オーガニック化粧品おすすめランキング2017~効果・選び方と注意点~

オーガニック化粧品というと、「肌に優しい」「自然で体にもよさそう」というイメージを持っている方が多いと思います。

その解釈は間違ってはいませんが、現在の日本において「オーガニック化粧品」に、明確な定義はありません。

しかし、世界では独自にオーガニックの認定基準が作られており、その存在は日本にも知られるようになってきました。

そこで、「オーガニック」とは何か、という意味をここで改めて見直してみると共に、

  • 世界の「オーガニック」とは
  • ケミカル成分が肌に与える影響
  • オーガニック化粧品の選び方
  • オーガニック化粧品の注意点

など、オーガニックの魅力に改めて迫ってみます。

オーガニック化粧品とは?

巷で「安全安心」と言われているオーガニック化粧品は、実際にはどういうものなのか、詳しく解説していきます。「オーガニック」とは何か、日本での定義から世界のオーガニックの定義まで詳しく見ていきましょう。

日本のオーガニックの定義

日本のオーガニックの定義においては、農林水産省が定めた「有機JAS」という基準があります。

この「有機JAS」という基準は、

  • 種まき又は植え付けする2年以上前から畑の土に禁止された農薬や化学肥料を使用していないこと
  • 栽培中も禁止された農薬や化学肥料を使用していないこと
  • 遺伝子組換えの種を使わないこと
  • 病害虫を防除するのに農薬に頼らないこと

など、細かいチェック項目がいくつも並んでいます。

これに従って「有機野菜」などと名称が使えるようになれば、農薬を使わず、遺伝子組み換えなどをされていないものが収穫できそうですが、残念ながらこれは農作物を対象にしたものです。

つまり、化粧品の基準ではないのです。

日本においては、他に主だったオーガニックの認定団体というものはありません。

そのため、日本でのオーガニック化粧品は一般的に、「有機栽培で作られた自然由来の成分を配合しているもの」をいうと考えられています。

フランスのオーガニックとは

フランスには、「エコサート」という国際有機認証機関があり、世界でもトップレベルの厳しさと知名度を誇ります。

対象物は農作物もですが、化粧品など幅広く取り扱っているのが特徴です。

エコサートの化粧品認定基準には、

  • COSMEECO
    • 全植物原料のうち50%以上がオーガニック&全成分の10%以上がオーガニック
  • COSMEBIO
    • 全植物原料のうち95%以上がオーガニック&全成分の10%以上がオーガニック

の2種類があります。

さらに、動物実験を行っていない、動物由来の原料は生きた動物からのみ採取する、パッケージはリサイクル可能など、人間への配慮だけではなく動物や環境への配慮もされている基準と言えます。

イギリスのオーガニックとは

イギリスと言えば、オーガニックの元祖、というイメージがありますね。

イギリスには、ソイル・アソシエーションという認証機関があり、1946年に英国土壌協会として設立された、世界で最も古い認証機関です。

ヨーロッパの一般的なオーガニック基準よりも厳しく、

  • 土壌を用いない栽培の禁止
  • 遺伝子組み換え作物の制限
  • 工業地帯から離れた場所で栽培されている
  • 人工ナノ物質の使用禁止

といった、どちらかというと化粧品というよりは、植物原料の認定をしている機関という形で認知されているようです。

オーガニック認証以外にも、オーガニック農法の指導や援助なども行っているため、いかに自然な方法で栽培するか、ということに重点を置いている姿勢がうかがえます。

ドイツのオーガニックとは

ドイツのオーガニック基準で有名なのは、BDIHというドイツ化粧品医薬品商工業企業連盟が制定した基準です。

国家基準ではありませんが、BDIHの認定を受けている化粧品は、安全性が高いと世界で評価されています。

具体的な基準としては、

  • 原料が微生物分解可能である。
  • 放射線などによる防腐加工はおこなわない。
  • 合成香料、合成色素、シリコン、パラフィン、その他石油製品、エトキシ化物質は使用しない。

などがあり、極力自然のままの形を残そうとしている姿勢がうかがえますね。

アメリカのオーガニックとは

アメリカには、米国農務省が管理するUSDAというオーガニック認定基準があります。

具体的な基準としては、

  • 全成分中95~100%が有機栽培によってつくられた原材料を使用
  • 収穫より3年前から、農薬や化学肥料を使っていない土地で有機栽培をしている
  • 遺伝子組み換え、放射線照射の使用禁止

などとなっており、世界で最も厳しい基準だと言われています。

しかし、これは食料品に関する基準であり、化粧品の基準ではありません。

実はアメリカでは、日本と同じく、化粧品についての明確な基準は確立していないのが現状です。

EU民間団体のオーガニックとは

2007年にヨーロッパの化粧品メーカーが中心となり、発足したオーガニック化粧品認証団体「NATRUE(ネイトゥルー)」は、ベルギーに本拠地を構えています。

このネイトゥルーは、基準を一般公開する、認証制度をビジネスにしない、などをポリシーに活動しており、「自然化粧品」「オーガニックな原料を含む自然化粧品」「オーガニック化粧品」の、3つの認証クオリティがあります。

ここでいう「オーガニック化粧品」の基準としては、配合されている自然原料のうち95%以上がオーガニック(有機栽培もしくは検査された野生採集)でなければならないとされています。

他にも、NATRUE認証を受けるには、

  • 環境にやさしい製造方法。
  • 合成香料および合成色素は配合されていない。
  • 石油系原料(パラフィン、PEG、プロピル系、アルキル系、その他の石油誘導体等)は含まれていない。
  • 遺伝子組み換え植物あるいは有機体からの原料は含まれていない。

などを満たさなければなりません。

これらは主に配合成分や製造方法などについて記載されていて、土壌などの制限をしている他の認証団体とは少し異なりますね。

化粧品メーカーが中心となっているだけあって、私たちが「オーガニック化粧品」というイメージに最も近いかもしれません。

オーガニック認定はあくまでも目安

オーガニック認定があくまでも目安と考えた方が良い理由は、「オーガニック認定はひとつの基準でしかない」ことと「認証にはお金がかかる」ことにあります。

どういうことか、具体的に見ていきましょう。

オーガニック認定はひとつの基準でしかない

オーガニック認定機関は、世界を見ても国が主導で進めているところは少ないです。

それぞれの国の団体によって、任意で検査をしています。

当然そこには人の判断が加えられるので、その過程を経て認証されたものは、絶対的なものではなく一つの基準でしかないことを覚えておくといいですね。

認証にはお金がかかる

意外なことかもしれませんが、オーガニックの認証はタダで行われるわけではなく、年会費や検査旅費、認定申請費などの名目で、少なからず費用が掛かるものです。

認証を受けるメーカーはもちろん、認証機関の基準を受けるために努力しますが、これらの費用を製品開発のために当てたいという企業もいます。

その場合は、よりよい製品になっていく可能性がありますので、必ずしも認証を受けていることがイコール良い製品、とはいえないのです。

オーガニック化粧品の効果

ここでは、オーガニック化粧品が、私たちの肌に与える効果を解説していきます。

植物のパワフルな成分がもらえる

オーガニック化粧品に含まれる植物は、農薬を使っていない、自然のままのものも多いです。

それらに入っている植物の成分を化粧品にしているので、植物に含まれる抗酸化作用なども一緒に摂り入れることが出来ます。

肌の調子を根本から変える

私たちは普段、自然のものを食べてエネルギーをもらい、生きています。

化粧品も同じで、オーガニック化粧品で自然の力を取り入れると、肌が本来持っている自然回復力を高めたり、サポートしたりしてくれます。

肌の悩みに対して応急処置的なメイクをするような形ではなく、その人が持っている肌本来の調子を整え、肌に「無理させない」ことを実践できる化粧品を選びましょう。

肌に優しい

オーガニック化粧品の日本での定義はまだ確立されていませんが、たいていのメーカーで石油系の界面活性剤等のケミカル成分を使っていません。

本来肌に不要な成分が極力含まれていないため、肌に優しい処方になっています。

オーガニック化粧品の選び方

ここでは、オーガニック化粧品をどのように選んだらいいのか、その選び方を解説していきます。

天然成分かどうか

まずは、「天然成分100%」かどうかという基準です。

天然成分100%とは、そのまま天然素材から取り出した成分で、化学的に合成や分解をしていない成分のことを指すことが多いです。

私たちが本来イメージしているのはこちらですが、天然由来100%というのは、天然の素材に化学処理を加えた成分を指します。

もちろん、天然由来でも効果はあるのですが、本来の植物の力を引き出すためには、「天然由来成分100%」よりも「天然成分100%」であるかどうかを基準にしましょう。

肌に不要な成分を極力使っていないかどうか

ケミカル成分の防腐剤や界面活性剤などは、国が認めている成分でもあります。

決まった量を使うのであれば、決して悪いものではありません。

しかし、自然のものをそのまま取り入れたい人にとっては不要のものですので、極力使っていないものを選びましょう。

認証を受けているかどうか

最近では、日本のメーカーでも海外のオーガニック認証を受けるケースがあります。

オーガニック認証を受けているかというのは、一つの基準でしかありませんが、一定の信頼性はあるので、迷った時の参考程度に考えるといいでしょう。

オーガニック化粧品おすすめランキング2017 ベスト3

オーガニック化粧品の選び方が分かったところで、実際におすすめのオーガニック化粧品を紹介します。

フローラルドロップ

出典:@コスメ

フローラルドロップ

評価:★★★★★ (5.0)
トライアルセット
1,480円(税込)
公式サイトを見る
価格
3,334円
ブランド名
HANAorganic
メーカー
えそらフォレスト
内容量
80ml
特長成分
ダマスクローズ、ネロリ、クラリセージ、イランイラン、ラベンダー、ゼラニウム、ハトムギ種子エキス、ローズマリー葉エキス、バイオエコリア
特長
うるおい持続力◎、肌のバリア機能改善◎、100%オーガニックコスメ、無着色、無鉱物油、パラベンフリー、旧指定成分無添加

バラの美しさが宿る、水を使わない化粧水「フローラルドロップ」。

3000枚分のバラのエッセンスを使用!
主成分としてブルガリア産のダマスクローズ水を使用し、水を一切使わずに作られた植物の天然由来成分100%の贅沢な化粧水。

3000枚ものバラの花びらから取られたエキスが保湿、抗菌作用、抗アレルギー作用に効き、肌を美しく整えます。

防腐剤にまで無添加にこだわった一品!
石油由来の成分は一切不使用。防腐剤には、ダイコンを乳酸菌で発酵させた成分を使用するほどの徹底ぶりです。

もちろん着色料も香料も使っておらず、天然の花精油の香りは、脳を活性化させ、お手入れタイムを特別で優雅な時間へと変えてくれます。

常在菌のバランスを整えるバイオエコリア配合!
イランイランなどの6種の花精油と、肌のターンオーバーを促進させるローズマリー、そこに常在菌のバランスを整えるバイオエコリアを配合することで、シミ、シワ、たるみに打ち勝てる健やかな肌に導きます。

実際に使った方の口コミ

敏感肌で、オーガニックコスメが欲しいと思い、こちらの化粧品を手に入れました。

自然な原料を使用しているので、肌本来のツヤが出てきて、調子が戻ってきたような気がします。

肌質的にケミカル成分が合わず、かといって敏感肌用も合わず…ジプシーしながらこちらのフローラルドロップにたどり着きました。

初めてかゆくならなかったことに感動。

ローズエキスのいい匂いでケアする時間も楽しくなりました。

WEB限定で最安値で試す方法

フローラルドロップは、公式サイトで購入することが出来ます。

公式サイトには3種類の価格があり、

  • 通常価格3,334円(税抜)
  • 会員価格2,848円(税抜)
  • 定期便価格2,834円(税抜)

(2017年8月20日時点)

となっています。

会員登録は無料でWEB上にてできますので、500円も異なるのであれば、会員になっていた方がお得ですよね。

送料に関しては、5,000円以上の注文で無料となり、定期便だから送料が無料、という特典はありません。

定期便にすると若干安くなりますが、継続して使用しなければなりません。

休止なども出来ますが、継続したいかどうか、あらかじめ自分の都合に合わせ、定期便か会員価格での通常購入かを選択するのがよさそうです。

ローズエステリッチローション

ブルークレール ローズエステリッチローションN

評価:★★★★ (4.7)
トライアルセット
1,580円(税込)
公式サイトを見る
通常価格
5,400円(税込)
メーカー名
ブルークレール
容量
155mL (1ヶ月半目安)
特長
APPSなどのビタミンC誘導体2種配合、低刺激性、敏感肌、脂性肌、乾燥肌、オーガニック

人工添加物を一切使用してない安心と信頼の「ローズエステリッチローション」。

3種のローズ成分と天然湧水を贅沢に使用!
有機農場で育てられたダマスクバラから花水・花エキス・花油の3種のローズ成分を不純物のない状態で抽出し、贅沢に配合しました。

また化粧水に大切な水は日本人の肌に合う超軟水の世界遺産「白神山地」の湧水を使用。

ブナの天然のフィルターを通してろ過された天然水は、優しく肌を潤してくれます。

キャリーオーバーを徹底的に排除した植物成分を使用!
一般的に東洋ハーブの抽出にはBG(ブチレングリコール)やエタノールが使われますが、ほとんどの成分を自社抽出または特別注文製造で作ったものを使用しキャリーオーバーを徹底的に排除しました。

香料や着色料、鉱物油など一切不使用の無添加にこだわっているので安心してお使いいただけます。

36種類もの美容成分を配合した贅沢な化粧水!
プラセンタをはじめとしたエイジングケア成分、コラーゲンやヒアルロン酸Naなどの潤い成分、3種のローズエキスにカッコンエキスなど20種の植物成分など、36種類もの美容成分を贅沢に配合しました。

実際に使った方の口コミ

無添加のものって、あまり肌にきかないイメージがあるのですが、これを使って覆されました。

こんなにうるおうモノなんですね。

肌としては混合肌なのですが、オイリーなTゾーンが少しずつ収まってハリがでてきたような気がします。

百貨店にあるコスメも、自然由来のものもいろいろ試したのですが、これが一番肌に合っていました。

植物エッセンスを配合しているこちらの化粧水は肌荒れなどのトラブルもなく、快適に使用できています。

WEB限定で最安値で試す方法

ローズエステリッチローションは、公式サイトで購入できます。

購入の仕方は、「通常購入」と「定期購入」があり、それぞれの価格は5,000円(税抜)と変わらないのですが、定期便を申し込んでいると、以下の特典があります。

回数の縛りがなく、1回限りの変更・休止・解約も可能なお得なサービス。

  • 2回目には5,333円相当の人気商品セットが貰える
  • 3回目には1万円相当のトライアルセットが貰える

4回目以上でも、何らかのプレゼントがあり、続ければ続けるほどお得な制度になっています。

回数の縛りがないので、最初から定期便の注文をしてみてもいいかもしれませんね。

ネオナチュラル ヒーリングローション

Larネオナチュラル ヒーリングローション
出典:@コスメ

Larネオナチュラル ヒーリングローション

評価:★★★★ (4.5)
トライアルセット
1,260円(税込)
公式サイトを見る
通常価格
2,950円(税抜)
ブランド
ネオナチュラル
内容量
120mL(1度に2ml使用で、約60回分。朝晩使用で約30日分)
特長成分
富山ヘチマ水、沖縄月桃、褐藻エキス、ローズマリーエキス、ソウハクヒエキス(桑白皮)、モモ葉エキス、ユキノシタエキス、クマザサエキス
特長
天然成分100%配合、無添加、キャリーオーバー成分なし、ノンパラフィン、パッチテスト済

100%の植物エキスが肌を潤す「ネオナチュラル ヒーリングローション」。

100%自然成分で作り上げた自然派化粧水
自社の有機農場で栽培したヘチマ水に、無農薬栽培された月桃のエキスを使い100%天然素材だけで作り上げました。

刺激が少なく敏感肌の方でもお使いいただける優しい化粧水です。

余計なものは一切使わない無添加!
石油由来成分、化学合成成分は使わず無添加にこだわりました。

合成界面活性剤やシリコンを使わず、ユキノシタエキスやクマザサエキスなど抗菌性の高い成分を使うことで防腐剤を使わずに防腐性能を高めています。

ローズマリーなどの保湿成分をたっぷり配合!
保湿に優れたローズマリーエキスに桃葉エキス、モズクから抽出した褐藻エキスをたっぷり使用し、保湿性に優れた化粧水を作りました。

肌にハリや艶を与えてくれるダマスクローズも配合し、使用感にもこだわっています。

実際に使った方の口コミ

植物原料を使い、化学合成成分は使っていないという、肌への優しさからこちらの化粧品を使っています。

きちんと浸透させて手入れしてあげたからか、徐々に肌に透明感が出てきてキレイになってきたので、憧れの美白に近づいたような気がします。

メイクアップするのも楽しみです。

オーガニックブランドに興味がなかったのですが、たまたまこちらを見つけて興味本位で手を出しました。

肌の調子が整ってきて、すっぴんでも外に出かけられるくらいの透明感に、初めてオーガニックの良さが分かったような気がします。

WEB限定で最安値で試す方法

ネオナチュラル ヒーリングローションは、公式サイトで購入が出来ます。

価格は通常価格で、2,950円(税抜)となっていますが、定期便は通常価格の5%オフで購入することが出来て、内容の変更、休止に関してはいつでも可能です。

通常価格での購入では、なんと使用後でも30日間の返金保証がついているので、そちらから先に試して、次は定期で購入するのがおすすめです。

また、まとめて購入すると最大で5%の割引があります。

8,000円以上の購入で送料が無料になるので、ご友人と一緒にまとめて購入してもいいかもしれませんね。

オーガニック化粧品おすすめ特徴別

ここでは、特徴別に、おすすめのオーガニック化粧品についてご紹介します。

乾燥肌におすすめのオーガニック化粧品

ジュリーク ハイドレーティング ウォーターエッセンス

ジュリーク ハイドレーティング ウォーターエッセンス
出典:@cosme

ジュリーク ハイドレーティング ウォーターエッセンス

評価:★★★★ (4.5)
通常価格
6,900円(税別)
メーカー名
ジュリーク・ジャパン
ブランド名
ジュリーク
内容量
150ml
特長
ローズマリー葉エキス配合、植物精油の香料使用

肌にうるおいを与え乾燥から守る「ジュリーク ハイドレーティング ウォーターエッセンス」。

「マシュマロ―」の保水力で乾燥知らずに!
マシュマロの語源にもなる植物「マシュマロ―」は根の部分に粘液成分を多く含み、水分をため込む力があると言われています。

そのマシュマロ―のエキス(アルテア根エキス)を配合することで、肌の潤いをしっかりと閉じ込め、乾燥知らずの肌に導きます。

オーガニックコスメ部門金賞を受賞!
GINGER(幻冬舎)の「2016年下半期ビューティーアワード」オーガニックコスメ部門金賞を受賞するなど、多くの方から愛用されている化粧品です。
癒されながらケアが出来る!
フォレストフローラルの香りが身体をリラックスさせ、肌の緊張感を解き放ちます。

自然の香りに包まれながら肌コンディションを整えられる贅沢なケアタイムを過ごせます。

実際に使った方の口コミ

ジュリークは自然派化粧品で、もともと好きだったのですが、化粧水は持っていなくて初トライしてみました。

うるおうと書いていただけあって、乾燥気味の私の肌でもしっかりうるおった印象です。

肌荒れしやすい方におすすめのオーガニック化粧品

月桃バランスローション

月桃バランスローション
出典:@コスメ

月桃バランスローション

評価:★★★★ (4.4)
トライアルセット
990円(税込)
公式サイトを見る
通常価格
3,960円(税込)
ブランド
琉白(ルハク)
メーカー
ネットランドジャパン
内容
120ml
特長
海洋深層水100%使用、有機JAS認定、ローズヒップ配合、石油・動物由来成分不使用、100%天然由来の原材料使用

肌トラブルが悩みの敏感肌の方に使ってもらいたい「月桃バランスローション」。

古来より親しまれているハーブが肌を整える!
沖縄伝統のハーブ「月桃」は細胞の老化を防ぐポリフェノールが豊富に含まれており、加齢やストレスによって過敏になった肌のバランスを整えてくれます。

さらに同じく古来より親しまれるハーブの「セイヨウノコギリ」が肌を保湿。

昔から使われているハーブだからこそ、敏感肌の方でも安心してお使いいただけます。

フランスのオーガニック認証機関からお墨付きを受けた化粧水!
世界でも厳しい基準のオーガニック認証機関フランスECOCERT(エコサート)から認証され、世界的にオーガニックコスメとして認められています。

もちろん、合成保存料・合成香料・合成着色料は一切不使用。

100%の天然由来の原材料にこだわり、原材料「月桃葉水」もオーガニック認証を受けています。

8割以上の方が効果を実感!
浸透性、保湿効果が高く、乾燥やニキビなどの肌トラブルに悩まされていた方の8割以上が、肌の赤みが引き、肌が落ち着いたなど、効果を実感しています。
実際に使った方の口コミ

敏感肌で、合わない成分があるとすぐに赤くなってしまうのですが、この化粧水に変えてからは以前よりも赤みが引いていくのを感じています。

保湿の出来るオーガニック化粧品

クラリファイング・トナー

オラクル クラリファイング・トナー
出典:@コスメ

オラクル クラリファイング・トナー

評価:★★★★ (4.6)
トライアルセット
1,600円(税抜)
公式サイトを見る
通常価格
4,500円(税抜)
ブランド
オラクル
メーカー
レクシア
内容
150ml
特長
植物由来成分配合

1滴1滴手仕事で植物エキスを抽出した「クラリファイング・トナー」。

有機JAS認証され、厳選された植物の力を配合!
素材の植物に向き合い1滴1滴を技術者が手仕事で抽出したエキスを使用することで、植物の力を最大限に使用した化粧水です。

植物原料は有機JAS認証取得した自社農園で栽培したものや、厳選したものだけを使用しています。

保湿力の高い化粧水!
ダマスクローズやヒマワリなど保湿効果の高い植物成分を贅沢に配合。

濃厚な化粧水は角質の奥まで入り込み、肌に潤いを与えます。

またトウキンセンカエキスを配合することで、肌の乾燥を防ぎます。

濃密で華やかなバラの香りで心のデトックスに。
クラリファイング・トナーに使われているダマスクローズはバラの女王とも言われており、優雅で芳醇な香りが特徴。

保湿成分としても優れた効果があり、華やかな香りで心を癒しながら肌に潤いとハリを与えます。

実際に使った方の口コミ

オーガニック化粧品って、さらっとしていて使いにくいイメージだったんですが、このクラリファイング・トナーは、すごくうるおってくれて使いやすいです。

アロマのような香りも癒されます。

オーガニック認証の化粧品

フラワーブーケ ローズ フェイストナー

メルヴィータ フラワーブーケ ローズ フェイストナー
出典:@cosme

メルヴィータ フラワーブーケ ローズ フェイストナー

評価:★★★★ (4.4)
通常価格
2,400円(税別)
公式サイトを見る
メーカー名
メルヴィータジャポン
ブランド名
メルヴィータ
内容量
100ml
特長
ヒアルロン酸配合、ミツガシワ葉エキス配合

化粧水なのにトロリとした感触が心地いい「フラワーブーケ ローズ フェイストナー」。

オーガニック栽培の植物原料を使用!
保湿力の高いダマスクバラ花水や肌の細胞を生き返らせ保湿するカニナバラ花エキスを配合。

うるおい成分であるローズフラワーウォーターが角質層のすみずみまで潤いを与え、バラのような美しい肌へと導きます。

エコサートに認証されたオーガニックコスメ
世界的なオーガニック認証機関である「ECOCERT」の認証を取得。

オーガニックコスメとして世界でも認められています。

石油由来成分は一切使用せず、化学合成品も使用していません。

安心してお使いいただける天然素材の化粧水です。

蜜のようなトロりとした濃密な触り心地!
バラの濃厚な香りが気持ちを安らげ、バラの蜜のようなトロトロとした触り心地にひんやりした感触が気持ちよく肌へと浸透していきます。

乾燥に負けない潤いを与えてくれます。

実際に使った方の口コミ

とろっとした感触なのに、なぜかヒンヤリしてて質感が病み付きになります。肌も潤うし、使っていて楽しい化粧品です。

40代からのオーガニック化粧品

セカンドシーズン ローション

セカンドシーズン ローション
出典:@cosme

セカンドシーズン ローション

評価:★★★★ (4.7)
トラベルサイズモニターお試し価格
2,980円(税込)
公式サイトを見る
通常価格
12,800円(税別)
メーカー名
your 2.0
ブランド名
SECOND SEASON(セカンドシーズン)
内容量
180ml(約2ヶ月分以上)
特長
オーガニック植物エキス配合、有機アルガンオイル配合"

バリア機能の低下した年齢肌をケアする「セカンドシーズン ローション」。

馬由来のプラセンタが年齢に応じたケアをサポート!
コラーゲンや皮膚の保湿成分を構成するアミノ酸の含有量が多いサラブレッドの胎盤から抽出された「サラブレッドプラセンタ」を配合。

高い栄養素を使い胎児を育てるように肌を優しく労わりながら、衰えてきていた肌の機能を復活させます。

角質層を健康にし、肌のターンオーバーを正常化!
ローションのベースにはケイ素水とコロイダルミネラル水をブレンドしたものを使用しています。

肌の奥に潤いを与え角質層を健康にすることで、年齢とともに衰えたバリア機能を復活させ、正常なターンオーバーを行えるようにします。

肌の負担が少ないオールインワンローション!
これ1本で保湿とエイジングケアが可能なので、美容液やクリームなどのスキンケアが必要ありません。そのため、肌への負担が少なく、優しくケアが出来ます。

天然由来成分99.9%なので敏感肌の方でも安心してお使いいただけます。

実際に使った方の口コミ

40を過ぎて、これ以上乾燥が進むようなケミカルケアはしたくないと思い、オーガニックのこちらの化粧品を使っています。

肌の邪魔にならずに、しっかりサポートしてくれている感じで、肌のトラブルが減りました。

今まで使っていた化粧品に比べ、とても使いやすいと感じています。

オーガニック化粧品の注意点

オーガニック化粧品は肌に優しい化粧品ですが、それ故に注意しなければならない点があります。

なるべく早めに使う

オーガニック化粧品は、防腐剤などを含んでいないものもあり、冷蔵庫で保管するなど、保存の仕方がケミカル化粧品と異なることがあります。

どのような保存方法であれば化粧品の品質が保持できるのか、自分がその環境を維持できるか、購入の際に店員に確認したり、説明書を読んだりして、事前に把握する必要があります。

また、オーガニック化粧品は保存の仕方にかかわらず、使用期限は短いことがほとんどですので、なるべく早めに使うことを心がけましょう。

普段用と勝負用と分ける

オーガニック化粧品はケミカルのものに比べて、きしんだり乾燥したり、使用感がよくない、という特徴があります。

そのような中で、1日中外出しているのは辛いですよね。また、外出する際には華やかにするためにタール色素入りの口紅を使う必要も出てくるかもしれません。

口紅に限らず、ファンデーションなども、TPOに合わせて、時にはケミカル成分が入った化粧品が必要なときもあるでしょう。

ですので、両方のいいところを生かせるように、オーガニック化粧品は普段用、ケミカル化粧品は外出時の勝負用、など使用用途により分けるといいかもしれませんね。

まとめ

オーガニック化粧品には、定義こそありませんが、自分がどのようなものを使いたいか、という定義はひとりひとり持っているはずです。

そのオリジナルな定義にあわせ、オーガニック化粧品と向き合い、実際に試していけばお気に入りのオーガニック化粧品がきっと見つかるはずです。