無添加化粧品おすすめランキング2017|無添加の意味や化粧品の選び方をチェック!

「無添加化粧品って肌にいいイメージがあるけど実際にどうなんだろう?」

「無添加じゃない化粧品は肌に悪いの?」

「肌にとって安全な化粧品を使いたい!」

…このように、無添加化粧品に興味を持っている人は多いのではないでしょうか。

世間では食の安全性が問題視されているように、肌に塗布する化粧品に対しても安全性を求める人が増えている傾向にあるようです。

「無添加」と聞けばなんとなく肌に優しいイメージをもたれがちですが、無添加の意味や無添加の定義について知らない人も多いと思います。

そこで今回は、無添加化粧品の定義や無添加化粧品の選び方、おすすめの無添加化粧品などを詳しく紹介します。

敏感肌はもちろん、すべての肌質に共通しているポイントもたくさんあるので、無添加化粧品に興味を持っている人はぜひチェックしてください。

無添加化粧品とは?

無添加といえば、化粧品だけではなく食品などでもよく使われているワードですね。

簡単に言えば、体や肌のコンディションに影響を与える添加物を使用していない食品や化粧品のことを「無添加」と呼びます。

ここでいう添加物とは、品質を長持ちさせるために使われる防腐剤や見た目をよくするための着色料などが挙げられますが、いずれも化学成分によるものだったり、化粧品においては石油由来の添加物なども複数あります。

もちろん、これらの添加物は肌にとって害が起きにくいほど低量で配合されているのですが、肌に直接つける化粧品なのでできるだけ化学成分は避けたいものですね。

ここでは、無添加化粧品の定義や無添加に対する安全性についてもっと詳しく解説していきたいと思います。

無添加化粧品の定義

ここまで無添加化粧品についていろいろ触れてきましたが、実は化粧品の分類において無添加化粧品という名称はありません。

実は、実際に無添加化粧品を謳っている化粧品の中でも、パッケージに書かれた成分表(全成分)をみれば配合量順に化学成分が記載されていることがあったり、原料の栽培や抽出の過程で添加物を使用しているケースもよくあります。

「成分の100%がオーガニック成分でできています」という無添加化粧品があっても、オーガニックの原料を育てるために農薬を使っていたら無添加だとは言えないですね。

また、その原料にアレルゲンがあった場合は、いくら無添加化粧品でも肌トラブルが起きないわけではありません。

何が言いたいのかというと、「無添加=アレルギーを起こす可能性が100%ないというわけではない」ということ。

無添加だから安心だと過信しないようにしましょう。

化粧品に防腐剤は必要?

最近では、防腐剤を使用していない無添加化粧品をよく見かけるようになりました。

たしかに、防腐剤にはアレルギー反応を起こしやすい成分が多いというデメリットがあります。

しかし、防腐剤を入れない無添加化粧品は微生物汚染による成分の腐敗や肌トラブル発生の危険性があり、防腐剤を配合している化粧品よりも肌に大きなダメージを与えることも。

無添加に限らず、化粧品は開封した瞬間空気に触れるのでどんどん腐敗や劣化が進んでしまいます。

防腐剤は、化粧品にとって必要な添加物であることを理解しておきましょう。

また、万が一防腐剤無添加の化粧品を使用したい場合は、封を開けたらできるだけ早く使用し、使用前は手をきれいに洗うようにしましょう。

防腐剤の種類について

ここでは代表的な防腐剤の種類や性質について解説するので、無添加化粧品のパッケージをチェックする際は参考にしてください。

表示名称 慣用名または表示名 配合目的 起源
安息香酸(※) 防腐剤。静菌作用は強いものの、殺菌作用は弱い。 植物、合成
メチルパラベン パラベン 防腐剤。静菌作用が強く、広範囲の微生物に有効。 合成
エチルパラベン パラベン 防腐剤。静菌作用が強く、広範囲の微生物に有効。 合成
フェノキシエタノール 防腐剤。殺菌性がある。 合成

(※安息香酸は医薬部外品中の有効成分となりうる成分)

よく「パラベンフリー」=「防腐剤フリー」と勘違いされやすいのですが、これは間違い。

パラベンフリーと記載してあっても、実際には別の防腐剤を配合しているケースもよく見られます。

防腐剤を使用していない無添加化粧品を探しているなら、パラベンだけではなく他の防腐剤が使用されていないかチェックするようにしましょう。

また、パラベンには主に4つの種類があり、配合量が多いほど抗菌量が高く、皮膚の刺激を感じるものがあります。

「ブチルパラベン > プロピルパラベン > エチルパラベン > メチルパラベン」(抗菌力の高さ順です)

無添加化粧品の選び方

無添加化粧品といっても、どの添加物をカットしているかは化粧品によって異なりますし、肌の相性によって合うものや合わないものもあります。

無添加にこだわるだけなら、無添加の項目が多い化粧品を選べば良いのですが、それ以上に大切なのは肌質に合うかどうかです。

そこでここでは、肌のタイプに合わせた無添加化粧品の選び方について解説していきます。

これから無添加化粧品を購入する人や、すでに無添加化粧品を使っているけど不安を感じている人はぜひチェックしてみてください。

刺激が気になる人はアルコールやエタノール不使用の無添加化粧品

洗顔をした後や化粧品をつけた時に肌がピリピリしてしまう人は、肌のバリア機能が低下しているサインです。

肌のバリア機能とは、私たちの肌に備わっている天然の防御機能。

紫外線や物理的刺激などの外的ダメージが内部に侵入しないように肌を守る働きがあります。

しかし、肌の水分バランスが崩れることで乾燥肌や敏感肌になってしまうと、肌のバリア機能を支えている成分が失われて肌ダメージを受けやすくなってしまいます。

特に、肌を引き締める収れん作用や抗菌作用、静菌作用のあるアルコールやエタノールは、性質上ピリピリとした刺激を感じやすいので注意が必要。

刺激が気になる人は、アルコールやエタノール不使用の無添加化粧品を選びましょう。

アレルギーテスト済みの無添加化粧品

アレルギー皮膚炎やアトピー性皮膚炎、接触性皮膚炎(かぶれ)などの疾患を持っている人は、新しい化粧品を使用する前に一度かかりつけ医師に相談してください。

その上で無添加化粧品を選ぶ際は、アレルギーテスト済みの化粧品を選ぶと良いでしょう。

アレルギーテスト済みとは、該当の化粧品に含まれるアレルゲンを極力取り除き、ヒトによるアレルギーテストを実施していることを意味しています。

高いレベルでの安全性を確保した無添加化粧品なので、アトピー性皮膚炎やアレルギー性皮膚炎のような皮膚疾患がある人はぜひ参考にしてください。(※)

ですが、その日の体調や生理周期によってはアレルギーテスト済みの無添加化粧品が肌に合わない場合もあります。

新しい無添加化粧品を初めて使用する際は、体調の良い時にパッチテストを行い、問題ないことを確認したあとにスキンケア化粧品として使用するようにしましょう。

(※ただし、アレルギーテスト済みとはいえアレルギー反応が100%起きないわけではありません。)

ノンコメドジェニックテスト済みの無添加化粧品

皮脂分泌が過剰な脂性肌や混合肌の人、毛穴詰まりを起こしやすい人やニキビが繰り返しできてしまう人は、ノンコメドジェニックテスト済みの無添加化粧品を使用するようにしましょう。

ノンコメドの「コメド」とは、毛穴が詰まって小さく膨らんだ初期段階のニキビのこと。

皮脂腺の多いヒトの背中などに該当する商品を数回使用し、組織学的な検査を行ってコメドができているか検査します。

そして、この検査をクリアしたものがノンコメドジェニックテスト済みとして化粧品のパッケージに記載されているのです。

ノンコメドジェニックは、ニキビの原因菌であるアクネ菌のエサになりにくい油分を使用していますので、ニキビのもとになりにくい化粧品であることは間違いありませんが、ニキビが完全に治るわけではないことを理解しておきましょう。

また、鉱物油などの石油由来成分は肌にとって負担に感じることがあるため、ニキビや肌荒れが気になる人は石油由来成分無添加の化粧品を選んでみてください。

植物エキスを配合した無添加化粧品

無添加にこだわっている化粧品には、美肌成分として植物エキスや天然成分を配合しているものもたくさんあります。

化粧品に関するさまざまな広告を見て「植物エキスなら肌に安全な気がする」と思い込んでしまう人は多いのではないでしょうか。

ここでは、植物エキスに関する事例について少し紹介していきます。

広告で使用される表記や植物エキスの働きの事例

消炎剤
グリチルリチン酸2K配合の化粧品。肌荒れやニキビの予防・悪化を防ぎます。
消炎剤
グリチルリチン酸ステアリルを配合した化粧品です。肌荒れやニキビの予防・悪化を防ぎます。
甘草エキス
マメ科の甘草から抽出した植物エキス配合。肌荒れやニキビの予防・悪化を防ぎます。

肌荒れ防止成分として知られているグリチルリチン酸2K(グリチルリチン酸ジカリウム)ですが、この成分を高純度で抽出している水溶性物質は①です。

そして②は、甘草から抽出したグリチルリチン酸を更に酸で分解し精製し、高純度で抽出した油溶性物質。

①も②も広告表記では「消炎剤」とまとめられていることがほとんどです。

「甘草エキス」の③は、甘草から水溶液や油に溶け込んだものを取り出した成分で、グリチルリチン酸2Kの純度が低いものが多いです。

同じ植物成分でも、有効成分の純度には大きな差があるということですね。

また、①と③はすべて甘草という成分から作り出された植物エキスなのですが、抽出成分のなかには有効成分以外の水や油分が混在している可能性もあります。

もちろん、無添加化粧品に使用されている原料は事前に検査をしており、肌に対する安全性を確認していますが、「植物エキス=肌に対して安全」だと過信しないようにしましょう。

ごくまれですが、敏感肌やアレルギー体質の人は植物エキスに含まれる混在成分で肌トラブルを起こす可能性もあります。

無添加化粧品おすすめランキング2017

ここでは、数ある無添加化粧品の中でも口コミ評価の高い無添加化粧品をランキング形式で紹介しています。

どんな成分が無添加なのか、またどんな成分が美肌をサポートしてくれるのか特徴をよくチェックしてください。

ファンケル 無添加アクティブコンディショニングEX

ファンケル 無添加アクティブコンディショニングEX
出典:公式

ファンケル 無添加アクティブコンディショニングEX

評価:★★★★★ (5.0)
ハリ肌1ヵ月実感キット特別価格
1,830円(税込)
公式サイトを見る
通常価格
3,672円(税込)
メーカー名
株式会社ファンケル
セット内容
化粧液・乳液・クレンジングオイル・洗顔パウダー・泡立てネット
特長
アクティブセラミド・適応型コラーゲン・スイートピー花エキス配合・「防腐剤・香料・合成色素・石油系界面活性剤・紫外線吸収剤」不使用

ファンケルの「無添加アクティブコンディショニングEX」は、肌細胞にダメージを与える添加物をカットした無添加の化粧品シリーズです。

角質層をサポートしてキメの整った肌に導くアクティブセラミド、そして肌のハリや弾力をサポートする適応型コラーゲンを使用しており、デリケートな肌をいたわりながらアンチエイジングを目指すことができます。

保湿力に優れた化粧液・乳液のラインナップで、いずれも防腐剤・石油系界面活性剤・香料・合成色素・紫外線吸収剤をカットした無添加処方。

製品はもちろんのこと、原料から無添加を貫いているのも安心できるポイントです。

実際に使った方の口コミ

40代

敏感肌用の無添加化粧品をいろいろ試してきましたが、ファンケルの無添加化粧品は敏感肌対策をしながらアンチエイジングができるのでとても魅力的に感じました。

使うたびに肌がふっくらとやわらかくなるのも嬉しいですね。

30代

無添加化粧品のなかでも、ファンケルの無添加アクティブコンディショニングEXは原料まできちんと無添加だから安心です。

肌荒れもしませんし、うるおいを感じるテクスチャーなので今では手放せないアイテムになりました。

WEB限定で最安値で試す方法

ファンケルの無添加アクティブコンディショニングEXは、ファンケルの公式オンラインショップやAmazon、実店舗などで購入することができます。

なかでも、もっとも安い方法で試してみたいなら公式オンラインショップで販売されている「ハリ肌1ヶ月実感キット」がおすすめです。

ハリ肌1ヶ月実感キットは、化粧液・乳液それぞれ30日分の容量と、メイク落としのミニサイズ、洗顔パウダーに泡立てネットがセットになった内容で1,830円(税込)で販売されています。

通常であれば3,672円(税込)相当の内容ですし、無期限の返品保証がついているので万が一肌に合わない場合でも返送料無料で対応してもらえるのが嬉しいポイント。

本製品を購入する際は、公式オンラインショップでまとめ買いをすると割引が適用になるのでおすすめです。

HANAオーガニック

HANAオーガニック 体験7日間トライアルセット
出典:公式

HANAオーガニック 体験7日間トライアルセット

評価:★★★★ (4.8)
トライアルセット
1,480円(税込)
公式サイトを見る
メーカー名
えそらフォレスト
ブランド名
HANAオーガニック
内容
クレイ洗顔・化粧水・美容液・美容乳液・UV乳液(ピンク)・UV乳液(イエロー)
特長
オーガニック100%、国産、無添加、ブルガリア産ダマスクローズ・バイオエコリア・ローズマリー配合、オーガニック花精油6種・和漢植物9種使用

「HANAオーガニック」は、100%天然オーガニック処方の化粧品ブランドです。

肌にとってストレスとなりうる石油由来成分や化学合成成分をカットした無添加の化粧品で、植物の持つ保湿作用や整肌作用で肌をいたわりながらケアしてすることができます。

また、希少なローズオイルを濃縮配合しているのもこの化粧品の特徴で、女性ホルモンのバランスを整えたり、活性酸素によるダメージを寄せ付けません。

肌のバリア機能を守るクレイ洗顔料、バラの花びら3,000枚分のエッセンスを使用した化粧水、濃縮ローズと和漢植物による作用でくすみにアプローチする美容液など、ライン使いをすることでうるおい溢れる素肌を目指します。

実際に使った方の口コミ

30代

オーガニック化粧品は今回が初めてでしたが、使い続けて肌がイキイキと健康的になったように感じます!

精油のおかげなのか、顔全体のくすみっぽさや目元のシワも目立たなくなりました。

無添加処方だし、これからも肌のために取り入れたい化粧品です!

20代

今までの化粧品だとなにか物足りなさを感じていたのですが、HANAの無添加化粧品だと肌が蘇ったかのようにうるおいが持続します。

ピリピリした刺激はもちろんないし、肌のコンディションも良好。

無添加の中でもHANAは特におすすめしたいですね。

WEB限定で最安値で試す方法

HANAオーガニックの化粧品は、HANAオーガニックの公式オンラインショップや楽天などで購入することができます。

なかでももっとも安い価格で試したいなら、公式オンラインショップで販売されている「体験7日間トライアルセット」または「体験7日間モイスチャートライアルセット」がおすすめです。

「体験7日間トライアルセット」はベーシックなスキンケア化粧品が5点、そして「体験7日間モイスチャートライアルセット」は保湿ケアに特化したスキンケア化粧品が5点ついており、いずれも1,480円(税込)の値段で販売されています。

送料はかかりませんし、スキンケア一式をリーズナブルに試すことができるので初めての人にぴったりです。

エトヴォス モイスチャーライン

出典:@cosme

エトヴォス モイスチャーライン

評価:★★★★ (4.5)
お試しセット
1,900円(税抜)
公式サイトを見る
通常価格
2,400円(税抜)
メーカー名
ETVOS(エトヴォス)
セット内容
クリアソープバー10g、モイスチャライジングローション30ml、モイスチャライジングセラム10ml、モイスチヤライジングクリーム5g
特徴
うるおい持続力◎、ヒト型セラミド、アミノ酸、ヒアルロン酸、無着色、無鉱物油

エトヴォスの「モイスチャーライン」は、肌の専門家(医学博士)が開発した無添加処方の化粧品シリーズです。

すべての化粧品においてシリコン・パラベン・キレート剤・石油系界面活性剤・鉱物油・合成香料・着色料を使用していないので、デリケートな肌をやさしくいたわります。

洗顔石鹸・化粧水・美容液・保湿クリームの4つのラインナップで、バリア機能が低下した肌を健やかな状態へ導きます。

また、肌の水分量をキープするセラミドを高配合しているので、セラミドが不足しているインナードライ肌や超乾燥肌の人におすすめです。

実際に試した方の口コミ

20代

エトヴォスのミネラルファンデーションを愛用していたのですが、ひょんなことから無添加化粧品を注文してみることに。

肌にのせると成分がスーッと浸透していくのがわかりますし、本当に肌がみずみずしくなるから驚きました!

30代

今まで油分ばかり補っていたけど、肌の乾燥が良くならなかったのはセラミド不足だったからなんですね。

今では肌のコンディションも良くなって、肌荒れにしにくくなりました。

安心の無添加処方なので、これからもリピートしたいと思います。

WEB限定で最安値で試す方法

エトヴォスのモイスチャーラインは、公式オンラインショップやAmazonなどで購入することができます。

なかでもおすすめしたいのが、公式オンラインショップで販売されている「モイスチャーラインお試しセット」。

洗顔石鹸・化粧水・美容液・保湿クリームのお試しサイズがセットになって1,900円(税抜)で販売されています。

送料もかかりませんし、2週間たっぷり試すことができるのでお得です。

エトヴォスは、自社の公式オンラインショップにだけ化粧品を卸しているので、公式オンラインショップ以外で販売されている化粧品は品質管理がやや心配な面も。

お得なのはもちろんのこと、品質管理を徹底している意味でも公式オンラインショップの利用がおすすめです。

無添加化粧品 特徴別おすすめ

ひとくちに無添加化粧品と言っても、アンチエイジング向けの化粧品や美白ケアのできる化粧品などさまざまな種類があります。

ここからは、おすすめの無添加化粧品を特徴別に紹介するので、あなたの肌にぴったり合う無添加化粧品をチェックしてみてください。

アンチエイジングにぴったりな無添加化粧品

アミノリセ

アミノリセ
出典:@cosme

アミノリセ

評価:★★★★ (4.5)
トライアルセット
1,886円(税別)
公式サイトを見る
メーカー名
株式会社福光屋
ブランド名
アミノリセ
セット内容
洗顔料、化粧水、美容液、乳液、クリーム、メイク落とし
特長
コメ由来の美容成分を使用、石油系合成界面活性剤をはじめとする5つの無添加、金沢生まれの酒造化粧品

「アミノリセ」は、石油由来の合成界面活性剤を始めとする添加物をカットした無添加処方の化粧品ブランドです。

オリジナルの美容成分「コメ発酵液FRS-01」を使用しており、肌のうるおいを内側からキープ。

肌の持つ保湿成分・NMFに近い天然アミノ酸を豊富に含んでいるので、年齢肌による肌の乾燥が気になり始めた人にぴったりです。

公式オンラインショップなら、洗顔石鹸やクレンジング、スキンケア化粧品のお試しサイズがセットになった「アミノリセ トライアルセット」を販売。

送料無料で1,886円(税抜)とリーズナブルに試すことができるので、初めて注文する人はぜひ利用してみてください。

30代

30代に突入して毛穴開きや乾燥が目立ち始めました。

友人の勧めで化粧品のトライアルを注文したのですが、評判通り肌のみずみずしさがずっと続くので感動!

肌がふっくらして毛穴が目立たなくなったような気がします。

無添加なのにスキンケア効果が実感できる化粧品です!

オーガニック成分を使用している無添加化粧品

Larネオナチュラル

Larネオナチュラル トライアル7点セット
出典:@cosme

Larネオナチュラル トライアル7点セット

評価:★★★★ (4.4)
トライアル7点セット
1,260円(税込)
公式サイトを見る
メーカー名
ネオナチュラル
ブランド名
Larネオナチュラル
セット内容
モイストクレンジングオイル15ml(約5回分)
・ヒーリングソープー白桃20g(約7回分)
・ヒーリングローション13.8ml(約6回分)
・モイスチャーライザー3ml(約6回分)
・ピュアエクストラクト-白桃3ml(約3回分)
・ボタニックオイル5ml(約25回分)
・UVホワイトプロ3ml(約6回分)
特長
一物一体、岐阜県郡上市に自社農園、沖縄産月桃・青森県チシマザサ使用、国産、無添加

「Larネオナチュラル」は、国産のオーガニック成分を豊富に配合したオーガニックコスメのシリーズです。

合成香料や合成界面活性剤などの化学成分無添加で、使用しているオーガニック成分は無農薬・有機栽培のものを中心に使用。

クレンジングや日焼け止めなど全14アイテムのラインナップで、健やかな素肌をサポートします。

公式オンラインショップなら、お試しサイズの初回トライアル7点セットが1,260円(税込)で販売されているので、オーガニック化粧品をリーズナブルに試したい人にぴったり。

送料もかかりませんし、次回の購入で使用できる商品券も進呈されるのでお得です。

30代

今まで無添加化粧品にこだわってきたけど、オーガニック成分を使用したLarネオナチュラルは肌がみずみずしくなって素肌力がアップした感じがします。

自然由来の油分だから肌なじみもいいし、乾燥肌のケアにぴったりですね。

美白ケアのできる無添加化粧品

プリモディーネ シーバムコントロールVCローション

出典:@cosme

プリモディーネ VCローション

評価:★★★★ (4.5)
おためしセット
1,000円(税抜)
公式サイトを見る
通常価格
5,000円
メーカー名
FLAIR
内容量
100ml
特長成分
ビタミンC誘導体(水溶性Amitos3GA)、APPS、αアルブチン、酵母エキス、リピジュア、ハトムギエキス
無添加
パラベン、香料、合成着色料、フェノキシエタノール、合成界面活性剤

「プリモディーネ シーバムコントロールVCローション」は、浸透型ビタミンC誘導体・APPSをメインに配合した無添加化粧品です。

肌に負担や刺激を与えるパラベンやフェノキシエタノールなど5つの無添加処方なので、敏感肌の人にもおすすめ。

APPSは、メラニンの合成を抑制してシミやソバカスを防ぐ働きのほかに、肌の老化やニキビなどを引き起こす活性酸素を除去する働きがあるので、美白ケアやアンチエイジングを目指す人をサポートします。

公式オンラインショップなら、お試しサイズの化粧品セットが1,000円(税抜)から1,500円(税抜)で販売されているのでとてもお得。

送料もかかりませんし、リーズナブルに試すことができるのでぜひ利用してみてください。

30代

美白ケアをしたいけど化粧品の刺激が強い…そんな不安を払拭させたのが、VCローションです。

刺激のもとになる添加物をカットした無添加処方だし、肌に浸透・持続しやすいビタミンCを手軽に補えるから、シミやそばかすのない肌をキープすることができています。

無添加化粧品と一緒に取り入れたい美肌周期

肌のコンディションは、生理の周期によって左右されます。

例えば、生理の約2週間前である黄体期から生理前期までは肌がデリケートになるので、積極的なスキンケアがかえって肌に負担になることがあります。

反対に、生理を終えて卵胞期や排卵期に入ると肌のコンディションがとてもよくなるため、積極的なスキンケアを行うならチャンスです。

無添加の化粧品にこだわるなら、肌に優しいスキンケアが一番ですね。

ここでは、生理周期を利用したスキンケアや化粧品の使い方について紹介していきます。

生理期のお手入れ(1~5日目)

生理期は、肌が乾燥しデリケートな状態になっています。

また、だるさや冷えなど体調がすぐれないこともあるため、無添加処方の化粧品や低刺激処方の化粧品、ナチュラルな原料を使用した化粧品を使って肌を整えましょう。

いつもと違う無添加化粧品を使うのはNGです。

卵胞期のお手入れ(6~12日目)

生理が終わり、卵胞ホルモンの分泌量が増えると同時に肌の水分量も増加。

みずみずしく、明るい肌に変わっていくタイミングです。

新しい無添加化粧品を試してみたり、角質ケアやパックなどの積極的なケアを行うならこのタイミングがおすすめ。

逆に、卵胞期に使って肌トラブルが起きてしまうようなら、その無添加化粧品は自分の肌質に合わないということなので使用を控えましょう。

排卵期のお手入れ(13~15日目)

卵胞ホルモンの分泌量がピークに達するため、肌の調子は28日間のなかでもっとも良いタイミングです。

卵胞期と同じように、新しい無添加化粧品を試してみたり積極的なスキンケアに取り組んでいきましょう。

黄体期のお手入れ(16~21日目)

排卵期が終わると、卵胞ホルモンが低下して肌や体の調子がどんどん低下していきます。

また肌が乾燥しやすくなる一方で、黄体ホルモンの影響で皮脂分泌が過剰になることも。

皮脂分泌が過剰になるのはあくまでホルモンの働きによるものなので、自然なことと捉えましょう。

洗顔で肌を清潔にしたあと、たっぷりの無添加化粧水やローションパックで十分な保湿ケアを行ってください。

生理前期のお手入れ(22~28日目)

黄体ホルモンの分泌量がさらに増え、肌が乾燥し皮脂の分泌量が過剰になります。

ニキビができやすくなるので、低刺激なものであればニキビ向けの無添加化粧品を使用してみても良いです。

化粧水で肌にたっぷりうるおいを届けたあとは、乳液やクリームでしっかり蓋をすること。

また、この時期に脂質の多い食事を続けるとニキビや黄ぐすみができやすくなるので注意しましょう。

まとめ

無添加化粧品は、肌にとってストレスとなる添加物が使用されていないので、化粧品選びの目安になります。

しかし、同じ無添加化粧品でも配合成分やカットしている添加物が異なりますし、無添加だからといって肌に安全だと過信するのはNGです。

体調や肌質に合わせて、あなたの肌にぴったり合う無添加化粧品を選んでいきましょう。

肌荒れが黄になるのであれば、トライアルの無添加化粧品を試してみるのも一つの方法です。