契約書

ミュゼプラチナム、エターナルラビリンスのスポンサー支援を発表!エタラビはこれで大丈夫?

8月24日にエターナルラビリンス(エタラビ)が9か月間に及ぶ新規勧誘業務の停止命令を受けて以降、エタラビは資金繰りの悪化が続いていましたが、ミュゼとスポンサー契約を行ったことでその状態の改善が見込めるようです。

今回発表された資料によりますと下記が合意内容になっています。

  • エタラビが不健全と指摘された内容の改善指導を行う
  • エタラビのスタッフは全てミュゼのスタッフとして再雇用
  • ミュゼで契約した場合にエタラビのサロンでも施術が出来るようにする

ミュゼの倒産危機を回避した実績から、エタラビも大丈夫そう?


現在ミュゼの親会社は株式会社RVHという会社で、経営不振による倒産騒動が騒がれていた2015年にミュゼを丸ごと買い取ることで倒産を回避したという実績があります。

今回のエタラビとのスポンサー契約は自社の脱毛サロン店舗数を増やす事業拡大を念頭に置いた動きとみられるため、安心して通い続けることが出来ます。

スタッフの教育もミュゼのマニュアルが使われるため、クオリティも保障されます。

業務停止の原因となったエタラビの経営体制も、ミュゼの経営体制へ一本化されることで健全な体制となるでしょう。

現在エタラビに通っている場合は通うサロンをミュゼに切り替えるのもあり

事実上、エタラビの倒産はこのスポンサー契約で回避されました

また、合意内容によればミュゼで契約した方がエタラビの店舗で施術できるようにしていくとありますので、現在ミュゼに通っている方は施術を受けられる店舗が増えるので今以上に予約が取りやすくなります。

逆に、エタラビに通っている方はエタラビの店舗でしか施術は受けられないので、現在の新規顧客が全く契約できていない現在の状態と比べると予約は取りにくくなるかもしれません。

数か月ごとにかけて行う脱毛では、一回施術を飛ばした場合に半年間脱毛が出来ないこともあります。予約の取りやすいサロンはその心配もなくムダになりません。

これを機会に、ミュゼへと施術するサロンを乗り換えてしまうのもオススメですよ♪
半額
ミュゼプラチナムの詳細はこちらへ

関連記事:業界激震!業務停止命令を受けた「エタラビ」と同じ制度の脱毛サロンは?

最新記事

  1. 123
  2. kin
  3. pc_belta
  4. ibiza
  5. manara-hotgel

固定ページ

ミュゼプラチナム
※効果効能には個人差があります。
PAGE TOP