顔の黒ずみ対策おすすめランキング2017|黒ずみの原因やスキンケア・食生活における解消法

普段使用しているファンデーションの色が明るく感じたり、顔全体が黒くくすんでいるように見えることありませんか?

顔の黒ずみは、はたから見ると疲れて見えてしまうため場合によって老けた印象を持たれることも…。

そもそも、顔の黒ずみはなにが原因で起きてしまうのでしょうか。

また、適切なケア方法はあるのでしょうか。

今回は、顔の黒ずみを予防・解消に導くヒントをたくさんお届けします。

原因にきちんと向き合えば、セルフケアでも顔の黒ずみを改善に近づけることができますよ。

顔の黒ずみでお悩みの方はもちろん、アンチエイジングで美肌を目指す方もぜひご一読ください。

顔の黒ずみの原因とは

顔の黒ずみ、その正体はメラニン色素です。

メラニンとは、肌の基底層にある色素細胞(メラノサイト)から合成される物質で、本来は紫外線や物理的刺激などの外的ダメージから肌を守るために生成されます。

しかし、メラニンが合成される過程でチロシナーゼと呼ばれる酵素がメラニンを黒色化。

黒色メラニンは、約28日周期の肌のターンオーバー(新陳代謝)により角質細胞(古い角質)とともに垢となってはがれ落ちますが、加齢やストレスの影響でターンオーバーが停滞すると、黒色メラニンが肌に残り、顔全体の黒ずみが発生してしまうのです。

では、一体どのような場面でメラニンが発生してしまうのでしょうか?

顔の黒ずみの原因となるメラニンの発生原因についてまとめました。

紫外線によるメラニンの生成

紫外線を浴びると、肌本来の防御反応でメラニンが生成されるので、顔の黒ずみの原因となります。

しかし、紫外線による影響はメラニンの生成だけにとどまりません。

紫外線ダメージによって角層内の水分が蒸発すると、肌のバリア機能が失われるため、空気の乾燥や物理的刺激による外的ダメージを受けやすくなり、結果的にメラニンを生成しやすい環境を作り出してしまいます。

さらに、波長の長い紫外線が真皮に到達することで、肌のハリを支えるコラーゲンやエラスチンが破壊。

すると、肌のターンオーバーが乱れてしまい、生成されたメラニンが排出されず黒ずみとなって顔の表面に残るのです。

活性酸素によるメラニンの生成や代謝の低下

活性酸素は私たち人間が生きていく上で必要な酸素なのですが、増えすぎると体内の細胞を酸化させ、代謝を低下させるデメリットがあります。

さらに、活性酸素は日常生活におけるストレスや喫煙、紫外線の影響や激しい運動によって体内に増えていくため、無意識のうちに代謝が低下し、肌のターンオーバーが滞ります。

すると、排出されるべき黒色メラニンが肌に残ってしまうので、顔の黒ずみが現れるのです。

また、活性酸素はメラニンを作り出す色素細胞の働きを促します。

活性酸素の害から肌を守り、顔の黒ずみを予防するためには、抗酸化作用のある成分を体の内外から補うことがポイントです。

化粧品であればビタミンC誘導体やコエンザイムQ10など、食品であればほうれん草やパプリカ、モロヘイヤなどに抗酸化成分(ファイトケミカル)が豊富に含まれています。

肌の乾燥やアトピーによるかゆみ

肌の乾燥やアトピーによる影響で顔に黒ずみができてしまう場合があります。

肌が乾燥している人は角層内の水分量が少なく、肌のバリア機能が低下しがち。

肌のバリア機能とは、角層内の水分が満たされることで機能する肌本来の防御作用のようなもので、紫外線や物理的な刺激から肌を守ってくれます。

しかし、乾燥肌の方は皮脂分泌が少なく、肌に必要な皮脂が不足しているので、角層内の水分が蒸発し肌のバリア機能が弱っています。

さらに、乾燥によるかさつきや、アトピーによるかゆみで肌を掻きむしると、ダメージが蓄積されて角質が肥厚し、顔の黒ずみが発生してしまうのです。

顔の黒ずみを解消するのではなく、肌質を根本的に改善することも必要なので、十分な保湿ケアで肌のバリア機能を正常化させ、黒ずみを丁寧にケアしましょう。

ホルモンバランスや自律神経の乱れによるメラニンの生成

生理前や妊娠、出産、加齢などの影響でホルモンバランスが崩れてしまうと、顔の黒ずみができる場合があります。

通常、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロテスゲロン)の二つの女性ホルモンがバランス良く分泌されるのですが、生理前や妊娠などの影響で黄体ホルモンの分泌量が増えてしまいます。

黄体ホルモンは男性ホルモンに似た作用を持っており、皮脂を過剰に分泌させたりメラニンの生成を促すことから、顔の黒ずみの原因となるのです。

また、自律神経の乱れも黄体ホルモンと同様のことが言えます。

ストレスや緊張、寝不足によって交感神経の働きが優位になると、体内で活性酸素が増えメラニンが生成されやすくなります。

自律神経の乱れによる場合、肝機能や糖代謝の低下を知らせるサインかもしれないので、思い当たる方は医師の診察を受けましょう。

炎症後に起きる色素沈着

日焼けやニキビ、虫刺されなどで肌が炎症を起こしたあと、しばらく黒ずみが消えなかった経験はありませんか?

皮膚が炎症を起こすと、肌の防御反応によりメラニンが生成され、炎症がおさまったあとに色素が残る場合があります。

これが「炎症後色素沈着」と呼ばれるものです。

顔全体の黒ずみの場合は、ニキビや虫刺されのような部分的な色素沈着ではなく、日焼けによるサンタンであると考えられます。

サンタンは、強力な紫外線で肌が赤く炎症し、その炎症がおさまったときに肌が黒くなる現象のこと。

肌のターンオーバーによって解消することができるため、保湿や抗酸化作用のあるスキンケア用品で丁寧にケアを行い、十分な睡眠で代謝を促しましょう。

顔の黒ずみを予防・解消する方法

メラニンによる顔の黒ずみは、「肌のターンオーバーを正常化させること」「肌のバリア機能を整えること」そして「メラニンの生成を抑える」ことの3つを意識すれば、セルフケアでも予防・解消が期待できます。

この3つはすべて毎日のお手入れや生活習慣で実行できるものばかりです。

ここでは、顔の黒ずみを予防・解消するための対策について紹介していきます。

保湿ケアを重点的に行う

肌に潤いを与えることで、肌のバリア機能を正常化させるほか、肌のターンオーバーを促進してメラニンの排出に働きかけることができます。

毎日のスキンケアで、保湿成分が豊富に含まれた乳液やクリームを使用するようにしましょう。

たとえば、コラーゲンやヒアルロン酸など水分を抱え込む性質を持った保湿成分や、角層内で肌のバリア機能をサポートするNMF(天然保湿因子)や細胞間脂質に似た性質の保水成分を補うとよいでしょう。

NMFに似た性質を持っているのはアミノ酸やグリセリン、細胞間脂質に似た性質を持っているのはセラミドやレシチンが挙げられます。

また、乾燥肌や敏感肌の方は皮脂の分泌量が少ないです。

せっかくスキンケアアイテムで潤いを与えても、時間が経てば肌の外へ揮発してしまう可能性があります。

化粧水や美容液で補った保湿成分や水分を逃さないためにも、皮脂の代わりになるスクワランやホホバ油などの油性成分で肌表面に蓋をしてあげましょう。

メラニンの生成を抑える美白有効成分を補う

顔の黒ずみの正体はメラニンであるため、予防・解消を目指すためにもメラニンの生成を抑えるケアが必要です。

特に、薬用化粧品(医薬部外品)における美白有効成分は「メラニンの生成を抑えてシミやそばかすを防ぐ」効果が認められているので、黒ずみ対策にぴったり。

美白有効成分には、ビタミンC誘導体や水溶性プラセンタやトラネキサム酸などが挙げられます。

ビタミンC誘導体は黒色メラニンを排出する効果が期待でき、水溶性プラセンタは肌のターンオーバーを促す働きが。

そしてトラネキサム酸は、医療現場でも用いられている美白有効成分で、メラニンの生成を抑えることでシミやソバカスを防ぐ効果が期待できます。

いずれも共通してメラニンの生成を抑える効果が期待できるため、美白有効成分を配合したスキンケアアイテムで顔の黒ずみをケアしましょう。

定期的に角質ケアを行う

乾燥や摩擦による負担で古い角質が肥厚してしまうと、肌のターンオーバーが滞り、顔のくすみや黒ずみとなります。

週1回程度、古い角質を取り除くケアを行いましょう。

例えば、AHA(フルーツ酸)が配合されたピーリング剤や、パパイン酵素やスクラブが配合された洗顔料を活用することで古い角質を取り除くことができます。

また、普段の洗顔においても、毛穴の奥に詰まった古い角質や皮脂汚れを取り除きましょう。

この場合、ミネラルを豊富に含んだ天然泥や竹炭、米ぬかエキスなどを配合した洗顔料がオススメです。

ピーリングやスクラブ洗顔料の場合、極度な乾燥肌や肌荒れの目立つ敏感肌の方にとっては刺激が強い場合があるので、肌状態を見ながら判断してください。

刺激を極力なくしながら古い角質を除去したい、という方は泥パックがオススメです。

十分な睡眠をとる

顔の黒ずみの正体・メラニンは、自律神経の乱れによって生成される場合があるため、普段からストレスを溜めず十分な休息をとることも大切です。

特に、日頃から睡眠が足りていないと自律神経が乱れるだけではなく、代謝が滞って肌のターンオーバーに影響を与えるため、くすみはもちろん、さまざまな肌トラブルを招く可能性があります。

睡眠不足気味の方は、十分な睡眠をとって副交感神経を働かせましょう。

また、入眠時はメラニンの生成を抑えるメラトニンというホルモンが分泌されます。

メラトニンは日中に光をたくさん浴びることで分泌量が増えるといわれており、日中は外で活動的に過ごし、夜間は十分な睡眠をとる…このような規則正しい生活が、顔の黒ずみを予防・解消につながるのです。

規則正しい生活で自律神経を整え、肌トラブルを未然に防ぎましょう。

顔の黒ずみ対策アイテムランキング2017 ベスト3

ここからは、顔の黒ずみの予防・解消に働きかけるスキンケアアイテムをご紹介します。単品使いではなく、ライン使いによって効果的な黒ずみケアができることも。目的や肌質に合わせて選んでくださいね。

コーセー 米肌

米肌 潤い体感セット【14日トライアル】

評価:★★★★★ (5.0)
トライアルセット価格
1,500円(税込)
公式サイトを見る
ブランド名
コーセー
セット内容
肌潤石鹸 15g、肌潤化粧水 30ml、肌潤改善エッセンス 12ml、肌潤クリーム 10g、【非売品】肌潤化粧水マスク 1回分
特長
低刺激、高保湿、ライスパワーNo.11、ビフィズス菌発酵エキス、大豆発酵エキス、無香料、無着色、鉱物油フリー、石油系界面活性剤フリー

コーセーの米肌(まいはだ)は、乾燥によるかさつきや小じわをケアする保湿のスキンケアライン。

有効成分のライスパワーNo.11が、角層内の細胞間脂質の働きをサポートし、NMF(天然保湿因子)に似た働きを持つビフィズス菌発酵エキスを届けることで、肌のバリア機能が正常化します。

肌のバリア機能を整えることで、紫外線や物理的刺激などの外的ダメージから肌を守り、メラニンの生成抑制にアプローチ。

乾燥肌対策と顔の黒ずみ対策にぴったりです。

実際に使った方の口コミ

30代

アトピーのように肌がカサカサで黒ずみ、顔に化粧水をつけてもすぐにしみてしまうほどの敏感肌だったのですが、米肌のトライアルセットを試しただけで肌の乾燥が少しずつ改善されていくのがわかりました!

刺激もないですし、本製品を購入してリピしています。

20代

顔全体のかさつきや黒ずみが、米肌のシリーズで改善しました!

ただうるおいを届けてあげるだけではなく、肌のバリア機能も高めてくれるのがいいですね。

おかげさまで肌トラブルで悩むことも減りました!

WEB限定で最安値で試す方法

米肌は、コーセーの公式オンラインショップや楽天などで購入することができますが、初回から最も安い方法で試してみたい方は公式オンラインショップが大変便利。

公式オンラインショップなら、米肌のスキンケアアイテム一式がセットになったトライアルセットが1,500円(税込)で販売されているからです。

送料もかかりませんし、非売品のマスクもついてくるので、初めて米肌を試したい方にぴったり。

本製品を購入する際も定期お届け便を利用すれば、初回お届け時に同じアイテムがさらに1品ついてくるので、実質1品あたり半額で購入することができます。

ソワン

ソワン
出典:@cosme

ソワン

評価:★★★★ (4.8)
定期コース特別価格
4,377円(税別)
公式サイトを見る
通常価格
7,420円(税別)
メーカー名
コレクト
ブランド名
BIRAI
内容量
30ml(約1ヶ月分)
美容成分
30ml(約1ヶ月分)
特長成分
アーチチョーク葉エキス、ビタミンC誘導体、5つの毛穴収れん成分、発酵ローズはちみつ
特長
ビタミンC誘導体含む10種類の美容成分配合、香料・着色料・鉱物油・パラベン・アルコール不使用の無添加処方
  • 肌の再生能力を安定させて、肌の弾力性と保水能力を正常化するアーティチョーク葉エキス配合
  • 肌奥まで浸透し、肌の黒ずみを除去して透明感を与える低刺激ビタミンC誘導体配合
  • 天然ピーリング成分の発酵ローズはちみつ配合
  • 毛穴を引き締める収れん効果のあるクレマティスエキス、ヒバマタエキス、セイヨウキズタ葉茎エキス、スギナエキス、セイヨウナツユキソウ花エキス配合
  • 厳しく管理された国内工場で生産、無添加

ソワンは、有効成分のビタミンC誘導体を含む多彩な美容成分を配合した美容液。

毛穴用の美容液として販売されていますが、肌のターンオーバーを整えて黒色メラニンや古い角質の排出を促し、メラニンの生成を抑える成分が含まれているという点で、顔の黒ずみ対策にもお使いいただけます。

さらに注目なのが、天然マイルドピーリング。

天然のピーリング作用を持つ発酵ローズはちみつを配合しており、顔全体の黒ずみの原因である古い角質を優しく分離。

肌の透明感を取り戻します。

実際に使った方の口コミ

10代

彼氏に毛穴の黒ずみを指摘されて、ショックを受けながらもソワンの美容液を使い始めました。

すると、毛穴開きはもちろん顔全体の黒ずみもうっすらと消えていって、皮脂のベタつきや毛穴詰まりも起きなくなったのです!

今では手放せないほど、ソワンは私の強い味方です。

30代

顔の黒ずみやキメの乱れで、全体的に老けたように感じていたのですが、ソワンを使い始めてから肌がイキイキするような気がして、今ではキメの整った肌をキープすることができています!

あの時の黒ずみやキメの乱れはどこへやら、です。

WEB限定で最安値で試す方法

ソワンは、公式オンラインショップやAmazonなどで購入することができます。

通常は7,420円(税抜)で販売されていますが、初回で最もお安く試したい方は、公式オンラインショップの「赤ちゃん肌1年コース」がオススメ。

1年間の継続が条件ですが、初回は4,377円(税抜)、2回目以降は4,081円(税抜)とお求めやすい価格で手に入れることができます。

万が一肌に合わない場合でも、60日間の返金保証がついていて安心。

送料や代引き手数料もかかりません。

さらにお求め安い価格で購入したい方は、「赤ちゃん肌1年間3ヶ月毎3個コース」に申し込めば、1本あたり3,858円(税抜)で購入することができます。

さすがに1年間の継続利用は気が引けてしまう、という方も「毛穴ケアお試し90日からコース」が用意されているので、必要に応じてお選びください。

ビーグレン「毛穴プログラム」

ビーグレン 毛穴ケア
出典:@コスメ

ビーグレン 毛穴ケアトライアルセット

評価:★★★★ (4.5)
初回特別価格
1,800円(税抜)
公式サイトを見る
通常価格
4,179円(税抜)
メーカー名
ビバリーグレンラボラトリーズ
トライアルセット内容
洗顔料「クレイウォッシュ」・ローション「QuSomeローション」・美容液「Cセラム」・ゲルクリーム「QuSomeモイスチャーゲルクリーム」
特長
高濃度のピュアビタミンC※・天然クレイ配合、「QuSomeR」技術採用 ※整肌成分

ビーグレンの「毛穴プログラム」は、毛穴の黒ずみに対し多角的にアプローチするスキンケアラインです。

古い角質を吸着するクレイ(泥)の洗顔料、独自の浸透テクノロジーで肌のターンオーバーを促す化粧水、黒ずみのもととなるメラニンの生成を抑える美容液、そして潤いを閉じ込めるゲルクリームの4品のラインナップ。

毛穴の黒ずみや角栓、テカリに特化した内容になっていますが、メラニンの生成を抑えるビタミンC誘導体や、水分量を保ち肌のバリア機能を整える保湿成分を豊富に含んでいるため、顔全体の黒ずみ対策にもオススメです。

実際に使った方の口コミ

30代

ビーグレンのQuSomeローションを好んでずっと使っていたのですが、顔の黒ずみをなんとかしたいと思い、Cセラムを購入。

すると、黒ずみどころかシミもだんだん薄くなっていくのを実感して感動しました!

ビーグレン、ぜひラインで使ってみてください。

20代

顔の顎にできる毛穴の黒ずみやイチゴ鼻が気になって、ビーグレンのトライアルを注文。

洗顔後は肌のざらつきがなくなるし、ビタミンCの美容液で毛穴やキメがキューっと引き締まって手ごたえを感じました!

今ではラインで使っていますが、毛穴はもちろんあらゆる肌トラブルに負けない肌になれたかな、と思います。

WEB限定で最安値で試す方法

ビーグレンは、公式オンラインショップや楽天、Amazonなどで購入することができますが、洗顔からクリームまで4品すべて揃えたいなら公式オンラインショップがオススメです。

公式オンラインショップなら、洗顔・化粧水・美容液・ゲルクリームのお試しサイズがセットになった「毛穴ケアトライアルセット」が1,800円(税抜)で販売されています。

通常ですと4,179円(税抜)相当の内容なので、実質半額以下で購入することができますし、公式オンラインショップなら365日間の返金保証がついているので安心。

また、本製品を購入したい場合も、公式オンラインショップのポイント特典をご利用いただけるので大変便利です。

初めての方は、ぜひ「毛穴ケアトライアルセット」で一式お試しください。

顔の黒ずみ対策アイテム 特徴別おすすめ

ランキングでご紹介したアイテム以外にも、顔全体の黒ずみをケアする化粧水や洗顔料などがあります。

ここからは、顔の黒ずみ対策にぴったりなアイテムを特徴別でご紹介。

口コミや特徴に注目して、あなたの抱える黒ずみにぴったり合うものを探してみてくださいね。

毛穴ケアが同時にできる顔の黒ずみ対策アイテム

リ・ダーマラボ

リ・ダーマラボ モイストゲルクレンジング
出典:@cosme

リ・ダーマラボ モイストゲルクレンジング

評価:★★★★ (4.5)
価格
2,848円(税別)
初回注文限定特典
1本購入でもう1本プレゼント
公式サイトを見る
ブランド名
リ・ダーマラボ
内容量
150g
特長
石油系界面活性剤・着色料・合成香料・鉱物油・エタノール・パラベン・紫外線吸収剤の7成分をカットした無添加処方、ダブル洗顔不要、毛穴悩みにアプローチする4種の植物性成分配合

リ・ダーマラボは、99.3%が美容液成分でできた毛穴ケア向けのクレンジングです。

肌に優しいこんにゃくスクラブが、毛穴に詰まった汚れや肌表面の古い角質を除去するので、毛穴汚れはもちろん顔全体の黒ずみの解消に役立ちます。

メイク落としでありながら、そのほとんどが美容液成分でできているという点にも注目。

水溶性ビタミンCや油溶性ビタミンC、グリチルリチン酸などの美肌成分が肌の代謝を助け、黒色メラニンの排出が期待できます。

30代

美容液クレンジングなのに、強力なメイクも力を入れずにするんと落ちるところが素敵!

肌もしっとりするし、毛穴汚れや黒ずみが目立たなくなって顔全体が明るくなったように感じます。

石油系界面活性剤やパラベンのような化学成分が入っていないので、肌に優しいですよね。

草花木果「透肌スキンケア 竹」

透肌化粧水・竹
出典:@コスメ

草花木果 透肌化粧水・竹(しっとり/さっぱり)

評価:★★★★ (4.4)
トライアルセット
1,000円(税込)
公式サイトを見る
通常価格
3,024円(税込)
ブランド
草花木果
メーカー
キナリ
内容
180ml
特長
植物成分「竹エキス(モウソウチク茎エキス)」配合、角質クリアサポート成分アミノTG配合、ヒアルロン酸配合、無添加(鉱物油・パラベン・タール系色素・合成香料)、天然香料100%

草花木果の「透肌スキンケア 竹」は、古い角質に着目した保湿化粧水。

保湿作用にすぐれている竹エキス、古い角質の除去を助けるアミノTG、そしてタンパク質を分解するSP-B発酵素が、古い角質に潤いを与えながら肌の外へ無理なく取り去るので、顔全体の黒ずみや毛穴トラブルを改善する効果が期待できます。

また、アミノ酸の一種であるグリシルグリシンが古い角質を溜め込まないように肌を守ってくれるので、透明感のある美肌を目指します。

40代

結婚式に向けて本格的に美白肌を目指そうと購入しました。

草花木果の化粧水は、使えば使うほど肌がしっとりと明るくなる化粧水です。

触ればカサカサ、そしてゴワゴワしてしまう肌が、本当になめらかになります。

意外とくすみっぽさも消えたので、今では顔の黒ずみや毛穴トラブルで悩むこともありません。

顔の黒ずみを防ぐ洗顔アイテム

アルファピニ28 コーラルクリアパウダーウォッシュ

アルファピニ28 コーラルクリア パウダーウォッシュ
出典:@cosme

アルファピニ28 コーラルクリア パウダーウォッシュ

評価:★★★★ (4.6)
定期購入特別価格
2,520円(税込)
公式サイトを見る
通常価格
3,150円(税込)
メーカー名
シェルゥーム
ブランド名
アルファピニ28
内容量
45g(朝・夜使用 約2ヶ月分)
特長
パパイン酵素・天然サンゴ配合、酵素洗顔料、合成色素・合成香料・防腐剤・鉱物油・アルコール・石油系界面活性剤不使用

アルファピニ28 コーラルクリアパウダーウォッシュは、酵素の働きで古い角質を除去するパウダータイプの洗顔料。

天然サンゴが余分な皮脂をオフ。

パパイン酵素が黒ずみやニキビの原因となる古い角質を取り除くことで、肌の奥から透明感を引き出します。

また、シルクやクマタケランなどの保湿成分が肌にうるおいをもたらし、洗い上がりがつっぱりません。

パウダーなのに泡立ちがよく、肌への摩擦を軽減できるのも嬉しいポイント。

肌の黒ずみやざらつき、毛穴汚れを除去したい方にぴったりの酵素洗顔です。

20代

いつもの洗顔やクレンジングじゃ毛穴の角栓が綺麗に取れなかったのですが、コーラルクリアパウダーウォッシュを使い始めて毛穴汚れのない綺麗な肌を手に入れることができました!

それに、顔の黒ずみやザラザラ感もなくなって、透明感が出たように感じます。

どろあわわ

どろ豆乳石鹸 どろあわわ

評価:★★★★ (4.5)
定期コース
初回限定価格
1,490円
公式サイトを見る
通常価格
2,980円(税抜)
ブランド名
健康コーポレーション
内容量
110g
特長
2種類の天然泥配合、4種類の保湿成分、香料・着色料・鉱物油・石油系界面活性剤不使用

どろあわわは、2種類の天然泥を配合したクリームタイプの洗顔料。

天然泥が、毛穴汚れや古い角質を無理なく吸着し、顔の黒ずみや毛穴トラブルの予防・解消にアプローチします。

また、豆乳発酵液や加水分解コラーゲンなどの保湿成分をバランスよく配合することで、肌に必要なうるおいを与え、キメを整えます。

さらに、濃密でもっちりした泡立ちが特徴。

肌への摩擦を軽減し、デリケートな肌をいたわりながら洗い上げることができます。

30代

口コミを頼って使ってみましたが、とにかく泡立ちの良さに驚き!
片手で抱えきれないくらいの濃密な泡で、毎日の洗顔タイムがちょっぴり贅沢になりました。

使用感はもちろんですが、使えば使うほど顔のくすみや黒ずみが消えていくような気がします。

顔の黒ずみを予防・解消する食生活について

顔の黒ずみを予防し、透明感あふれる肌質にするためには、普段の食事も大切です。

スキンケアアイテムで外側からのケアばかりに意識を傾けるのではなく、内側からキレイになることも視野に入れましょう。

ここでは、顔の黒ずみを予防・解消に導く栄養素についてご紹介します。

普段の食生活を見直し、栄養バランスを考えた食生活で顔の黒ずみを予防・解消に導きましょう。

アミノ酸

アミノ酸を主原料に作られる角質層のNMFは、うるおいをキープすることでシワやたるみを防ぐ働きを持っているほか、肌のバリア機能を正常化させるのに必要な物質です。

しかし、体内のアミノ酸が不足することでNMFの働きが弱まると、角質層の水分がどんどん揮発してしまうため、肌が乾燥して黒ずみが現れたり、バリア機能が低下して紫外線や物理的刺激などのダメージを受けやすくなってしまいます。

肌トラブルや顔の黒ずみを予防・解消するためにも、普段の食生活でアミノ酸を積極的に摂りましょう。

(ただし、脂質の摂りすぎには注意が必要です。)

アミノ酸を含む食品例

鶏胸肉、豚肉、牛肉、あじ、鮭、チーズ、大豆など

鉄分

鉄分は血液を作るために必要な栄養素ですが、女性は毎月の生理で鉄分が不足しがちになります。

鉄分が不足すると血中の酸素が不足するので、肌のターンオーバーが滞ってしまい、排出されるべきメラニン物質が肌に残ってしまうため、顔の黒ずみとなるのです。

肌のターンオーバーを促して顔の黒ずみを予防・解消に導くためにも、普段の食生活で鉄分をしっかり補いましょう。

鉄分を含む食品例

パセリ、唐辛子、枝豆、小松菜、プルーン、アボカド、ひじきなど

ビタミンC

ビタミンCには、黒ずみの原因となるメラニンの生成を抑えたり、黒色化したメラニンを排出する効果が期待できるほか、コラーゲンの生成をサポートして肌にハリをもたらしたり、肌老化の原因となる活性酸素を除去する効果が期待できる栄養素です。

しかし、ビタミンCは水溶性のビタミンのため、経口摂取しても汗や尿で排出されやすいのが難点。

普段の食事で、バランスよくビタミンCを補うことが、肌の黒ずみ予防・解消の近道となります。

ビタミンCを含む食品例

パプリカ、ケール、レモン、ゆず(果皮)、キウイフルーツなど

ファイトケミカル

ファイトケミカルとは「第7の栄養素」とも呼ばれている抗酸化成分のこと。

紫外線や加齢、ストレスの影響で発生する活性酸素を除去して、肌のターンオーバーを正常にする効果が期待できます。

顔の黒ずみを予防・解消するためにも、ファイトケミカルを取り入れて活性酸素の害から肌を守りましょう。

ファイトケミカルを含む食品例

モロヘイヤ、ほうれん草、パプリカ、パイナップル、トマトなど

まとめ

顔の黒ずみの原因や対処法について、ご理解いただけましたか?

黒ずみの正体はメラニン色素なので、メラニンを発生させない環境を作ること、肌のターンオーバーを促して生成されたメラニンを排出させることが、顔の黒ずみを予防・解消に導く大きなポイントになります。

美白成分や保湿成分を豊富に含むスキンケアや、古い角質を取り除く洗顔、生活週間の改善で内側から黒ずみを予防し、透明感のある美しい肌を手に入れてくださいね。

黒ずみがなくなり肌に透明感が生まれたら、見た目も若々しくなりますよ。