ninshin-kenon-tukaeru

妊娠中や授乳中でもケノンなどの家庭用脱毛器を使っても大丈夫?

家庭用脱毛器は、妊娠・授乳期間には使用を控える方が安心です。直接的に赤ちゃんや母乳に影響することはありませんが、肌トラブルの元となる可能性があります。

ただし、毛が薄くなりにくいと感じることもありますので、赤ちゃんが卒乳後にケアすることをオススメします。

産前産後の使用を控えるよう勧めています

結論から言いますと、ケノンの取扱説明書では「妊娠中・授乳中の使用はお控え下さい」という注意書きがあります。

また、他の家庭用脱毛品も、出産前後の使用を控えるよう注意が書かれています。脱毛器は誰でも安心安全に使えるよう工夫されていますが、妊娠中や出産後のデリケートな時期は使用を控えたほうがよいでしょう。
脱毛器ケノン

赤ちゃんや母乳に影響はありません

akatyan-milik
しかし、家庭用脱毛器が赤ちゃんや母乳への悪影響はありません。

ケノンなどの家庭用脱毛器は、毛根の黒い組織に反応するよう作られています。妊娠中に使う、または授乳中に使っても、母乳に影響したり産後の回復を遅らせるようなことはありません。

脱毛器を産前産後に使わない方が良いのは、ママの肌にトラブルが起きやすく・脱毛効果が出にくくなる時期のためということを、知っておいてください。

妊娠中・授乳中は、肌トラブルが起こりやすい

akatyan-te
肌とホルモンバランスは深く関係しています。ホルモンバランスが大きく変化する妊娠中、授乳中は、これまでに無いトラブルが起こることがあります。

肌荒れが無くなるというラッキーな場合もありますが、一方で今までトラブルと無縁だった方が、ニキビ・手湿疹に悩まされるケースもあります。

毛深くなりやすく、薄くなりにくい状態なので無理をしない

この時期の女性に脱毛をオススメできない理由が、もう1点あります。ホルモンバランスにより、体毛が毛深くなるためです。

脱毛出力をアップさせても効果が実感できないことがありますので、出産前後の使用は避け、授乳期間まで終了したあとにケアを再開することをオススメします。

脱毛器はママの体に負担をかけることがあります。普段はトラブルなく使っていても、妊娠中・授乳中は思わぬトラブルが起きる時期です。使用を控え、授乳が終わってから使用しましょう。

脱毛器ケノン

最新記事

  1. kobayashi
  2. bijiri
  3. seramu
  4. pc_isolacom_1
  5. lapi_illu_pc_2_bg

固定ページ

脱毛器
※効果効能には個人差があります。
PAGE TOP