乾燥肌クレンジングおすすめランキング2017|クレンジングの選び方や使い方のポイントとは?

「新しいクレンジングを使って乾燥肌になってしまった」

「もともと乾燥肌で自分の肌に合うクレンジングが見つからない」

このような経験はありませんか?

クレンジング力の高いクレンジングは、肌に必要な油分を奪って乾燥肌の原因になる可能性がありますし、乾燥肌の人はクレンジングの刺激によって敏感肌に移行してしまうケースがあるので注意が必要です。

しかし、ひとくちにクレンジングと言っても種類も販売数もたくさんあるので、どのクレンジングが乾燥肌対策にぴったりなのかわからない人も多いとおもいます。

ここでは、乾燥肌の人にぴったり合うクレンジングの選び方や、クレンジングそのもののメリット・デメリットを詳しく紹介していきます。

乾燥肌や敏感肌を予防したい人も、ぜひ参考にしてください。

乾燥肌に合うクレンジングの選び方・ポイント

人の肌は、皮膚の角質層にあるNMFや細胞間脂質(保湿成分)と、肌表面にある皮脂膜によってうるおいが保たれています。

しかし、クレンジング力の高いクレンジングは皮脂膜を形成するために必要な皮脂を奪ってしまい、皮膚内にある保湿成分を流出させてしまうため乾燥肌になる可能性があります。

また、皮膚の保湿成分や皮脂膜が失われることで肌のバリア機能が正常に働かなくなると、紫外線などの外部ダメージの侵入を許してしまうため、すでに乾燥肌の場合は敏感肌に移行する可能性があります。

このような乾燥肌はクレンジング力だけが問題ではなく、肌に合わないクレンジングやクレンジングの誤った使い方によってもダメージが残るため、乾燥肌の人こそクレンジング選びは慎重に行わなければなりません。

まずは、乾燥肌にとって負担のかかりにくいクレンジングを選ぶにはどのようなポイントを押さえておけば良いのか、ひとつずつ解説していきます。

クレンジングオイルは乾燥肌に合わない?

クレンジング力の高いクレンジングほど乾燥肌になりやすくなる、という考え方は間違いではありません。

数あるクレンジングの中でも、クレンジングオイルは特にクレンジング力が高いため、乾燥肌の人に不向きという声もたくさん耳にすると思います。

しかし、クレンジング力が高いということはスピーディにメイクを落とすことができるというメリットを持ち合わせているため、短時間でメイクを落とせば肌に必要な油分を奪われることもありません。

逆に言えば、クレンジング力の弱いクレンジングだと肌になじませる時間が長くなりやすいので、かえって乾燥肌になってしまう場合があります。

また、オイルタイプ以外のクレンジングは、油性のメイク汚れを浮かせるために多量の界面活性剤が含まれている場合も。

「クレンジング力が高い=肌に悪い」と決めつけずにクレンジングを選ぶことがポイントです。

摩擦を軽減するために質感の厚いものを

クレンジングは使い方によって肌にダメージを残し、乾燥肌や敏感肌の原因となる場合あります。

一番気をつけたいのが、肌に対する摩擦です。

クレンジングを肌になじませる時に生じる摩擦で、健康な角質が剥がれたり、メラニンの生成を促してシミになる可能性があります。

摩擦を軽減するためには、手に力を入れないようにメイクオフすることも必要ですが、手と肌の間にクッションを作ることで摩擦を防ぐこともできます。

例えば、オイルタイプやリキッドタイプのように質感が薄いテクスチャーだと、手に力が入りやすくなるので摩擦ダメージを与えやすいです。

一方、ジェルタイプやクリームタイプのように質感の厚いテクスチャーだと、手と肌を直接触れさせずにメイクオフすることができるので、摩擦ダメージを軽減することができます。

クレンジングを選ぶ際は、商品情報や口コミなどを見てどんなテクスチャーなのか把握しておきましょう。

ダブル洗顔不要のクレンジングで乾燥肌をケア

洗いすぎによって乾燥肌になる場合がありますが、これは洗浄力によって肌のうるおいに必要な油分が奪われるという理由、そして洗顔とクレンジングを繰り返すことで肌に対する摩擦ダメージが増えるという理由があります。

クレンジングはもともとメイクのような油性の汚れを落とす役割があり、洗顔料は汗やホコリのような水性の汚れを落とす役割があるので、肌を清潔に保つためには両方必要かもしれません。

しかし、クレンジングのなかには油性と水性の汚れを両方落とす「ダブル洗顔不要」のタイプがあるので、必要以上に肌のうるおいが失われなくて済みます。

特に、刺激に弱い乾燥性敏感肌の人にとっては摩擦ダメージを避けることが大切なので、ダブル洗顔不要のクレンジングで肌をいたわりながらメイクオフしましょう。

※ダブル洗顔不要=洗顔をする必要がないという意味

保湿成分配合で洗い上がりしっとり

洗顔やクレンジングをした後に肌が突っ張ってしまうのは、アイテムのせいではなく肌のバリア機能が低下しているサイン。

乾燥肌や乾燥性敏感肌の人は、保湿成分を豊富に配合しているクレンジングを選ぶことがポイントです。

保湿成分といっても水分を注ぐ性質をもつ成分や、水分をキープする成分など種類はさまざま。

乾燥肌の人は角質層の水分が減少しているので、セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンのように水分保持に働く成分を配合したクレンジングを選ぶと良いでしょう。

ただし、洗い上がりのしっとり感はあくまでクレンジングに含まれている油分や保湿成分が肌に残っているだけなので、クレンジング後は保湿アイテムで丁寧にスキンケアすることが大切です。

無添加タイプのクレンジングでダメージ予防

乾燥肌の人は肌のバリア機能が低下しているので、クレンジングの成分によって刺激を感じ、敏感肌になる可能性があります。

そのためにも、肌に負担となる合成界面活性剤や防腐剤、着色料などの化学成分をカットした無添加のクレンジングを選ぶようにしましょう。

無添加と言ってもメーカーによって定義がさまざまですし、クレンジングにはタイプに限らず界面活性剤が使用されているので、完全な無添加というアイテムは存在しません。

選び方のポイントとしては、できるだけ無添加の項目が多いかどうかをチェックすること。

また界面活性剤の中でも、肌に対する刺激が強い石油系界面活性剤や合成界面活性剤を使用していないクレンジングを選ぶと良いでしょう。

角質ケアが同時にできるクレンジングは安心?

クレンジングのなかには、メイクと一緒に毛穴を塞ぐ角栓を落としたり、角質ケアが同時にできると謳っているアイテムがあります。

機能性に優れているのは魅力的ですが、乾燥肌の人にとって負担がかからないかどうか心配に思いますね。

乾燥肌の中でも、くすみやごわつき、古い角質によって肌の透明感が失われている場合は角質ケアが同時にできるクレンジングを選んでも良いです。

しかし、誤った角質ケアで肌の健康な角質を奪ってしまう場合があるので、くすみやごわつきが気にならない人は角質ケアができるクレンジングを選ぶ必要はないでしょう。

基本的に、乾燥肌の人は半年に1回が角質ケアの目安です。

また、角質ケアができるクレンジングには拭き取るタイプも多いので、摩擦ダメージに弱い乾燥性敏感肌の人は避けてください。

クレンジングのメリット・デメリット(タイプ別)

クレンジングには、オイルタイプやジェルタイプなどさまざまなタイプがありますが、それぞれのメリットやデメリットを知っておくことで自分の肌に合うクレンジングを見つけることができます。

特に、乾燥肌の人は洗浄力だけではなくテクスチャーにも注目です。

ここでは、主な5タイプのクレンジングについてメリット・デメリットを開設していきます。

オイルタイプのメリット・デメリット

オイルタイプのクレンジングは洗浄力がとても高いので、落ちにくいポイントメイクも一度に落とすことができます。

短時間で落とすことができるので、適切な使い方で乾燥肌を守ることができますが、もともと肌に対する刺激が強いタイプなうえ、肌の上を滑るようなテクスチャーで手に力が入りやすくなってしまうため、乾燥性敏感肌の人にはおすすめできません。

オイルタイプのクレンジングを使用した後は、スキンケアで水分をたっぷり与え、油分で蓋をしてあげてください。

ジェルタイプのメリット・デメリット

ジェルタイプのクレンジングは、使用感がさらっとしておりベタつかないのが大きなメリットです。

また、粘度が高いので手と肌の間でクッションを作りことができ、肌の摩擦を軽減しながら乾燥肌をいたわることができます。

しかし、クレンジングが肌になじむまで時間がかかるため、手のひらでなじませてジェルを柔らかくさせましょう。

またジェルタイプのクレンジングには、油分が含まれているタイプと油分がまったく含まれていないタイプの2種類があります。

オイルフリーのクレンジングジェルは洗浄力が低めです。

乾燥肌の人でメイクをしっかり落としたい人は、油分を含んだクレンジングを選びましょう。

リキッドタイプのメリット・デメリット

リキッドタイプのクレンジングはオイルフリーなので、肌がベタつきません。

また、クレンジング力が高いので落ちにくいメイクもしっかり落とすことができます。

しかし、コットンに含ませて使う拭き取りタイプが多いため、規定量より少なめに使用したりコットンの繊維によって乾燥肌が悪化することも。

もったいぶらず、クレンジングの使用量は規定量を守ることがポイント。

コットンも、綿100%で肌ざわりがふっくらしたタイプを選んでください。

ミルクタイプのメリット・デメリット

クレンジングミルクは、肌に対する負担がもっとも少ないタイプです。

界面活性剤の配合量も少なく、油分よりも水分の量が多いのでさらっとしたテクスチャーが大きなポイントです。

しかし、クレンジング力が弱いのでポイントメイクやしっかりめのメイクが落ちない場合もあります。

落ちにくいポイントメイクは、ポイントメイクリムーバーを併用するのがおすすめです。

クリームタイプのメリット・デメリット

クリームタイプのクレンジングは、こっくりしたリッチなテクスチャーでクレンジング後も肌のしっとりさが続きます。

しかし、意外にもクレンジング力が強めなので、乾燥性敏感肌の人にとっては負担になる場合も。

メイクをなじませてすぐ洗い流すようにすれば乾燥肌でも問題なく使用することができます。

また、クリームタイプとはいえ用途はメイク落としなので、マッサージしながら使わないように注意してください。

乾燥肌の状態に合わせてクレンジングを選ぼう

クレンジングのタイプで優劣がはっきり分かれているわけではありませんが、乾燥肌の状態に合わせて選ぶことで肌のダメージを軽減することができます。

たとえば、季節的に乾燥してしまうような一般的な乾燥肌の場合、スピーディに落とせるリキッドやオイル、なめらかなミルクタイプがおすすめです。

一方、刺激に弱い敏感性乾燥肌の人は、ミルクやクリームのように油分を配合したクレンジングを選んでみてください。

アトピー性皮膚炎による乾燥肌の場合は、できるだけ化学成分をカットした無添加タイプを選ぶと良いでしょう。

乾燥肌クレンジングおすすめランキング2017

数あるクレンジングの中でも、刺激が少なく保湿成分を豊富に配合した乾燥肌クレンジングをおすすめランキング形式で紹介します。

タイプもそれぞれ異なるので、商品の特徴に注目してクレンジングを選んでみてください。

ザ クレンジングバーム

D.U.O. ザ・クレンジングバーム
出典:@cosme

D.U.O. ザ・クレンジングバーム

評価:★★★★ (4.9)
定期コース初回限定
1,800円(税別)
通常価格
3,600円(税別)
ブランド名
D.U.O.
内容量
90g(約1カ月分)
特長
保湿成分などエイジングケアに適した24種類の天然エキスとビタミンC,Eなど合わせて31種類の美容成分を高配合。ナノマトリクス構造の特殊カプセルは伸縮性にも優れており、ソフトスクラブ効果を発揮。W洗顔不要。クレンジング、洗顔、角質ケア、マッサージ、トリートメント、エイジングケアがトータルに行える。鉱物油、石油系界面活性剤、合成香料不使用

D.U.O.の「ザ クレンジングバーム」は、31種類の美容保湿成分を配合した乾燥肌向けのクレンジングバームです。

取り出すときは固形のバーム状になっているクレンジングですが、肌に乗せるとトロりとしたクリームに変化。

心地よいテクスチャーとローズ精油の香りで、メイクを落としながらリラックス効果を得ることができます。

また、肌にうるおいをもたらすナノヒラルロン酸やナノセラミドなどの美容保湿成分を豊富に配合しており、乾燥肌をいたわります。

ダブル洗顔不要なので、洗いすぎによる乾燥肌を防ぎたい人にもおすすめです。

実際に試した方の口コミ

30代

バームタイプのクレンジングは初めてでしたが、肌に乗せるととろけるように伸びるテクスチャーが気に入りました。

それに、軽く馴染ませただけで強力なメイクがキレイに落ちるし、洗い上がりもしっとりするので乾燥肌の私でも安心して使えます。

20代

ネットの口コミが気になって乾燥肌向けのデュオのクレンジングバームを購入。

ダブル洗顔しなくていいから手軽だし、乾燥肌にやさしい使用感で助かります。

また、メイクが落ちるだけじゃなく、使うたびに透明感を感じることができてラッキーです。

WEB限定で最安値で試す方法

ザ クレンジングバームは、デュオの公式オンラインショップで購入することができます。

初めて購入する場合、公式オンラインショップの定期コースの利用で半額の1,800円(税抜)になるキャンペーン割引が適用になるのでおすすめ。

2回目以降も20%オフで購入し続けることができますし、初回に限らず送料もかからないのが嬉しいポイント。

スキンケアサンプルのプレゼントもあるので、メリットが満載です。

さらに、お得なポイントサービスも実施しており、会員ランクに応じて割引を受けることができます。

定期コースの利用はもちろん、単品購入を希望する人もぜひ公式オンラインショップを利用してみてください。

つつむジェントルクレンジング

つつむ ジェントル クレンジング
出典:@cosme

つつむ ジェントル クレンジング

評価:★★★★ (4.8)
トライアルセット
1,470円(税込)
公式サイトを見る
通常価格
2,376円(税込)
ブランド名
ディセンシア
内容量
100g(約1.5~2カ月分)
特長
角層保護成分クパス(テオブロマグランジフロルム種子脂)配合、アルコール不使用、香料不使用

DECENCIAの「つつむジェントルクレンジング」は、乾燥肌や乾燥性敏感肌向けに開発されたクリームタイプのクレンジングです。

肌に刺激となるアルコールや合成香料は使用しておらず、皮膚科医による立会いテストに承認しているクレンジングなので、乾燥肌はもちろんデリケートな敏感肌にもぴったり。

肌になじませると、トロりとしたオイルのような質感になるのが大きな特徴で、手と肌のクッションとなって摩擦ダメージを防ぎます。

また、角質を保護するクパスという天然油を使用しているので、洗い上がりも肌のしっとりします。

実際に試した方の口コミ

30代

見た目からしてカサカサが目立ってしまう乾燥肌でしたが、ディセンシアのクレンジングは洗い上がりもうるおうし刺激を感じないので安心して使い続けることができます。

同シリーズの石鹸を一緒に使うと、乾燥肌なのに肌の透明感がアップするのでおすすめですよ!

20代

乾燥肌対策の化粧水目的でトライアルセットを注文。

もちろん化粧水のしっとりさも気に入ったけど、驚いたのはクレンジングクリームの使用感でした!

力を入れなくてもメイク汚れが浮き上がるようになって落ちるし、洗い流してもしっとりさが続きます。

WEB限定で最安値で試す方法

通販限定商品のつつむジェントルクレンジングは、DEENCIAの公式オンラインショップで購入することができます。

なかでも、最安値で試したいなら「14日間トライアルセット」の購入がおすすめです。

トライアルセットは、クレンジングをはじめ洗顔やスキンケア一式がすべて揃って1,470円(税込)というリーズナブルな価格設定。

さらに、30日間の返品保証がついているので、万が一肌に合わない場合でも安心です。

2回目以降の購入も、公式オンラインショップの定期会員になれば常に10%オフの割引が適用になります。

初めての人はもちろん、継続して購入したい人も公式オンラインショップを利用してみてください。

モイスティシモ クレンジングクリーム

モイスティシモ クレンジングクリーム
出典:@cosme

モイスティシモ クレンジングクリーム

評価:★★★★ (4.5)
トライアルセット
3,456円
公式サイトを見る
通常価格
3,780円(税込)
ブランド名
POLA
内容量
120g(夜使用で約100日分)
特長
高保湿クレンジング、ジェントルフローラルの香り、低刺激性、アレルギーテスト済み

POLAの「モイスティシモ クレンジングクリーム」は、乾燥肌や敏感肌に優しい低刺激性のクレンジングクリームです。

天然由来の保湿成分であるサクラエキス、そしてオウレンエキスを配合しているので、乾燥して剥がれ落ちそうになっている角質を整えながら乾燥肌をケアし、うるおいに満ちた肌質へ導きます。

また、クリームタイプでありながら肌になじませるとトロりとしたオイル状になるので、なめらかな使用感で心地よくメイクオフすることができます。

安く購入したいならクレンジングを含む、「2週間トライアルセット」が3,456円(税込)で販売されているのでおすすめです。

WEB限定で最安値で試す方法

20代

夏場だからしっとりしすぎるクリームクレンジングはちょっと…と思っていたのですが、モイスティシモのクレンジングはクリームのようにしっとりしすぎず、オイルクレンジングのような質感になるのでお気に入りです。

メイクも落ちるし、乾燥肌がひどくなることもありません。

乾燥肌クレンジング 特徴別おすすめ

ランキングで紹介したクレンジング以外にも、ジェルタイプやクリームタイプ、プチプラで試せる乾燥肌クレンジングなどがあります。

テクスチャーの好みや特徴を比較して、あなたの肌にぴったり合うクレンジングを探してみてください。

ジェルタイプの乾燥肌クレンジング

リ・ダーマラボ モイストジェルクレンジング

リ・ダーマラボ モイストゲルクレンジング
出典:@cosme

リ・ダーマラボ モイストゲルクレンジング

評価:★★★★ (4.5)
価格
2,848円(税別)
初回注文限定特典
1本購入でもう1本プレゼント
公式サイトを見る
ブランド名
リ・ダーマラボ
内容量
150g
特長
毛穴対策、99.3%美容液成分、7つの無添加、W洗顔不要、こんにゃくスクラブ配合、医師監修コスメ

「リ・ダーマラボ モイストジェルクレンジング」は、毛穴の悩みにアプローチする4つの植物成分を配合したジェルタイプのクレンジングです。

ほうれい線の原因になりうる毛穴のたるみをキュッと引き締めるため、メイクオフと同時にスキンケア効果が期待できます。

このほかにも、スーパーヒアルロ酸やアミノ酸をはじめとする24種類の美容成分を配合しており、乾燥肌をいたわりながら美しい素肌を引き出します。

公式オンラインショップで購入すれば、1本分の価格でもう1本プレゼントされるキャンペーンを行っているので、ぜひ利用してみてください。

20代

リダーマラボのクレンジングを使うと、毛穴が目立たなくなると同時に肌のうるおい力がアップしたように感じます。

洗い上がりもしっとりもちもちするし、乾燥肌にやさしいジェルタイプなので摩擦ダメージもありません。

ウォータークレンジングジェル

フェヴリナ ウォータークレンジングジェル
出典:@cosme

フェヴリナ ウォータークレンジングジェル

評価:★★★★ (4.4)
特別価格
3,024円(税込)
公式サイトを見る
通常価格
4,104円(税込)
メーカー名
フェヴリナ
ブランド名
NANO ACQUA(ナノアクア)
内容量
200g(1回の使用目安:500円玉大)
特長
取り出しやすいチューブ型、保湿成分ヒアルロン酸・ホホバ葉エキス配合、合成界面活性剤不使用

FAVORINAの「ウォータークレンジングジェル」は、乾燥肌に負担のかかるアルコールや石油系界面活性剤をカットしたクレンジングです。

アミノ酸の働きを利用して汚れを浮かせるので、肌を傷つけることなくメイクオフすることができます。

また、保水力に優れているヒアルロン酸や、肌を保護するホホバ葉エキスを配合しているので、メイクオフと同時に肌にうるおいを与えます。

公式オンラインショップなら、通常4,104円(税込)が3,024円(税込)で購入することができるのでお得。

初めて試してみたい人は、公式オンラインショップを利用してみてください。

30代

オイルクレンジングだと肌が突っ張るけど、このウォータークレンジングは肌に必要な潤いを残してくれるから、私みたいな乾燥肌でも安心して使えます。

アルコールやパラベンなども含まれていないから、デリケートな肌質におすすめですよ。

プチプラで試せる乾燥肌クレンジング

肌ナチュール リッチモイストクレンジング

肌ナチュール リッチモイストクレンジング
出典:@コスメ

肌ナチュール リッチモイストクレンジング

評価:★★★★ (4.5)
初回限定お試し価格
1980円(税別)
公式サイトを見る
通常価格
3,980円(税別)
メーカー名
Waqoo
ブランド名
肌ナチュール
内容量
95g
特長
2in1タイプ、53種類の自然派美容成分配合、ダブル洗顔不要

「肌ナチュール リッチモイストクレンジング」は、炭酸による泡でメイクや毛穴の汚れを取り除くクレンジングです。

炭酸には皮脂や古い角質などのたんぱく汚れを吸着する作用があり、細かな気泡が毛穴に入り込むことで通常の洗顔やクレンジングでは落とせない毛穴汚れを落とす効果が期待できます。

また、オイルフリーなので必要以上の皮脂を奪わず、乾燥肌を防ぎます。

クレンジング以外にも炭酸パックとして使用できる機能性が魅力ですが、軽度な乾燥肌はともかく乾燥性敏感肌の人にとっては炭酸が刺激になる可能性もあるので注意しましょう。

20代

炭酸クレンジングを使うようになって、肉眼でもはっきりと目立ってた毛穴汚れが目立たなくなりました。

素肌にも自信を持つようになれたし、オイルフリーなので乾燥肌にぴったりですよね。

定期プランならコスパもいいからお得です!

角質ケアも同時に出来るレンジング

オージオ水クレンジング

オージオ水クレンジング
出典:@cosme

オージオ水クレンジング

評価:★★★★ (4.8)
通常価格
2,200円(税別)
公式サイトを見る
メーカー名
オージオ化粧品
内容量
250ml
特長
オイルフリー、拭き取りタイプ、抗炎症成分配合

OZIOの「オージオ水クレンジング」は、メイク落としと角質ケアが同時にできるふきとりタイプの水クレンジングです。

メイクと一緒に古い角質を優しく取り除くことで、くすみやごわつきを解消して肌に透明感をもたらします。

さらに、肌荒れ防止成分や保湿成分を豊富に配合しており、メイクを落としながら保水成分(セラミド)を補うことができます。

ダブル洗顔・洗い流し不要なので旅行先でも便利。

オイルを使用していないので、まつげエクステンションをしている人でも使うことができます。

30代

ふきとりクレンジングって乾燥肌に合わなさそう…と思っていたのですが、オージオ水クレンジングなら厚手のコットンにヒタヒタに浸せば問題無し。

軽くふき取るだけで強力なメイクもサッと落とすことができます。

乾燥肌でも使うたびに肌が柔らかくなるので感動しますよ。

30代

オージオ水クレンジングは、乾燥肌なのにくすみが気になる私の肌と相性がぴったり。

アルコール不使用だから乾燥肌でもピリピリしないし、保湿成分がたくさん含まれているからふきとり後の肌がみずみずしくてしっとりします。

これからもリピしたいと思います!

乾燥肌をいたわるクレンジングの使い方

ダメージを受けやすい乾燥肌だからこそ、クレンジングの選び方だけではなく使い方にも意識して欲しい点があります。

ここでは、乾燥肌をいたわるクレンジングの使い方について3つのポイントを紹介します。

落ちにくいメイクはポイントメイクリムーバーを併用する

クレンジング力の高いものは乾燥肌になりやすいですが、乾燥肌をいたわりつつ落ちにくいファンデーションや目元のメイクをどうやって落とそうか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

メイクはもちろん、顔の部位によって皮脂量が異なるため、パーツに合わせて異なるクレンジングを使い分けるのがもっとも理想的です。

落ちにくいコスメを使用している場合は、クレンジングを使う前にポイントメイクリムーバーであらかじめ落としておきましょう。

また、ポイントメイクリムーバーを使うほどではないけど、アイラインやアイブローを手直ししたいときには、オイルを染み込ませた綿棒で簡単に落とすことができます。

一度試してみてください。

洗い流す前に一度乳化させる

クレンジングを洗い流す前に、一度手を濡らして顔になじませてみてください。

すると、クレンジングが白濁して〝乳化状態〟となるため、水やぬるま湯でメイクがしっかり落ちやすくなります。

クレンジングの多くは、肌になじませるときに水分と油分の関係が逆転し、油分が水分を包んでメイク汚れを浮かせます。

しかし、乳化をすることで再度水分と油分の関係が逆転するので、水分が油分をつつんで洗い流しやすくすることができるのです。

クレンジングは30秒から1分を目安に洗い流す

クレンジングをしている最中は心地よい気分になりますが、長時間のクレンジングで肌に必要な油分が奪われると、かえって乾燥肌の症状を悪化させてしまいます。

クレンジングを肌になじませるときは、30秒から1分を目安にしてスピーディに洗い流しましょう。

それでもメイクが落ちない場合は、ポイントメイクリムーバーの併用やライトなメイクを意識してください。

まとめ

乾燥肌は紫外線などの外的ダメージを受けやすいので、肌に負担のかからないクレンジングの選び方や使い方を意識しなくてはなりません。

数あるクレンジングのなかから洗浄力やテクスチャーに注目して、乾燥肌向けのクレンジングを見つけ出してくださいね。