美白乳液おすすめランキング2017|頑固で厄介な黒ずみやシミにサヨナラできる美白乳液7選

年齢問わず、透明感のある肌やくすみのない肌は憧れですよね。

「シミが目立つようになってきた…」

「くすんで表情まで暗くなってるから、何とかしたい」

と、思われる方が多いかもしれませんが、化粧品なかなかではよくならないと思っていませんか?

そう思われるのは、もしかしたら美白有効成分が化粧品に入っていないのかもしれません。

美白有効成分とは、シミやくすみに効果が期待できる成分のことで、その美白有効成分が入った乳液が、美白対策乳液なんです。

美白対策乳液は、シミやくすみにアプローチするだけではなく、ほどよい油分を含んでいて、肌バリアを保つ働きもあるんですよ。

今回はそんな美白対策乳液の効果をお伝えすると共に、

  • おすすめ美白対策乳液
  • 美白乳液の効果的な使い方
  • 美白乳液を使用するときの注意点

など、透明感のある肌をサポートしてくれる美白対策乳液の全てをご紹介します。

美白乳液に期待できる効果とは?

美白乳液とは、厚生労働省が認めた美白有効成分が含まれており、シミやソバカスなどの元になるメラニン生成を防ぐ目的のある乳液を言います。

その美白乳液は、メラニンを作りにくくし、適度な保湿をしてくれるだけではなく、他にも様々な効果が期待できます。

どのような効果があるのか、順番に見ていきましょう。

シミ、そばかすを防ぐ

美白成分は、それぞれの成分によって働きは異なります。

例えば、

  • メラノサイトへのメラニン生成命令を出しにくくする
  • チロシンをメラニンに変える酵素、チロシナーゼを抑制する
  • 出来てしまったメラニンを還元する

などの美白への作用があります。

いずれも、黒色メラニンをなるべく生成しないような働きになっており、結果的に紫外線や外部刺激によって出来るシミや、そばかすを防ぐ効果が期待できるのです。

肌荒れを防ぐ

乳液などの製品によって異なりますが、トラネキサム酸などの美白有効成分の一部には、抗炎症の肌荒れ防止効果もあります。

そのような成分が入っていると、メラニンの生成を防ぐと同時に、肌荒れを防止してくれるので肌の状態整い、ニキビや吹き出物などが出来る可能性を減らすことが出来ます。

ターンオーバーを正常化する

ビタミンC誘導体などの美白有効成分は、肌荒れを防ぐ効果をもち、美白乳液に配合されているセラミドやヒアルロン酸などの保湿成分は、肌を整える機能も有しています。

このように美白乳液で保湿することで、肌にもともとあった皮脂膜が正常に機能するようになり、肌のバリア機能がアップします。

肌のバリア機能がアップすれば、外部刺激などでターンオーバーの遅れが発生していても、徐々に正常化に近づくことが想定できます。

美白効果だけではなく、ターンオーバーを正常化する意味でも有効な手段といえるんです。

美白乳液の選び方

「美白になりたい!」

「キレイな肌にしたい!」

という方を対象とした美白対策基礎化粧品が様々なところで出ていますが、どのように選んだらいいのか迷うこともあるのではないでしょうか。

「値段で決めていいの?」

「美白になるには成分はどれがいいの?」

と迷っている方のために、「シミやくすみにアプローチしやすい」という観点から、美白乳液の選び方を解説していきます。

美白有効成分が含まれているか

シミやくすみにアプローチするためには、まずは美白に近づくための有効成分が配合されている必要があります。

美白に近づくための有効成分とは、過剰なメラニンを作りにくくする成分と言い換えることが出来ます。

例えば以下のようなものです。

  • ビタミンC誘導体
    • 出来てしまったメラニンを還元する作用がある
  • カモミラET
    • メラノサイトへのメラニン生成伝達物質のエンドセリンを抑制し、メラノサイトの反応を抑制するようにする
  • トラネキサム酸
    • メラノサイト自体の活性化を抑制する
  • ルシノール
    • チロシナーゼがチロシンに働きかけるのを防ぐ
  • アルブチン
    • 酸化酵素であるチロシナーゼの働きを阻害し、チロシンが黒色メラニンになるのを抑制する

これらは、それぞれの成分によってメラニン生成過程で働きかける段階が違います。

つまり、複数組み合わせている美白対策乳液はよりメラニン生成過程に働きかける力が強くなるので、より美白の効果を実感できると考えられます。

美白効果をより実感するためには、上記の成分を複数組み合わせたものを選ぶようにしましょう。

見分け方としては、有効成分が入っているものは医薬部外品で「薬用」となっている場合が多いので、そのような表示を確認しながら選ぶといいですね。

保湿成分が含まれているか

美白に近づくためにアプローチする成分は、それだけ刺激を伴うことが多いです。

例えば、ビタミンC誘導体は肌がカサカサしたりピリッとした刺激を伴うこともあります。

また、個人の肌質や体質によっても、より刺激を強く感じる場合もあるのです。

普段刺激を感じない人でも、敏感肌にならないために、素肌を保護するための保湿成分が必要です。

シミやくすみにアプローチできる成分が入っているものを選ぶときは、必ず保湿成分がきちんと入っている保湿乳液かどうかをチェックしましょう。

肌に優しい処方かどうか

美白を追求すると同時に、きちんと肌の健康を考えることも大事です。

「肌の健康を考える」とは、化粧品に入っている余計な成分で肌を荒らさないということです。

肌を荒らさないためには、水分と油分を適度に補ってあげるということはもちろん、パラベンやアルコールなどが入っていない無添加に近い美白対策乳液を選ぶことが必要です。

表示を確認し、肌に優しい処方かどうかを確認するようにしましょう。

美白対策乳液おすすめランキング2017

美白対策乳液は、

  • 美白対策に有効な成分が入っていること
  • 肌を荒らす成分が極力入っていないこと

の2点が重要な選定ポイントですが、この基準で選んでも絞り込めないという方も多いのではないでしょうか。

「皆は、どの美白対策乳液を使っているの?」

と思われた方のために、おすすめの美白対策乳液をご紹介します。

ジェイドブラン 美白モイストエマルジョン

ジェイドブラン 美白モイストエマルジョンM
出典:@cosme

ジェイドブラン 美白モイストエマルジョンM

評価:★★★★ (4.9)
7日分トライアルセット価格
1,598円(税込)
公式サイトを見る
通常価格
6,912円(税込)
メーカー名
I-ne(イーネ)
ブランド名
JADE BLANC(ジェイドブラン)
内容量
100ml(約2ヶ月分)
特長
天然由来成分90%以上・12種類のオーガニック成分・セラミド・アルテア根エキス・セイヨウニワトコ花エキス・ビタミンC誘導体配合

自然成分が肌本来の輝きを取り戻してくれる「ジェイドブラン 美白モイストエマルジョン」。

透明肌を目指せるビタミンC誘導体を配合!
ビタミンC誘導体を配合することで体内の活性酸素を除去し、シミ・ソバカスなどのくすみの原因を取り除き、メラニンの生成を抑えます。そうすることで透明感のある美肌を目指せます。
古来より親しまれる保湿成分を配合!
「アルテア根エキス」「セイヨウニワトコ花エキス」と古来から美容や健康に使われてきた成分を配合。ジェイドブランシリーズの中でも乳液のみに配合されており、肌をしっかりと保湿してくれます。
オーガニックの天然成分が肌を整えてくれる!
ジェイドブランの特徴は何と言っても12種類ものオーガニック成分を使用していること。ビルベリー葉エキスやカミツレ花エキスなど、肌を整えてくれる天然成分を配合しています。弱った肌に優しい成分が染みわたり、心地よい感触を取り戻します。

実際に使った方の口コミ

乾燥肌で色黒というのがずっとコンプレックスでしたが、この乳液を使うようになって少し肌に透明感が出てきたように思います。天然成分で肌にも優しく、保湿力もばっちりなので気にいっています。
混合肌でシミが目立っていました。美白対策にと思い乳液を使い始めましたが、高保湿というだけではなくて、すっと浸透していくのが分かって、とても気持ちのいいテクスチャーです。思っていたよりずっと良かったです。肌印象も明るくなったと言われて、変化に驚いています。

WEB限定で最安値で試す方法

「ジェイドブラン 美白モイストエマルジョン」は公式サイトで購入することができます。

通常価格は約2ヶ月分で6,912円(税込)になります。

1日単位で考えると100円を超してしまいますが、美白対策乳液のコストとしてはそれほど高くは感じられないかもしれませんね。

「でも、手を出すのはちょっと勇気がいる…」

「せめて少しだけでも試せたらいいのに…」

と考える方もいるかもしれません。

そんな方のために、初めての方限定でトライアルセットが用意されています。

美白乳液は13ml入っており、他にも

  • クレンジングジェル25g
  • 洗顔ソープ10g
  • 化粧水18ml
  • 美容液5ml
  • クリーム5g

と、フルラインで7日間試せるセットになっています。

これだけそろって1,480円(税抜)なので、ちょっとだけ試したいという方にも手に取りやすい価格なのではないでしょうか。

シンプルな容器で小さいサイズなので、旅行や外出先などにも持っていけて便利ですよ。

ノエビア トゥブラン 薬用ホワイトニングミルクローション

ノエビア トゥブラン 薬用ホワイトニングミルクローション
出典:@cosme

ノエビア トゥブラン 薬用ホワイトニングミルクローション

評価:★★★★ (4.7)
トライアルセット初回限定価格
1,800円(税抜)
公式サイトを見る
通常価格
6,500円(税抜)
メーカー名
株式会社ノエビア
ブランド名
トゥブラン
内容量
110ml
特長
医薬部外品、送料無料、手数料無料、GMP認定工場使用

35年の研究実績を持つノエビアが開発した『美白』×『保湿』の「ノエビア トゥブラン 薬用ホワイトニングミルクローション」。

美白有効成分がメラニンの生成を抑える!
ビタミンC誘導体で抗酸化作用のある「L-アスコルビ酸2グルコシド」や、肌の角質奥へと染み込むようナノ化した「ブランナノサイズエマルジョン」などが、メラニンの生成を抑えてシミやソバカスを防ぎ美白へと肌を導きます。
うるおい成分配合が肌のキメを整え艶やかな肌へ!
乾燥して肌のキメが崩れていると肌はくすんで見えます。そこで「ヒメフウロエキス」「アーティチョークエキス」などのうるおい成分と、「酵母エキス」を配合。肌のキメを整え、艶やかで光輝くような効果を与えてくれます。
医薬部外品だから敏感肌でも使える!
厚生労働省に許可された薬用ミルクローションなので安心してお使いいただけます。着色料と鉱物油は使用していないので安全面にも配慮。パッチテスト・アレルギーテストも行っているので、敏感肌でも安心して使えるのが嬉しいローションです。

実際に使った方の口コミ

年齢を重ねると共にシミがだんだん増えてきて、何か対策を!と思い切って買いました。うるおい成分が私に合っているのか、角層に潤いがキープされている感じで翌朝もモチモチしています。これからに期待です。
高保湿乳液を探していました。美白対策は特に気にしていなかったのですが、友人から顔の印象が明るくなったと褒められるように。ファンデーションは変えていないので乳液のおかげだと思います。混合肌ですが、オイリー部分にもべた付くことがなく使えたのでよかったです。

WEB限定で最安値で試す方法

「ノエビア トゥブラン 薬用ホワイトニングミルクローション」は公式サイトで購入することができます。

通常価格は6,500円(税抜)です。

美白有効成分配合の美白対策乳液としては平均的なお値段ですが、最初に手に取るには少々勇気がいるお値段ですよね。

そんな方にはトライアルセットがおすすめです。

薬用トライアルセットとして、

  • 乳液20ml
  • 化粧水25ml
  • クリーム5g

が付いて、1,800円(税抜)と非常にお買い得なお値段設定になっています。

これなら、少しだけ試して効果があったら買うということが出来そうですね。

ホワイティシモ 薬用ミルキィ ホワイト EX

ホワイティシモ 薬用ミルキィ ホワイト EX
出典:Amazon

ホワイティシモ 薬用ミルキィ ホワイト EX

評価:★★★★ (4.7)
販売価格
12,000円(税抜)
公式サイトを見る
メーカー名
株式会社ポーラ
ブランド名
ホワイティシモ
内容量
50ml(1プッシュを朝晩使用で約80日分)
特長
医薬部外品、アレルギーテスト済、リフィルあり

ポーラオリジナル成分配合!肌の奥まで溶け込むコクのある乳液「ホワイティシモ 薬用ミルキィ ホワイト EX」。

美白成分ルシノールが肌に透明感を与える!
ポーラオリジナル美白成分「ルシノール(R)」が肌に透明感を与え輝かせてくれます。さらにビタミンC誘導体も配合しているので、メラニンの生成を抑え、肌をくすませない効果も与えてくれます。
ポーラオリジナル複合保湿成分がぷるぷる肌に!
保湿成分である「クリアモイスチャー」と、「メリッサエキス」「アキレアエキス」「クジンエキスクリア」の3つのうるおい成分を贅沢に包み込んだポーラオリジナル複合保湿成分「ブライトカプセル」を配合。4種類の保湿成分が肌にしっかりと潤いを与えてくれます。
無香料・無着色で安心して使える!
香料・着色料を使用していないので安心してお使いいただけます。医薬部外品なので、乾燥で敏感になっている肌にも優しく使えるのが嬉しいですね。

実際に使った方の口コミ

美白美容液はすでに持っていたのですが、乳液もほしいと思い購入。クリームの方が良いかと思っていたのが覆されました。メイクのノリが良くて、肌の水分バランスが保たれているような気がします。乾燥予防にもいいですね。
長年の紫外線のダメージからか、シミが酷くてメイクで隠していました。きちんと手入れしようと思い、知人に教えられたこちらの乳液を購入。薬用美白乳液を使うのは初めてでしたがこうも違うんですね。ファンデーションの色がワントーン上がりました。

WEB限定で最安値で試す方法

「ホワイティシモ 薬用ミルキィ ホワイト EX」は、公式サイトで購入することが出来ます。

通常価格は12,000円(税抜)と、他の美白対策乳液と比べても非常に高価になっていますが、朝晩使用で80日間使用できる容量が入っているんです。

他の商品は1ヶ月で6,000円などの価格帯がありますが、こちらは約2ヶ月以上で12,000円ほどと考えれば、先に払うか後に払うかの違いでしかありません。

逆に、乳液は1日1回しか使わないという方は、もっと使用可能期間が延びることになります。

あるいは、乾燥しがちのときにパックも出来ますね。

そう考えると、大容量で少々お高くても試してみてもいいかもしれませんね。

【特徴別】おすすめ美白対策乳液

ここでは、おすすめの美白対策乳液について特徴別にご紹介していきます。

30代におすすめの美白乳液

コラージュBK乳液

コラージュ BK乳液
出典:@cosme

コラージュ BK乳液

評価:★★★★ (4.5)
トライアルセット限定価格
953円(税別)
公式サイトを見る
通常価格
3,315円(税別)
メーカー名
持田ヘルスケア
ブランド名
コラージュ
内容量
80ml(約130回分)
特長
トラネキサム酸配合、セラミド配合、ノンコメドジェニックテスト済

年齢とともに衰えた肌力をパワーアップさせる「コラージュBK乳液」。

保湿効果でもっちり柔らかい肌へ!
加齢とともに肌のうるおいも少なくなってしまいます。そこでコラーゲン・ヒアルロン酸など保湿効果の優れた成分を配合。若い子のように柔らかくもっちりとした肌に仕上がります。
セラミドが外部刺激をシャットアウト!
3種のセラミドが紫外線などの外部刺激から肌を守ります。セラミドで肌のバリア機能を正常にすることで、ターンオーバーの動きも促進されます。そうすることでシミやソバカスなど肌をくすませる原因を防ぎ、肌の力を蘇らせてくれます。
製薬グループが開発したから安心して使える!
敏感肌の研究を40年続けてきた持田製薬グループが開発したスキンケア商品なので、安全面はお墨付き。医薬部外品なのはもちろん、香料・色素不使用。さらに、アルコール・防腐剤は無添加のものを使用しており、低刺激で肌に優しい乳液です。
セラミドが配合されているとのことで、保湿ができそうだと思い購入。確かにうるおいます。シミに対してのアプローチはまだですが、いつものコンシーラーが日に日に量が少なくなっています。これからも期待して使い続けます。

ヒト型セラミド配合の美白乳液

プラチナVCミルク

イデアアクト プラチナVCミルク
出典:Amazon

イデアアクト プラチナVCミルク

評価:★★★★ (4.4)
プラチナVCスターターセット
1,800円(税抜)
公式サイトを見る
通常価格
5,832円(税込)
メーカー名
株式会社シーボディ
ブランド名
イデアアクト
内容量
60g (約1~2ヵ月分)
特長
アルブチン・植物エキスコンプレックス配合、リピジュア配合、石油系界面活性剤フリー、鉱物油フリー

コラーゲンケアでハリのあるもっちり肌へ「プラチナVCミルク」。

コラーゲンケアで肌の力を取り戻す!
「先進ペプチドTGP」「銀河水」などコラーゲン生成力を高める成分を配合。老化コラーゲンをケアして肌本来の力を取り戻し、ハリと弾力のある透明感に溢れた肌へと導いてくれます。もちろん「セラミド」などの保水成分も贅沢に配合してあります。
ブライトニングセンサー処方がシミの原因を徹底的に退治する!
肌の奥に潜むトラブルの原因にブライトニングセンサー処方がいち早くアプローチ。「プラチナナノコロイド」「最新型ビタミンC誘導体」などの成分が、シミ・ソバカスの原因を肌の奥に潜んでいるうちに退治。メラニンの排出を促してくれる乳液です。
敏感になった肌に安心の無添加処方!
香料・着色料・パラベンなど敏感な肌に刺激を与える成分を使わずに無添加処方で仕上げました。日本製の乳液なので、日本人の肌に合っているのはもちろん製品としても信頼できますね。
肌が敏感なタイプで、美白対策はできないだろうと諦めていたのですが、無添加処方だったので試してみました。保湿力がすごくて、翌日も乾燥しなかったのは初めてです。徐々に顔色が明るくなってきて、私でも美白を目指せるんだと嬉しい気持ちです。

無添加処方の美白乳液

エステティックモイストplus

エステティックモイストplus
出典:@cosme

エステティックモイストplus

評価:★★★★ (4.5)
トライアルセット初回限定価格
1,000円(税抜)
公式サイトを見る
通常価格
4,536円(税込)
メーカー名
有限会社ハッピーハートフル
ブランド名
エイジングラボルテ
内容量
100ml(使用目安:2~3プッシュ)
特長
セラミド配合、マカダミアナッツ油配合、コラーゲン・ヒアルロン酸配合

薬剤師プロデュースの肌を保護する美容液のような乳液「エステティックモイストplus」。

皮膚膜を強化して外部刺激から肌を守る!
皮膚膜の元になる「スクワラン」を配合することで年齢とともに衰えたバリア機能を復活させます。乾燥やシミ・たるみなどの肌トラブルを防ぐことで、肌の質を高め透明感溢れる肌にします。
6つの無添加が敏感肌を労わる!
香料・着色料・鉱物油・パラベン・アルコール・石油系界面活性剤を使わず無添加で仕上げました。薬剤師お墨付きの乳液なので信頼と高い安心感があります。傷ついた肌を優しく労わり、スッと馴染む美白対策乳液です。
ターンオーバーの回復で肌を若々しく保つ!
美白効果以外にも、肌のターンオーバーを促す「水溶性プロテオグリカン」を配合。ターンオーバーを正常化させることで肌を若々しく保ちます。「プロテオグリカン」はもともと人の体内にある物質なので身体に馴染みやすいのも嬉しい性質です。
早めの美白対策をと思い無添加のこちらを購入。肌には優しい=効果が弱いと思っていたのですが、これは違いました。きちんと浸透して仕事をしてくれている感じです。写真で撮った数か月前の顔とは明らかに違っていました。

エイジングケアができる美白乳液

ホワイト デイモイスチャー

オルビスユー ホワイト デイモイスチャー
出典:@cosme

オルビスユー ホワイト デイモイスチャー

評価:★★★★ (4.3)
販売価格
3,000円(税抜)
公式サイトを見る
メーカー名
オルビス株式会社
ブランド名
オルビスユー
内容量
30g
特長
医薬部外品、アレルギーテスト済、無油分、無香料、無着色

紫外線を強力ブロックして肌トラブルにサヨナラできる「ホワイト デイモイスチャー」。

紫外線をブロックして肌トラブルを防ぐ!
日中の紫外線はお肌の天敵。シミやソバカスの原因となります。そこでデイモイスチャーはSPF30・PA+++と紫外線ブロック力が高め。外出前の肌ケアに向いている乳液です。
肌の中からもメラニン生成をブロック!
紫外線対策をしても肌の奥で生成されるメラニンを抑えなければ肌はくすんでしまいます。そこでアルブチンを配合。薬用美白成分のアルブチンがメラニンの生成を抑え、透明感のある肌に導いてくれます。
持続性の高い保湿成分でもっちり肌に!
持続性の高い保湿成分モイストラスティングベールを配合。朝・日中のスキンケアで使うだけでも1日うるおいを保ってくれます。また、他にも保湿成分のベニバナエキスを配合しているので、もっちり肌に仕上げてくれます。
日焼けした黒い肌が好みだったのですが、服が似合わなくて…。美白対策をしようと思って購入しました。オルビスっていうのが安心できたし、アルブチンって有名な有効成分も入っていたので。高保湿乳液でしっとりするし買って満足です。

美白乳液の効果的な使い方

美白対策乳液には効果的な使い方があります。

ではその効果的な使い方とは何か、ここで具体的に説明していきます。

手の平であたためる

乳液は、水分の他に油分を含んでいます。

油分は冷たくなると固まる性質があり、皮膚に馴染みにくくなってしまいますが、手の平で少し温めると油分が温まり程よく溶けるため、よりなじみやすくなります。

手のひらでくるくると転がす様にして温めてから顔に乗せるようにするときちんと角質層まで浸透してくれます。

その際に、ゆっくりと浸透させるまで手の平で軽くプレスするとすっと肌に溶けていく感覚が味わえるので試してみてくださいね。

内から外へとつけていく

美白対策乳液は、付け方にも効果的なやり方があります。

顔に乗せるときは、リンパの流れに沿って内側から外側へ撫でるように手の平で馴染ませていきます。

必ず乳液が肌と手の間にあるようにし、擦らないことが大事です。

美白乳液を使用するときの注意点

美白対策乳液は、有効成分は入っているもののつければ付けるだけ効果があるという医薬品のような効果があるものではありません。

中でも、このように使うと逆に美白などの効果が実感しにくくなるという場合があるので、順番に解説していきます。

付け過ぎはNG

乳液は、油分を含んでいるので付け過ぎてしまうと、過剰な皮脂を分泌させることになります。

過剰に皮脂が出てしまうとオイリー肌や敏感肌の原因になってしまったり、ニキビや吹き出物が出る原因にもなるのです。

たっぷりつけることによって美白になったり、肌の状態が良くなるということでもないので、適正量を守るようにしましょう。

乳液という同じくくりでも、正しい量に関しては製品によって異なるため、説明書など付属しているものを読み、適正量を把握することも大切ですね。

化粧水や美容液をしっかりなじませてからつける

美白乳液の前に化粧水や美容液をつけることもありますが、化粧水や美容液を付けた後、しっかり時間をおいていますか?

美白化粧水や美白美容液は付けてからすぐに浸透するわけではなく、肌に馴染むのに少し時間が必要です。

しっかり肌になじませていないと、美白有効成分が角質層まで浸透せず、肌表面に残ってしまいます。

そのため、一つ一つしっかり肌になじむまで10分ほどおいてから次のものをつけるようにしましょう。

美白を妨げるシミが作られる仕組み

シミの原因にもいろいろありますが、ここで言うシミとは、外部刺激によってメラニンが作られ、それがたまってしまうことにより表れる「外部刺激によるシミ」を前提としています。

そのような美白を妨げるシミは、どのようなメカニズムでつくられているのか、透明感の肌になるためにもここで詳しく見ていきましょう。

メラニンは本来肌を守るもの

メラニンは悪いものの代表のように言われていますが、本来は私たちの肌を守ろうとしてくれている存在です。

その証拠に、私たちの肌が紫外線などの外部刺激を受けると、メラノサイトというメラニンを生成する場所に「肌を守るためにメラニンを作れ」という指令が出されるのです。

そして活性化したメラノサイトが「チロシナーゼ」という酸化酵素を活性化させ、活性化したチロシナーゼがチロシンという物質に働きかけて、濃い色のメラニンに変えるのです。

濃い色のメラニンは、バリアを形成する働きがあり、紫外線によるDNAの破壊や、皮膚への影響を防いでくれる効果があります。

メラニンは美白には大敵なものですが、本来肌を守る物質として機能しているのです。

ターンオーバーの遅れでメラニンがたまり、シミになる

肌を守るためのメラニンですが、メラニンが作り出されても通常の量であれば、肌の生まれ変わりであるターンオーバーの際に一緒に排出され、肌にメラニンは残らず濃いシミになることもないのです。

これが過剰に生成された際には、ターンオーバーも乱れてなかなか排出されなくなることから、黒色のメラニンがどんどんたまりシミとなって表れていきます。

これが美白を妨げ、なかなかなくならない紫外線によるシミが出来るメカニズムです。

まとめ

今回は、主に外部刺激によるメラニン生成を阻害出来る美白対策乳液を紹介しましたが、メラニンが出来る要因は、紫外線だけではありません。

メラニンは肌の防御反応なので、喫煙やストレス、大気汚染物質に触れることなどでもメラニンが生成されます。

メラニン自体は決して悪者ではないということを頭に入れながら、美白対策乳液で透明感のある肌を目指したいですね。