乾燥肌向け洗顔料おすすめランキング2017|乾燥肌をいたわる成分や洗顔料の選び方とは?

「洗顔した後に化粧水をつけると肌がピリピリする」

「洗い上がりがつっぱらない洗顔料ってないのかな?」

「乾燥肌だから肌に優しい洗顔料が欲しい」

…このように、毎日の洗顔や肌の乾燥トラブルに悩みを持っている人は多いのではないでしょうか。

洗顔料は、水やぬるま湯では落とすことのできない皮脂よごれや汗を綺麗に落としてくれるアイテムですが、なかには洗浄力が高い洗顔料もあり、肌に必要な水分や油分が失われて乾燥肌になってしまうケースも珍しくありません。

また、洗顔後に肌がピリピリした刺激を感じる人は肌のバリア機能が低下しているサインなので、洗顔料選びや洗顔方法を見直す必要があります。

今回は、乾燥肌向けの洗顔料について詳しく解説していくので、洗顔料選びや肌の乾燥に悩んでいる人はぜひチェックしてください。

乾燥肌向け洗顔料の選び方

洗顔料と言っても、固形石鹸から洗顔フォーム、ポンプを押せば泡が取り出せるタイプなどさまざまな種類がありますね。

乾燥肌の場合、皮脂の分泌量や角質層の水分量も少ないため、できるだけ洗浄力の弱い洗顔料を選ぶ必要がありますが、洗顔料のパッケージには洗浄力の強弱が記載されているわけではありません。

「結局、乾燥肌向けの洗顔料はどう見分けたら良いの?」と疑問を持たれるかもしれませんが、洗浄剤として使用されている成分や保湿成分などをチェックすることで、乾燥肌に合うかどうか洗顔料を見分けることができます。

ここでは、乾燥肌向けの洗顔料を選ぶポイントについて詳しく紹介します。

石油系界面活性剤を使用していない洗顔料

洗顔料には、石油系界面活性剤を使用しているものがたくさんあります。

界面活性剤とは、水やぬるま湯で落とせない油性の汚れを落とすために配合されている成分なのですが、石油系界面活性剤を使用した洗顔料は脱脂力が高く、肌に必要な皮脂を奪ってしまうので乾燥肌には不向きなのです。

一概には言い切れませんが、通販の洗顔料と市販の洗顔料を比べると、市販の洗顔料のほうが石油系界面活性剤が多く含まれている傾向にあります。

なぜなら、石油系界面活性剤はコストが低く大量生産することが可能だからです。

洗顔料には多かれ少なかれ界面活性剤が使用されているものですが、乾燥肌の人は「石油系界面活性剤不使用」と記載されているか確認し、レシチンやサポニンのような自然由来の界面活性剤や合成界面活性剤を使用した洗顔料、また天然の洗浄成分である高級脂肪酸を配合した乾燥肌向け洗顔料を選びましょう。

油性の保湿剤を多く含む洗顔料

数ある洗顔料の中でも、洗浄剤だけではなく保湿成分を豊富に配合した洗顔料に注目しましょう。

乾燥肌の場合、皮脂に近い性質を持つスクワランや、保湿はもちろん肌のコンディションをサポートしてくれるホホバ油など天然の油性保湿剤がおすすめです。

このような油性保湿剤は、皮脂膜の代わりとなって肌のうるおいを逃さない働きがあります。

皮脂膜とは、皮脂腺から分泌される皮脂と汗腺から分泌される汗が混ざり合ってできた天然の保湿クリーム。

角質層のNMF(天然保湿因子)や細胞間脂質が外に逃げないように蓋をすることで、乾燥肌をいたわることができます。

「洗い流してしまうと意味がないのでは?」と思われるかもしれませんが、こうした油性の保湿剤やセラミドを配合した洗顔料は、うるおいを失いにくくするという調査結果もあるほどです。

特に、乾燥肌や敏感肌の人は皮脂の分泌量が少なく皮脂膜が形成されにくい状態になるので、油性の保湿剤を配合した乾燥肌向け洗顔料を使用して肌のうるおいを守りましょう。

肌のバリア機能をサポートする洗顔料

洗顔料を使用したあとに肌がつっぱってしまった経験はありませんか?

実は、洗顔後は肌が一時的に弱酸性からアルカリ性に傾くため、肌がつっぱるのはごく当たり前のことなのです。

また、洗顔後に肌がつっぱっても、健康な肌質であれば時間をおいて自然に弱酸性に戻るので、心配することはありません。

しかし、肌がつっぱるだけではなくピリピリした刺激を感じるようなら、肌のバリア機能が低下しているサインです。

肌のバリア機能とは、紫外線や細菌など外的ダメージの侵入をブロックする働きを言い、角質層のNMFや細胞間脂質、肌表面の皮脂膜によって機能しています。

しかし、乾燥肌や敏感肌の人は皮脂の分泌量が少ないため、角質層のNMFや細胞間脂質が失われやすく肌のバリア機能が低下しがちに。

洗顔料によって肌に必要な皮脂や水分が失われたら、肌のバリア機能はますます働かなくなって肌ダメージを受けやすくなります。

肌のバリア機能をサポートするためには、NMFや細胞間脂質、皮脂膜に似た性質を持つ成分を配合した洗顔料がおすすめです。

セラミドやスクワラン、アミノ酸を配合した乾燥肌向け洗顔料を使用して、肌のバリア機能低下を予防しましょう。

肌の保水力をキープする洗顔料

乾燥肌や敏感肌の場合、肌内部の水分量が少ないことで肌表面がカサカサしたりくすみがちになります。

そこで、肌の保水力をキープする成分を配合した洗顔料を選んでみましょう。

例えば、ヒアルロン酸やコラーゲンは私たちの肌も存在する成分ですが、洗顔料に配合されているヒアルロン酸やコラーゲンには肌内部の水分を抱え込んでキープする性質があります。

また、ライスパワーNo.11のような有効成分には、厚労省から「水分保持能の改善」の効果が認可されているのでチェックしてみてください。

また、細胞間脂質に似た性質を持つセラミドや、NMFに近い性質を持つアミノ酸も肌の保水力をキープする働きがあります。

化粧品に配合されている保湿成分はひとくくりにして考えがちですが、水分量の少ない乾燥肌だからこそ保水力に優れた成分を配合している乾燥肌向け洗顔料を選びましょう。

メイク落としならダブル洗顔不要のクレンジングがおすすめ

メイクを落とすとき、クレンジングと洗顔料を立て続けに使うので、洗浄力の高さで肌が乾燥してしまうこともあります。

洗顔料としては、保湿剤を含むものや肌のバリア機能をサポートする成分を配合した乾燥肌向けの洗顔料を選ぶのがベストですが、メイクを落とすときだけはダブル洗顔不要のクレンジングを使用するのも良いでしょう。

ダブル洗顔不要というのは「洗顔をする必要がない」という意味。

洗いすぎによる肌の乾燥を防ぐことができるほか、物理的な摩擦ダメージが軽減できるので乾燥肌にとっていいことづくめです。

一回じゃ落ち切らないようなポイントメイクは、美容オイルを染み込ませた綿棒で手直しするだけで十分。

特に、クレンジングオイルやクレンジングリキッドのようなタイプは、脱脂力が高かったり界面活性剤の配合量が多いので、使い方によって肌が乾燥しやすくなります。

クレンジングや洗顔の繰り返しで肌が乾燥してしまう人は、ダブル洗顔不要のクレンジングを活用してみてください。

乾燥肌なら知っておきたい タイプ別洗顔料のメリット・デメリット

洗顔料にはたくさんの種類がありますが、種類によって洗浄力がある程度予測できたり、パッケージや広告では見つからないデメリットを見つけることができます。

ここでは、洗顔料のメリット・デメリットについて代表的な4タイプを紹介するので、乾燥肌に悩んでいる人は注目してみてください。

固形石鹸のメリット・デメリット

固形石鹸には、石鹸素地や脂肪酸だけを使用して作られた「純石鹸」と、さまざまな保湿剤を配合した固形石鹸があります。

石鹸素地や脂肪酸だけを使用して作られたシンプルな純石鹸は、石油系界面活性剤や保存料、着色料などの添加物を一切使用していない無添加石鹸なので、デリケートな乾燥肌にストレスを与えません。

しかし、保湿剤を含まないぶん脱脂力がとても高いので、水分や油分の少ない乾燥肌には不向きの石鹸と言えるでしょう。

その一方で、見た目が透明の洗顔石鹸は保湿剤の配合割合が多く、肌の乾燥対策にぴったり。

泡立ちがやや悪いのがデメリットですが、マイルドな洗浄力で乾燥肌をやさしくいたわります。

洗顔フォームのメリット・デメリット

チューブタイプの洗顔料は中身が取り出しやすく、保管するにも衛生的。

泡立ちもクリィーミーなので、心地よい使用感で洗顔を楽しむことができます。

また、弱酸性からアルカリ性まで目的に応じてベースを選ぶことができるので、洗浄力がマイルドなものもあれば洗浄力が高いものも存在します。

デメリットを挙げるなら、界面活性剤や防腐剤などの添加物が多く配合されているという点です。

場合によっては添加物が肌に負担となる可能性もあるので、できるだけ添加物をカットした洗顔料を選ぶと良いでしょう。

エアゾール洗顔料のメリット・デメリット

エアゾールの洗顔料とは、いわゆるポンプ式で泡がそのまま取り出せるタイプの洗顔料です。

泡を作る必要がないので、手早く洗顔を済ませたい人にぴったり。

しかし、容器を含め製造コストが高いので、コスパが割高傾向になります。

また、固形の洗顔料や洗顔フォームと違い、成分が水で薄められているのもデメリットと言えるでしょう。

保湿効果やスキンケア効果に期待したいなら、他のタイプの洗顔料を選びましょう。

リキッド洗顔料のメリット・デメリット

化粧水のようなテクスチャーでみずみずしくさっぱり洗い流すことのできるリキッド洗顔料。

アルカリベースの洗顔料は刺激が強いので乾燥肌に不向きですが、弱酸性ベースの洗顔料を選べば洗浄力もマイルドになるので乾燥肌にぴったりです。

しかし、泡立てる必要がない反面、手が肌に触れやすく摩擦ダメージが起きやすくなる一面も。

肌のバリア機能が弱い敏感肌の人は、泡立ちが良いタイプの洗顔料を選びましょう。

乾燥肌向け洗顔料おすすめランキング2017 ベスト3

ここからは、乾燥肌にぴったりの洗顔料をランキング形式で紹介していきます。

口コミで評判、またお得に購入することができる洗顔料が多いので、洗顔料選びで悩んでいる人はぜひ参考にしてください。

オラクル エッセンシャル・クレンザー

オラクル エッセンシャル・クレンザー
出典:@cosme

オラクル エッセンシャル・クレンザー

評価:★★★★ (4.9)
トライアルセット価格
1,600円(税別)
公式サイトを見る
通常価格
4,000円(税別)
メーカー名
レクシア
ブランド名
オラクル
内容量
200g(使用目安:1~2プッシュ)
特長
毛穴汚れや古い角質を取り除く微粒子の天然クレイ配合、植物由来の美容成分配合、柑橘系のさわやかな香り

オラクルの「エッセンシャル・クレンザー」は、自然由来の天然クレイを豊富に含んだ乾燥肌向けの洗顔料です。

微粒子の天然クレイが毛穴の汚れや古い角質をキャッチするので、ごわつきやくすみを解消して透明感のある肌に導きます。

また、古い角質を取り除くことでクマザサエキスやキュウリ果実エキスなどの天然保湿成分が浸透しやすくなり、乾燥肌をいたわりながらうるおいを与えます。

乾燥肌に悩んでいる人はもちろん、毛穴汚れやくすみ、ごわつきが気になる人にぴったりの洗顔料です。

実際に試した方の口コミ

30代

オラクルの保湿石鹸を使うようになって肌がふっくらやわらかくなりました。

カサつきやゴワゴワ感もないですし、乾燥肌のカサカサした状態もだんだん目立たなくなってきて嬉しいです。

素肌に自信が持てる洗顔料ですね。

20代

毎日の洗顔が面倒だと思っていたけど、オラクルの洗顔料は濃密な泡で心地よく洗顔できるし、さわやかな香りに癒されるので毎日の洗顔タイムが楽しくて仕方ありません。

肌もやわらかくなって、化粧水の浸透が良くなったと思います。

乾燥肌に嬉しい自然由来の成分にこだわっているのも感動です。

WEB限定で最安値で試す方法

オラクルのエッセンシャル・クレンザーは、オラクルの公式オンラインショップやAmazon、楽天などで購入することができます。

そのなかでも、もっとも安い方法で試してみたいなら公式オンラインショップで販売されている「オラクル トライアルセット」がおすすめです。

洗顔料はもちろん、メイク落としから目元美容液、パックまで基礎化粧品7商品のお試しサイズがセットになっており、通常7,000円(税抜)相当が1,600円(税抜)で販売されています。

さらに、公式オンラインショップで本商品を購入する際は初回に限り10%オフの3,600円(税抜)で購入することができるのでお得。

初めての人も継続で使用したい人も、便利でお得な公式オンラインショップを利用してみてください。

米肌 肌潤石鹸

肌潤石鹸
出典:@cosme

米肌 肌潤石鹸

評価:★★★★ (4.7)
トライアルセット
1,500円(税込)
公式サイトを見る
通常価格
3,780円(税込)
ブランド名
米肌(MAIHADA)
メーカー
コーセープロビジョン
内容量
80g
特長
ライスパワーNo.11、濃密ホイップ泡、必要な潤いをきちんと残す「ブースターバブル」、無香料、無着色、鉱物油フリー、石油系界面活性剤フリー

米肌の「肌潤石鹸」は、保水力に優れた有効成分・ライスパワーNo.11を配合した乾燥肌向けの固形洗顔料です。

汚れを落とすのはもちろん、肌の保湿力やバリア機能をサポートする成分をバランス良く配合しているので、肌の水分量が少ない乾燥肌におすすめ。

また、不要な汚れを落としつつ肌に必要なうるおいを残してくれるので、肌のコンディションを整えて化粧水や美容液の浸透をサポートします。

無香料、無着色、鉱物油・石油系界面活性剤無添加でデリケートな肌をやさしくいたわる固形石鹸。

乾燥肌の人はもちろん、洗顔後のツッパリが気になる人やくすみ、ごわつき、毛穴汚れが気になる人にもぴったりです。

実際に試した方の口コミ

30代

米肌の乾燥肌向け洗顔料をトライアルでお試し。

きめ細かいクリーミーな泡立ちで、摩擦を起こさずに洗うことができます。

洗ったあとも肌がつっぱりませんし、化粧水がいつも以上に浸透しているような気がします。

今度は本商品を注文してリピしたいと思います。

40代

今までは毛穴に汚れが詰まったまま肌がくすんでいたので、いくら洗顔しても肌がキレイになる気がしませんでした。

でも、この乾燥肌用の洗顔を使うようになってから肌のくすみっぽさもなくなって、毛穴汚れが落ちやすくなりました。

私のような乾燥肌にもぴったりですね。

WEB限定で最安値で試す方法

米肌の肌潤石鹸は、コーセーの公式オンラインショップやAmazon、楽天などで購入することができます。

なかでももっとも安い方法で試したいなら、公式オンラインショップで販売されている「たっぷり14日間!豪華トライアル5点セット」がおすすめです。

洗顔料・化粧水・美容液・クリーム・シートマスクのお試しサイズがセットになって1,389円(税抜)で販売されているので、本商品を購入するよりも安く試すことができます。

また、本商品を購入する際は便利な「定期お届け便」がおすすめ。

定期お届け便に申し込めば、初回のお届け時に同じ商品をもう1品進呈されるので、1個分の値段で2個購入することができます。

トライアルセットや本商品を購入する際は、お得な公式オンラインショップを利用してみましょう。

つつむ ジェントルウォッシュ

つつむ ジェントル ウォッシュ
出典:@cosme

つつむ ジェントル ウォッシュ

評価:★★★★ (4.6)
トライアルセット特別価格
1,470円(税込)
公式サイトを見る
通常価格
1,944円(税込)
メーカー名
DECENCIA(ディセンシア)
ブランド名
つつむ
内容量
80g(約2~3ヶ月分)
特長
アトピー肌に優しい厳選した脂肪酸配合、無香料・無着色、泡切れの良い固形タイプ

DECENCIA(ディセンシア)の「つつむ ジェントルウォッシュ」は、デリケートな敏感肌や乾燥肌のために開発された固形の洗顔料です。

ホイップクリームのようなきめ細かい泡が肌表面を包み込み、不要な汚れや皮脂だけを落として肌のうるおいを守ります。

また、もっちりした泡の弾力で肌と手の摩擦を軽減するので、乾燥肌はもちろん肌荒れや大人ニキビに悩んでいる人にもぴったり。

同シリーズのクレンジングや化粧水、クリームや日中用クリームをラインで使うことで、乾燥肌をいたわりながらアンチエイジングが目指せます。

実際に使った方の口コミ

30代

ディセンシアの固形洗顔料は、洗い上がりがしっとりしていてつっぱらないので乾燥肌にとって嬉しい洗顔料です。

洗ったあとも肌がパリパリにならないし、ヒリヒリした刺激を感じることもありません。

季節の変わり目で肌が敏感になるときでも問題なく使えます。

20代

産後疲れで乾燥肌や肌荒れに悩まされていたのですが、ディセンシアのスキンケアを一式使うようになってから肌のコンディションも安定しています。

特に洗顔料は、ふわふわしたキメ細かい泡立ちで手に力を入れなくても汚れを落とすことができるし、洗ったあとの肌がとてもしっとりするのでお気に入りです。

WEB限定で最安値で試す方法

DECENCIAのつつむ ジェントルウォッシュは、通販サイト限定で販売されています。

なかでも、公式オンラインショップで販売されている「14日間トライアルセット」ならスキンケア一式がリーズナブルに試せるのでおすすめです。

トライアルセットなら、固形石鹸はもちろん、クレンジングやクリーム洗顔料、化粧水などのスキンケア7種類がセットになって1,470円(税込)。

送料もかからないので、お得に試すことができます。

また、30日間の返品保証がついているので万が一肌に合わない場合でも安心です。

さらに、洗顔料で簡単に泡が作れる「ふんわり洗顔ネット」がついているのも魅力的。

購入する際は、便利でお得な公式オンラインショップを利用してみてください。

乾燥肌向け洗顔料 特徴別おすすめ

乾燥肌向けの洗顔料には、プチプラで試せるものや敏感肌にもおすすめできる洗顔料などさまざまなタイプがあります。

ここでは、乾燥肌向けの洗顔料を特徴別で紹介していくので、それぞれの特徴や成分をチェックしてあなたの肌にぴったり合う洗顔料を探してみてください。

プチプラで試せる乾燥肌向け洗顔料

京美水エイジケア 洗顔フォーム

京美水エイジケア 洗顔フォーム
出典:@cosme

京美水エイジケア 洗顔フォーム

評価:★★★★ (4.5)
7日間トライアルセット特別価格
1,500円(税込)
公式サイトを見る
通常価格
2,000円(税別)
メーカー名
黄桜
ブランド名
京美水エイジケア
内容量
100ml
特長
肌のコンディションをサポートする日本酒・酒粕エキス・清酒TRXエキス配合、肌に透明感をもたらすビタミンC誘導体配合、石油系界面活性剤不使用

「京美水エイジケア 洗顔フォーム」は、肌のコンディションを整える日本酒や酒粕エキスなどを使用したフォームタイプの乾燥肌向け洗顔料です。

日本酒にはアミノ酸が豊富に含まれており、角質層のNMFに似た性質を持つことから肌の保水力をサポートして乾燥肌をいたわります。

また、肌に透明感をもたらすビタミンC誘導体や、肌にツヤをもたらす清酒TRXエキスなどの美容成分を豊富に配合しているので、乾燥肌のケアと同時にスキンケア効果が期待できます。

公式オンラインショップなら、7日間のトライアルセットが1,500円(税込)で販売されているのでとてもお得。

洗顔料を含むスキンケアが一式揃っていますし、送料もかかりません。

40代

年齢とともに肌の乾燥が気になってきたので、京美水のシリーズを使い始めました。

なかでも洗顔は、クリーミーな泡立ちで心地よく洗顔することができますし、乾燥肌でも洗い上がりがしっとりするのでおすすめです。

チューブだから、固形の洗顔料よりも扱いやすいのが嬉しいです。

敏感肌にもぴったりな乾燥肌向け洗顔料

ヒフミド ソープ

ヒフミド
出典:@cosme

ヒフミド <ソープ>

評価:★★★★ (4.4)
トライアルセット
980円
公式サイトを見る
通常価格
3,240円(税込)
メーカー名
小林製薬
内容量
80g
特長
ヒト型セラミドⅡ配合。ヤシ油、パーム油、パーム核油を原料とした100%植物性の石けん素地

小林製薬の「ヒフミド ソープ」は、デリケートな乾燥肌や乾燥性敏感肌のために開発された固形タイプの洗顔料です。

肌の保水力をキープしたり、バリア機能をサポートする3種の天然セラミドを配合しているのが特徴で、乾燥肌をいたわりながら肌にうるおいをもたらします。

また、原料には厳選した脂肪酸を使用しているので、肌に必要なうるおいをきちんと残してすべすべな肌に導きます。

公式オンラインショップでは、洗顔料やクレンジング、スキンケアアイテムが一式そろった「初回限定トライアルセット」を980円(税込)で販売しているので、お得に試したい人にもおすすめです。

30代

いろんな洗顔料を試しても肌に合わなかったのですが、ヒフミドの洗顔料だけは刺激を感じることなく使うことができました。

洗い上がりの肌がみずみずしく感じるので、自分が乾燥肌だっていうことを忘れてしまうくらい。

つっぱらないし、使うたびに肌の調子が良くなっている気がします。

クリィーミーな泡立ちの乾燥肌向け洗顔料

アルケミー ハイドロ リフレックス ウォッシング フォーム

アルケミー ハイドロ リフレックス ウォッシング フォーム
出典:@cosme

アルケミー ハイドロ リフレックス ウォッシング フォーム

評価:★★★★ (4.5)
トライアルセット特別価格
1,000円(税別)
公式サイトを見る
通常価格
3,000円(税別)
メーカー名
レクシア
ブランド名
アルケミー
内容量
120g(使用目安:アーモンド粒大)
特長
保湿成分・酵母発酵エキスVEGAL配合、取り出しやすいチューブタイプ、シトラス系の香り

アルケミーの「ハイドロ リフレックス ウォッシング フォーム」は、肌ざわりのいいクリィーミーな泡立ちが特徴の乾燥肌向け洗顔料です。

酵母発酵エキスVEGAL®などの保湿成分を豊富に配合しており、肌のコンディションを整えると同時に化粧水や美容液の浸透をサポートします。

公式オンラインショップでは、「アルケミートライアルセット」が1,000円(税抜)で販売されているので、最安値で試したい人におすすめ。

洗顔料はもちろんスキンケア一式が揃ったセットなので、積極的な保湿ケアにぴったりの内容になっています。

20代

アルケミーの洗顔料は、泡立ちがとてもクリーミーでなめらか!

シトラス系の香りだから、毎日の洗顔やお手入れが癒しタイムになっています。

洗顔したあとも、化粧水がスーッとなじんでいくのがわかりますし、肌がしっとりすべすべツルツルになるのでみんなにおすすめしたいです。

草花木果 ハリ肌洗顔フォーム・ゆず

草花木果 ハリ肌洗顔フォーム・ゆず
出典:@cosme

草花木果 ハリ肌洗顔フォーム・ゆず

評価:★★★★ (4.8)
販売価格
1,296円(税込)
メーカー名
キナリ
ブランド名
草花木果
内容量
100g(約100回分)
特長
植物成分のゆず種子エキス・ゆず果実エキス配合、ベースに関平温泉水を使用、取り出しやすいチューブタイプの洗顔料

草花木果の「ハリ肌洗顔フォーム ゆず」は、きめのあるもっちりした泡が特徴のフォームタイプの乾燥肌向け洗顔料です。

くすみやかさつきの原因となる古い角質を無理なく落とし、肌に必要な皮脂を残しながらクリアな肌へ導きます。

また、ゆず種子エキスやゆず果実エキスが肌にうるおいをもたらして、乾燥肌をやさしくいたわります。

サンプルセットなどのプレゼントが付いて1,296円(税込)で購入することができるので、ラインで試したい人にぴったりな内容になっています。

30代

ゆずの爽やかな香りが特徴の洗顔料です。

洗い上がりもつっぱらないし、肌の表面がすべすべになるので乾燥肌の私にとって嬉しいスキンケア効果だと思います。

ラインで使うと肌が本当にしっとりするのでおすすめですよ。

乾燥肌向け洗顔料の正しい使い方

乾燥肌に優しい洗顔料を使用していても、使い方を間違うことで角質が傷ついたり、逆に肌が乾燥してしまう場合もあります。

普段の洗顔方法を見直す意味でも、洗顔料の正しい使い方をチェックしておきましょう。

1. ぬるま湯で洗う

温度が高いと肌が乾燥しやすくなるので、ぬるま湯で予洗いしましょう。

適温は30℃くらいで、肌に触れるとちょっと冷たいと感じる程度がベストです。

2. 洗顔料を泡立てる

肌と手が直接触れると摩擦ダメージを起こしてしまうので、泡立てネットや泡立てカップを活用して洗顔料を泡立てましょう。

空気をよく含ませるようにすれば、泡がたくさん作れます。

3. 泡を顔に乗せる

皮脂の多いパーツから洗っていきます。

順番としては、Tゾーン→Uゾーン→その他のパーツです。

皮膚が薄くデリケートな目元や口元は、指先で泡を広げるようになじませるのがポイントです。

ゴシゴシ洗ったりせず、手に力が入らないようにしましょう。

4. 洗い流す

ぬるま湯をかけるようにして洗顔料を洗い流します。

手のひらでこすらないように注意し、泡が残りやすい生え際やフェイスラインも充分に洗い流しましょう。

5. 水気を拭く

最後は、タオルを軽く押し当てながら水分を吸わせます。

ゴシゴシ拭いてしまうとタオルの繊維で肌の角質が傷ついてしまうので注意してください。

乾燥肌向けの洗顔に関するよくある質問

乾燥肌に悩んでいる人の中には、「こういう洗顔方法って間違っているのかな?」「この洗顔方法は逆効果じゃないのかな?」と洗顔に対して不安に感じることも多いでしょう。

ここでは、乾燥肌向けの洗顔に関するよくある質問について回答していきます。

角質ケアをしても大丈夫?

肌のごわつきやくすみの原因になる古い角質。

ピーリングやスクラブ剤で角質ケアをすれば、古い角質を取り除いて肌の透明感をひきだすことができますし、化粧水の浸透が良くなるので結果的に乾燥肌をケアすることにもつながります。

ただし、乾燥がひどい状態やピリピリした刺激を感じる敏感肌の場合、半年に1回程度で止めておきましょう。

なかには、天然由来の成分で角質ケアができる洗顔料もありますが、角質ケアの頻度が高く習慣化してしまうと、肌の健康な角質が剥がれやすいので注意してください。

洗顔料は毎回使うべき?

最近ではメディアでも「ノー洗顔(水洗顔)」という美容法が注目を集めています。

洗顔料で肌に必要な油分や水分が失われるなら、はなから洗顔料を使用せずぬるま湯だけで顔を洗おうというのがノー洗顔の考え方です。

乾燥状態がひどい人や、季節の変わり目、冬で外気の乾燥がひどい時期は、朝の洗顔に限りぬるま湯で洗うだけで問題ありません。

肌の状態によっては洗顔料を使用しないほうがいい場合もあるので、ケースバイケースで対応していきましょう。

まとめ

乾燥肌にとって、肌の水分や油分を失わない洗顔料選びがとても大切です。

洗顔料にもさまざまなタイプがありますが、保湿剤を多く含むものや洗浄力がマイルドな洗顔料を選び、乾燥肌をいたわりましょう。