、着色料、パラベンフリー)、アラントイン配合、スクワラン配合

豊富なエイジングケア成分でシミやたるみの目立たない若々しい肌を取り戻す「DHCアスタキサンチンコラーゲンオールインワンジェル」。

ナノ化されたアスタキサンチンが角層のすみずみまで浸透してシミやたるみの目立ちにくい肌へと整える!

分子を小さくして肌に浸透しやすくしたアスタキサンチンを配合しているので、肌の奥まで浸透してシミやたるみの原因となる活性酸素を除去し、美しい肌に導きます。アスタキサンチンはヘマトコッカス藻由来の成分を使用しているので、アレルギーを気にすることなく使えるのも嬉しいですね。

コラーゲンやヒアルロン酸配合だから弾力のあるぷるぷる肌を目指せる!

加水分解コラーゲンやヒアルロン酸などの保湿成分をはじめ、肌の真皮に存在し弾力やキメを保つ効果のあるエラスチン、高い保湿力を持つビールエキスなど、肌の内外から潤いを与え保湿する成分を配合。みずみずしいハリのある肌作りを助けます。

豊富なエイジングケア成分が年齢肌の悩みを解消し若々しい肌へ導く!

美肌効果の高いプラセンタや、メッシュを形成してシワの凹凸を持ちあげる効果が期待できるポルフィリジウム多糖体、コラーゲンの生成を促すローヤルゼリーなど、エイジングケアに特化した成分を配合。年齢の気にならない若々しい肌を取り戻すのをサポートします。

実際に使った方の口コミ

とにかくコスパがいいです。大容量なのに伸びもよく保湿力も高いので、毎日朝晩使用しても余裕で1ヶ月以上持ちます。これを使い始めてから肌にハリが出てぷるぷる潤う感じになりました。しっとりもっちりで毛穴も目立たなくなった気がして、オールインワンでこの効果は嬉しいです。
色がオレンジ色で匂いも独特なので慣れるまでは続けるのは難しいかも?と思っていましたが、今では全然大丈夫です。オールインワン一つで乾燥を防いでくれて、悩んでいたほうれい線のシワもたっぷり付けていたら目立たなくなってきました。スキンケアもとっても楽ですし、これからも続けていきたいです。

WEB限定で最安値で試す方法

「DHCアスタキサンチンコラーゲンオールインワンジェル」は公式サイトで購入することができます。

通常価格は3,500円(税抜)ですが、1ヶ月使用すると考えると1日あたり朝晩使用でコストは126円なので、たっぷり大容量でこのお値段と考えるととてもお手頃な価格といえます。

オールインワンジェルなのでこれ一つで化粧水・ジェル・クリーム・化粧下地・パックの5役を果たしてくれるのも嬉しいですね。

アスタキサンチン配合の基礎化粧品を同じだけ揃えるとなると、安く見積もっても5,000円から10,000円ほどはかかることを考えると、このオールインワンジェルは大変魅力的で手に取りやすいお値段ですよね。

「アスタキサンチン配合の化粧品を試してみたい」という方は、この通常価格で試してみるのをおすすめします。

また、定期購入だとさらに5%オフの価格で購入できるので、続けて使用したい方にはおすすめです。

単品でも手頃なお値段なので、まずは単品で購入して、自分の肌に合っているから継続したいと思ったら定期コースを申し込むのが一番お得な方法かもしれませんね。

アスタキサンチン配合オールインワン化粧品の効果を高める方法

アスタキサンチン配合オールインワン化粧品の効果を高める方法

アスタキサンチン配合のオールインワン化粧品は、製品の説明書などの使い方に合わせて使っていくことが基本です。

しかしその使い方によって、浸透力や、シミやシワなどのアンチエイジング効果が変わってくる場合があります。

「どんな使い方をすると年齢肌の悩みには効果的なんだろう?」

と疑問に思う方のために、ここではアスタキサンチン配合のオールインワン化粧品で若々しい肌を得るための効果的な使い方についてまとめてみました。

キレイな肌に使用する

当然のことですが、オールインワン化粧品のようなスキンケア商品はお風呂上りや洗顔後のキレイな肌に使用しましょう。

洗っていない肌は、たとえ朝であっても肌の表面に皮脂汚れなどが付いているので化粧品の肌への浸透力が悪くなり、アスタキサンチンの効果がうまく感じられない可能性があります。

また、オールインワン化粧品には保湿成分などの美容成分もたくさん入っているので、洗顔せずにつけてしまうと、残っている雑菌を繁殖させてしまうことにも繋がり炎症などの肌トラブルの原因になりかねません。

肌を清潔な状態にしてからオールインワンを乗せていくことが大切です。

温めてしっかりなじませる

オールインワン化粧品には、それ一つでスキンケアを完了させるため水分も油分も含まれています。

どちらも温めるとより肌に浸透しやすくなるため、手の平や手の甲でしばらく温めてから肌に乗せて使用するといいでしょう。

また、つけるときに手で肌を擦ってしまうと、肌にダメージを与えてしまい肌荒れの原因になるので、肌の内側から外側に優しくプレスするように使用しましょう。

オールインワン化粧品を使うときは、手の平や指が直接肌に触れないような量を手に取り、肌と手の摩擦を避けることが大事だといえます。

長期的に使用する

肌が生まれ変わるターンオーバーの周期は約28日周期だと言われています。

このターンオーバーは生活習慣や加齢によって変化し、特にターンオーバーが乱れている人は肌が生まれ変わるのに時間がかかってしまいます。

肌の悩みを抱えている人ほど、どんな化粧品でも長期的に続けてこそ効果が期待できるので、オールインワンを使う際にも最低でも2~3ヶ月は様子を見たほうがいいかもしれませんね。

シミやシワなど年齢肌の肌悩みは肌の真皮層に問題がある場合があります。

真皮の細胞は表皮の細胞より生まれ変わりが遅く、短期間で効果が出る化粧品はありませんので、長期的にきちんと続けていくことが大事なのです。

サプリと併用する

アスタキサンチンには、化粧品だけでなく体の内側からケアができるサプリメントも存在します。

アスタキサンチンはその抗酸化作用の高さから、サプリで摂り入れることで、

  • 活性酸素を除去し、免疫機能の向上につながる
  • 血中の悪玉コレステロールを低下させ、生活習慣病の改善になる
  • 脂質代謝を高め、ダイエットや疲れにくい体づくりができる

など、体の機能を改善させる効果が期待できます。

また、化粧品でアスタキサンチンを補うと肌の表皮までしか浸透せず、なかなか真皮には届かないということもあります。

サプリで体の内側から補ってあげることで、アスタキサンチンの効果を真皮にも届けることができますから、よりアスタキサンチンの効果を実感したければ、オールインワンを自分の目的に合ったサプリと併用するといいですね。

アスタキサンチン配合オールインワン化粧品を使用するときの注意点

アスタキサンチン配合オールインワン化粧品を使用するときの注意点

アスタキサンチン配合オールインワン化粧品は、その高い抗酸化作用から年齢肌の悩みに手軽に高い効果が期待できますが、使い方によってはかえって肌トラブルの元になってしまうこともあります。

肌を健やかにするために使うのに、トラブルを引き起こしてしまうのは避けたいですよね。

ここではアスタキサンチン配合オールインワン化粧品を使用するとき、どのようなことに注意すればいいのかを解説していきます。

つけすぎない

どんな化粧品もそうですが、つけすぎはかえって肌に刺激を与えてしまい、過剰な皮脂を分泌させて毛穴の詰まりや肌荒れにつながる可能性があります。

また、保湿アイテムを大量につけることに肌が慣れてしまうと、肌自体が「潤っているから大丈夫」だと勘違いし、本来肌が持つ回復機能である皮脂分泌などの機能が衰えてしまい、かえって乾燥を引き起こすことにもなりかねません。

あくまで皮膚そのものの回復をサポートするという意識で、オールインワン化粧品を使っていくようにするといいでしょう。

アレルギーがある方は注意

アスタキサンチンは、アレルゲンの一つであるエビやカニ由来のものを配合していることも多いです。

少量であってもアレルギーを持っている方は反応してしまう可能性があるので、注意したほうがいいかもしれません。

心配な方は、ヘマトコッカス藻から摂れる植物由来のアスタキサンチンもあるので、それを使用したオールインワンを選ぶほうが安心ですよ。

アスタキサンチン配合オールインワンと相性のいい成分とは?

アスタキサンチン配合オールインワンと相性のいい成分とは?

アスタキサンチン配合オールインワン化粧品は、高い抗酸化力があるのでそれだけでも年齢肌には効果的ですが、他にも多くの美容成分を含む商品が多いので、抗酸化作用以外の部分でも美容への効果が期待できます。

アスタキサンチンと共に用いることで相乗効果を発揮する相性の良い成分が入っていると、より美肌への期待が高まるので嬉しいですよね。

「どんな成分がアスタキサンチンと相性がいいの?」

と思われる方のために、アスタキサンチン配合オールインワンジェルを使う上で、一緒にすると効果の期待できる成分をまとめてみました。

ビタミンC

アスタキサンチンは高い抗酸化力がありますが、活性酸素を抑制する作用を行うと、自らが酸化してしまい効果が弱まってしまいます。

せっかくアスタキサンチン配合の化粧品を使っても、効果が弱まってしまうのはもったいないですよね。

ビタミンCには酸化防止作用があるので、アスタキサンチンと一緒に使うことでアスタキサンチン自身の酸化を防止できます。

結果として、アスタキサンチンがより長く効果的に働くことになるので、ビタミンCは相性がいいといえます。

アルブチン

アルブチンは主に美白対策として効果が期待される成分です。

アスタキサンチンにも美白効果がありますが、アルブチンとは美白へのアプローチの仕方が違うので、相乗効果で美白に期待ができるという意味で相性がいいといえます。

シミやくすみ、日焼けで肌が黒くなるのは、黒色メラニンという色素が肌に発生することが原因です。

メラニン発生のメカニズムは、まず紫外線のなどの刺激により活性酸素が発生することで、メラニンを作り出すメラノサイト(色素細胞)の活動が促進されます。

このメラノサイトが「チロシナーゼ」という酵素を作り出し、細胞内に存在するチロシンという物質を黒色メラニンへと変えます。

こうしてメラニンが作り出されるというわけなのですね。

アルブチンにはメラニンを作り出すチロシナーゼの働きを抑制する作用があり、アスタキサンチンにはメラニン生成の原因となる活性酸素そのものを除去する作用があります。

このように、アルブチンとアスタキサンチンではメラニンに対して効く方法が違うので、美白に関して相乗効果が出るということなのです。

まとめ

まとめ

アスタキサンチン配合オールインワン化粧品は、高い抗酸化作用を手軽に摂り入れることができるので、年齢肌でお悩みの方にとってはとても魅力的な化粧品です。

お値段も手ごろなものが多いので、これからアスタキサンチン配合のものを試してみたいという方にもおすすめです。

商品によって配合されている成分が異なり効果も違ってくるので、アスタキサンチン配合オールインワン化粧品を選ぶ際は、どのような目的で自分がアスタキサンチンを摂り入れたいのかを明確にして選ぶといいかもしれませんね。