Iライン脱毛は濡れる?恥ずかしい体勢になる?サロンスタッフに聞いた本音

VIO脱毛をためらう女性にとって、施術中の恥ずかしさは大問題です。その一方で脱毛サロンのスタッフは、あなたが思うほど気にしていませんので安心してください。

アンダーヘアを整えたいという願いを叶えられないまま、自己処理に明け暮れる日々とはおさらばしましょう!

施術を受ける時恥ずかしい服装・体勢になるの?

VIO脱毛の体勢は、仰向けか横向きに寝た状態となります。

多くのサロンが紙ショーツを用意していますので、更衣室で履き替えましょう。その上から専用ガウンを着る場合と、自分の服を上だけ着ている状態の場合があります。始めの施術前に説明を受けますので、よく聞いておきましょう。

Vラインの施術は片足を立てる体勢

Vラインの場合片足ずつヒザを立て、外に軽く倒します。下着は履いたままで、少しずつずらしながら光を照射します。
この時、必要以上に下着をズラされ、丸見えになるという事は全くありません。

Iラインは両膝を立てて外に開く体勢

Iラインは、両膝を立て外に開く体勢です。このときも下着は履いたままですので、性器が丸見えとなる心配はありません。どうしても恥ずかしい場合は、横向きの状態で、足を少しずらす体勢でもOKです。サロンや担当するスタッフの方によっては、他の体制を提案してもらえる場合があります。戸惑わず、恥ずかしいということを伝えてOKです。

Oライン脱毛はうつぶせの体勢が多い

Oラインは、下着を脱いでうつぶせの施術が一般的です。高速施術を売りにしている脱毛サロンの場合エステティシャンの方が2人付き、1人がお尻を広げ1人が脱毛器を押し当てるという事もあるようです。他にも四つんばいの体勢、仰向けで両膝を抱える場合もあるようです。

どの体勢も恥ずかしさが最も気になりますが、数回受けるうちに慣れてしまう方がほとんどのようです。また、脱毛を受ける際はサングラスやゴーグルを付けていますので周囲も見えにくいので恥ずかしさもあまり感じないようです。

また、VIOラインはどうしても痛みを感じる方が多い部位でもありますので、そちらに気を取られて恥かしさどころではない!という事も多いようです。

もしオナラが出てしまったら?

脱毛中に心配なのが、オナラが出てしまうことです。脱毛器からの刺激でお腹に力が入り、プッと出てしまうケースは少なくありません。

いくら生理的なことであり、仕方のないことだと割り切っても、本人にとっては大変恥ずかしいものですが、スタッフの方にとっては慣れたもの。「すみません」と言えればベストですが、無かったことにしてリアクションしなくても全く問題ありません。

もし施術中に濡れてしまったら?

特にIラインの脱毛は性器周りに刺激を受け続けますので、その気が無いのに濡れてしまうこともあります。また、体調によっておりものが多目の日もあることでしょう。このような時も、全く気にする必要はありません。

スタッフの方は、ムダ毛だけでなくデリケートゾーンのしくみについても熟知した脱毛のプロです。また、同性ですので、性器の特性をよく知っています。
濡れるという事も、性器を守るための正常な反応ですので
アンダーヘアの脱毛は緊張するものですが、あまり不安に思わず、思い切ってお任せしてOKです。

また、サロンで使っている脱毛器によっては冷却用をジェルを塗るので、そのジェルによって分からない事もあります。

サロンスタッフが教える 本当にするべきアンダーヘア脱毛前の準備

一方、受け手があまり気づかないポイントとして、トイレットペーパーのカスが付いているというケースがあります。これから施術しようというときに、トイレットペーパーが付いているのは、仕事とはいえかなり気になるものです。

サロンスタッフさんも何度となくペーパーが付きっぱなしのお客さんに対応したことがあるんだとか。気持ちよく施術してもらうためにも、直前のお手洗いでは必ずウォシュレットを利用しましょう。

脱毛を受ける側の恥ずかしさも熟知しているのが、脱毛専門サロンのスタッフです。思い切って不安や心配を相談すれば、できる限りリラックスできるようさまざまな配慮をしてもらえます。最低限のエチケットとして、脱毛前のお手洗いではウォシュレットを使うようにしましょう。

Iライン脱毛口コミランキングの詳細はこちら

最新記事

  1. kobayashi
  2. bijiri
  3. seramu
  4. pc_isolacom_1
  5. lapi_illu_pc_2_bg

固定ページ

ミュゼプラチナム
※効果効能には個人差があります。
PAGE TOP