ニキビ予防クレンジングおすすめ口コミランキング2019~ニキビ改善に役立つクレンジング5選~

「ニキビを予防するクレンジングがなかなか見つからない!」

「できてしまったニキビにも使えるクレンジングってなんだろう?」

「ノンコメドジェニック処方のクレンジングって本当にニキビができにくくなるの?」

…このように、ニキビ対策のクレンジング選びに悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

ニキビを予防するためには肌を清潔にすることが大切ですが、洗浄力の高いクレンジングによってニキビができやすくなるケースもあります。

また、すでにできてしまったニキビもクレンジングの刺激によって潰れてしまうと、色素沈着を起こしてニキビ跡になることも。

ニキビ予防はもちろん、すでにできてしまったニキビに対してもクレンジング選びは重要です。

ここでは、ニキビ予防のためのクレンジングについてさまざまな角度から紹介していきます。

ニキビを予防するクレンジングの選び方

ニキビを予防するクレンジングの選び方

クレンジングにはさまざまな種類がありますし、種類によって配合している洗浄成分や美容成分も異なるため、ニキビ対策にぴったり合うクレンジングを選ぶのは難しいものです。

もちろん、ニキビを予防するためにはメイク汚れがしっかり落ちるクレンジングが必要です。

しかし、クレンジング力の高さで肌に必要な皮脂や水分が奪われてしまうと、かえってニキビができやすくなったり、肌のコンディションが崩れて敏感肌になる場合もあります。

すでにニキビができてしまった人も、低刺激のクレンジングと摩擦を起こさないクレンジング方法で肌を労らなければなりません。

ここでは、ニキビを予防するクレンジングの選び方についてポイントをまとめてみました。

ニキビを繰り返す人はもちろん、すでにニキビができて悩んでいる人にも共通しているポイントなので、ぜひチェックしてくださいね。

毛穴汚れを取り除くクレンジング

ニキビは、毛穴詰まりによって起きてしまいます。

毛穴に詰まった古い角質や余分な皮脂は、ニキビの原因菌であるアクネ菌の大好物だからです。

メイクはもちろん、毛穴汚れをしっかり落とすクレンジングを選びましょう。

毛穴汚れを落とすクレンジングのなかには、毛穴に入り込んで汚れをかき出すスクラブが配合されているクレンジングや、古い角質を剥がして毛穴汚れを落としやすくするピーリング成分が配合されているクレンジングがあります。

スクラブの場合、肌に触れても刺激を感じにくいこんにゃくスクラブのようなものを配合しているクレンジングが望ましいでしょう。

また、ピーリング成分に関してはフルーツ酸(AHA)を配合しているクレンジングがほとんどです。

フルーツ酸は、天然由来の働きによって古い角質を柔らかくし、取り除く働きがあります。

ただし、クレンジングの際はいずれも肌に多少なりとも負担がかかってしまうため、乾燥肌や敏感肌の人には向いていません。

クレンジング選びの際は、どういうアプローチで毛穴汚れを落とすのか確認するようにしましょう。

肌質に合わせてクレンジングを選ぶ

クレンジングには、オイルクレンジングやジェルクレンジングなどさまざまな種類があります。

しかし、クレンジングのタイプによってニキビができやすくなることはありません。

クレンジング力はそれぞれ異なりますが、クレンジングのタイプを選ぶ際はあなたの肌質に合うものを優先して選ぶようにしましょう。

例えば、皮脂分泌が過剰なオイリー肌には、脱脂力に優れているクレンジングオイルがおすすめですし、皮脂分泌の少ない乾燥肌には、マイルドな洗浄力のミルククレンジングやクリームクレンジング、ジェルクレンジングがおすすめです。

ただし、顔のパーツによって皮脂の分泌量は異なりますし、メイクによって落ちにくい場合もあります。

また、クレンジングの使い方によって肌が乾燥したり、汚れが残りやすくなる場合もあるので、「オイルクレンジング=肌が乾燥する」「ミルククレンジング=汚れが全然落ちない」という固定概念で選ばないようにしましょう。

落ちにくいポイントメイクには、ポイントメイクリムーバーの併用がおすすめです。

クレンジングの質感に注目する

クレンジングの際、汚れを落とそうとつい手に力が入ってしまい、無意識に肌の摩擦ダメージを起こしているパターンがよく見られます。

肌の摩擦は、健康な角質を傷つけて肌のバリア機能を阻害するためニキビができやすくなりますし、摩擦によってできてしまったニキビが潰れると色素沈着を起こしてニキビ跡が残ってしまいます。

ニキビを予防したい人はもちろん、すでにニキビができて悩んでいる人はクレンジングの質感に注目するようにしましょう。

例えば、クレンジングジェルやクレンジングクリームのようなタイプは、肌と手の間にクッションを作るので摩擦ダメージが起きにくいです。

また、クレンジングオイルやクレンジングリキッドのようなタイプは、肌に対してなめらかに伸びるので手に力が入り、ゴシゴシ擦ってしまうことも。

ただし、クレンジングオイルやリキッドでも手に力を入れないように意識すれば摩擦ダメージを軽減することができるので、摩擦ダメージを起こさないように常に意識しながらクレンジングできるのであれば質感は問いません。

そして、ニキビ予防・解消を目指すならコットンで拭き取るようなタイプのクレンジングは望ましくないでしょう。

保湿成分を配合したクレンジング

クレンジング選びの際は、できるだけ保湿成分を配合したクレンジングを選ぶようにしましょう。

クレンジングの種類に関わらず、クレンジング後の肌は油分や水分が失われやすい状態です。

肌が乾燥すると、肌のバリア機能が働かなくなってニキビのできやすい環境になりますし、水分を補うために皮脂分泌が盛んになるので、普通肌や乾燥肌の人は混合肌や脂性肌に移行する可能性もあります。

その点、保湿成分を配合しているクレンジングなら、洗い流したあとに肌が乾燥しやすくなるのを防ぐことができます。

なかでも、スクワランのような油性の保湿成分は皮脂の代わりとなって肌のうるおいを守る働きが期待できます。

洗い流したら意味ないのでは?と思われがちですが、スクワランやセラミドなどの保湿成分は肌に留まるという研究結果もでているほどです。

クレンジング選びの際は、保湿成分や美容成分にもぜひ注目してみてください。

ダブル洗顔不要のクレンジング

過剰な洗顔や洗浄力の高いクレンジングによって肌に必要な皮脂が奪われると、肌のコンディションが崩れてニキビができやすい肌になります。

しかし、ダブル洗顔不要のクレンジングなら洗顔料はいりません。

クレンジングと洗顔が一度で済むので、洗いすぎによる肌の乾燥を防ぐことができ、ニキビ予防につながります。

また、洗顔とクレンジングが一つになることで肌に対する摩擦ダメージが軽減するので、特に乾燥肌や敏感肌の人はダブル洗顔不要のクレンジングをチェックしてみましょう。

ノンコメドジェニックテスト済みのクレンジング

ニキビのできにくい肌を目指すなら、ノンコメドジェニックテスト済みのクレンジングを選ぶのも一つの方法です。

「コメド」というのは、ニキビの初期段階。

ノンコメドジェニックテストとは、化粧品の原料をチェックしてコメドが起きにくいことを証明するテストのことをいいます。

「ノンコメドジェニックテスト済み」とは、皮脂腺の多い人の背中などに対象となる化粧品を何度も使い、塗布した部分の変化を組織学的に検査してクリアしたことを意味します。

もちろん、ニキビ(コメド)ができにくい処方であることは間違いありませんが、ニキビを改善することやニキビを完全に防ぐというわけではありません。

クレンジング選びの際、ニキビを予防したい人は一つの目安にすると良いでしょう。

ニキビ対策におすすめのクレンジングの種類

ニキビ対策におすすめのクレンジングの種類

クレンジングには、種類によってメリットとデメリットがあります。

もっとも、ニキビの予防に適切なクレンジングは一つに絞れないため、それぞれのメリットやデメリットを把握した上でクレンジングを選ぶようにしましょう。

メリット デメリット
クレンジングオイル クレンジング力に優れている/皮脂や古い角質とよくなじむので毛穴汚れを取り除きやすくする/スピーディーに使用すれば肌が乾燥しない 使い方次第で肌が乾燥する/脱脂力が高く乾燥肌や敏感肌の人に不向き/滑るようなテクスチャーで摩擦が起きやすい
クレンジングリキッド 化粧水のようなみずみずしい使用感/オイルフリーのものもあり肌のうるおいをしっかり守る/保湿成分を豊富に含んでいる 界面活性剤の配合量が多い/滑るようなテクスチャーで摩擦が起きやすい/一般的にアルコールの配合量が多い(アルコールフリーもある)
クレンジングジェル 厚みのあるジェルで肌に対する摩擦ダメージを軽減できる/保湿成分を豊富に含んでいる クレンジング力がやや弱い/水系タイプは界面活性剤の配合量が多い/粘性がありやや固めのテクスチャー

ニキビ予防クレンジングおすすめランキング2019 ベスト3

ニキビ予防クレンジングおすすめランキング2019 ベスト3

数あるクレンジングの中でも、ニキビ予防におすすめのクレンジングをランキングで紹介します。

それぞれの配合成分や口コミをチェックして、クレンジング選びの参考にしてください。

リ・ダーマラボ モイストゲルクレンジング

リ・ダーマラボ モイストゲルクレンジング
出典:@cosme

リ・ダーマラボ モイストゲルクレンジング

評価:★★★★★ (5.0)
価格
2,848円(税別)
初回注文限定特典
1本購入でもう1本プレゼント
リ・ダーマラボ モイストゲルクレンジング
ブランド名
リ・ダーマラボ
内容量
150g
特長
石油系界面活性剤・着色料・合成香料・鉱物油・エタノール・パラベン・紫外線吸収剤の7成分をカットした無添加処方、ダブル洗顔不要、毛穴悩みにアプローチする4種の植物性成分配合

「リ・ダーマラボ モイストゲルクレンジング」は、こんにゃくスクラブをはじめ美容成分を豊富に配合したジェルタイプのクレンジングです。

やわらかなこんにゃくスクラブが毛穴の汚れを無理なく吸着するので、ニキビや肌荒れを予防します。

また、スーパーヒアルロン酸やコエンザイムQ10など42種類もの美容成分を配合しているので、まるでメイクを落としながらスキンケアをしているような感覚に。

濡れた手でも使用できますし、ダブル洗顔不要なので洗いすぎによる肌トラブルを予防することもできます。

ニキビはもちろん、毛穴トラブルや乾燥に悩む人にぴったりのクレンジングです。

実際に使った方の口コミ

30代
リ・ダーマラボのクレンジングは、ジェルなのに強力なメイクもササっと落ちるのが嬉しいですね。

洗い上がりがみずみずしいのも、美容成分のおかげかも!?

使い始めてからニキビや肌荒れに悩むことがありません。

10代
市販のニキビ予防のクレンジングたくさん試しながらやっとたどり着いたクレンジング。

ジェルの厚みで肌に摩擦ダメージが加わらないし、毛穴に詰まった汚れを無理なく落とすことができるのがポイントだと思います。

今ではニキビになりにくく、理想的な美肌になりました!

WEB限定で最安値で試す方法

リ・ダーマラボ モイストゲルクレンジングは、リ・ダーマラボの公式オンラインショップや楽天で購入することができます。

なかでも、もっともお得に購入したいなら公式オンラインショップがおすすめです。

通常価格2,848円(税抜)での販売になりますが、初めての購入に限り1本の値段で2本ついてくるので、1本あたりが実質半額になります。

送料はかかりませんし、全額返金保証がついてくるので万が一肌に合わない場合でも返品に応じてもらえるのが嬉しいポイントです。

また、公式オンラインショップなら定期便の利用や2本セットの購入でも割引が適用になります。

使用量も朝晩使用で1ヶ月、夜だけの使用で2ヶ月持つので、ライフスタイルや特典に合わせて検討してみてください。


シュープリーム ノイ ディープミネラルクレンジング

シュープリームノイ ディープミネラル クレンジング
出典:@cosme

シュープリームノイ ディープミネラル クレンジング

評価:★★★★ (4.7)
初回注文限定価格
1,620円(税込)
公式サイトを見る
通常価格
2,592円(税込)
メーカー名
シュープリーム
ブランド名
シュープリームノイ
内容量
120ml(約1ヶ月分)
特長
美容成70%配合・オイルフリー100%・無着色・無鉱物油・合成香料不使用・パラベンフリー・アルコールフリー・動物由来原料不使用・多機能性リキッドクレンジング

「シュープリーム ノイ ディープミネラルクレンジング」は、美容液成分70%配合のリキッドタイプのクレンジングです。

強力なメイクはもちろん、毛穴に詰まった汚れや古い角質を無理なく落とすことができるので、ニキビや毛穴トラブル、くすみを予防します。

また、肌のバリア機能を保護する月下香エキスや抗炎症に働くセージ葉エキスなど、植物由来の美容成分がデリケートな肌をやさしくいたわります。

公式オンラインショップの「楽らくお届けコース」を利用すれば、初回のみ1,512円オフの1,620円(税込)で購入することができるのでお得です。

送料もかかりませんし、2回目以降も20%オフが適用になります。

実際に使った方の口コミ

40代
リキッドのクレンジングは初めてだったけど、アイメイクや口紅がするんと落ちてびっくりしました!

それに、洗い上がりがつっぱらないし化粧水の浸透もよくなっているような気がします。

あれだけ悩んでいた大人ニキビも嘘のよう…!

ノブ ACアクティブ クレンジングリキッド

ノブ ACアクティブ クレンジングリキッド
出典:@cosme

ノブ ACアクティブ クレンジングリキッド

評価:★★★★ (4.5)
トライアルセット特別価格
1,500円(税別)
公式サイトを見る
通常価格
2,500円(税込)
メーカー名
常盤薬品工業
ブランド名
ノブ ACアクティブ
内容量
120ml(使用目安:500円玉大)
特長
ニキビになりにくい処方(※)、角質ケアができるクレンジング、抗炎症の有効成分グリチルリチン酸ステアリル配合(※すべての人にニキビができないわけではありません)

「ノブ ACアクティブクレンジングリキッド」は、メイクとともにニキビの原因となる古い角質や余分な皮脂をスッキリ落とすリキッドタイプのクレンジング。

皮膚科医学に基づいて開発されています。

ニキビになりにくいノンコメドジェニックテスト済みなので、周期的に大人ニキビを繰り返す人にぴったり。

マイルドピーリング効果で、毛穴汚れやくすみの予防・解消が期待できます。

公式オンラインショップでは、クレンジングを含むスキンケア一式が揃ったトライアルセットが1,500円(税抜)で販売されているので、初めて試したい人はぜひ利用してみてください。

ノブ ACアクティブ クレンジングリキッドの口コミ
20代
敏感肌向けのブランド・ノブのニキビ対策クレンジングを購入しました。

ピリピリしないし、毛穴汚れもすっきりおちます。

ニキビになりにくい処方だから、月経前の肌荒れやストレスでできてしまうニキビの予防にもいいですね。

今度は同ラインの化粧水や乳液も使ってみたいと思います。

ニキビ予防クレンジング 特徴別おすすめ

ニキビ予防クレンジング 特徴別おすすめ

ニキビ予防におすすめのクレンジングは、ランキングで紹介したもの以外にもたくさんあります。

ここからプチプラで試せるもの、大人ニキビにおすすめのもの、乾燥肌向けのものなど、ニキビ予防におすすめのクレンジングを特徴別に紹介していきます。

乾燥肌をいたわるニキビ対策クレンジング

オルビス クレンジングリキッド

オルビス クレンジングリキッド
出典:@cosme

オルビス クレンジングリキッド

評価:★★★★ (4.5)
販売価格
1,334円(税別)
公式サイトを見る
メーカー名
オルビス
内容量
150ml(使用目安:1~2プッシュ程度)
特長
濡れた手でも使用OK、ニキビになりにくい処方(※)、100%オイルカットのクレンジング(※すべての人にニキビができないわけではありません)

「オルビス クレンジングリキッド」は、オイルを一切使用していないリキッドタイプのクレンジングです。

アミノ酸やヒアルロン酸ナトリウムをベースとした保湿成分を配合しており、乾燥肌をいたわりながらメイクを落とすことができます。

また、アクアリーディング成分によって洗浄成分をすばやくすすぐことができるので、肌に必要な皮脂を残しながらニキビを予防することができます。

肌荒れを防ぐグリチルリチン酸2Kを配合しているので、ニキビに悩むデリケート肌にもぴったり。

さっぱりした洗い心地で、強力なメイクもしっかり落とします。

オルビス クレンジングリキッドの口コミ
30代
オルビスのクレンジングリキッドを長年愛用しています。

洗い上がりがベタベタしない分、ニキビができにくくて本当に助かっています。

ちょっと濃いめのメイクでも無理なく落とすことができるし、シンプルなのに保湿成分もきちんと配合しているから肌に優しいですよね。

毛穴汚れを取り除いてニキビを防ぐクレンジング

ルナメアACクレンジングオイル

ルナメアACクレンジングオイル
出典:Amazon

ルナメアACクレンジングオイル

評価:★★★★ (4.4)
トライアルセット特別価格
1,080円(税込)
公式サイトを見る
通常価格
2,268円(税込)
メーカー名
株式会社富士フイルムヘルスケアラボラトリー
内容量
120ml(使用目安:ポンプ2~3回分)
特長
毛穴汚れを浮かせて落とすオイルクレンジング、肌のコンディションを整える4つの美容成分配合、ノンコメドジェニックテスト済み(※すべての人にニキビができないわけではありません)

「ルナメアACクレンジングオイル」は、メイクとともに毛穴に入り込んだ汚れを無理なく落とすオイルタイプのクレンジングです。

軽くなじませるだけで汚れを浮かすことができるので、摩擦を軽減してデリケートなニキビ肌をいたわります。

また、ハーブ由来の4種の美容成分をバランスよく配合しており、肌の乾燥を防ぎます。

公式オンラインショップでは、クレンジングオイルを含むスキンケア一式が揃った「ルナメアAC1週間お手入れキット」を販売。

初回限定1,080円(税込)で購入することができるので、リーズナブルに試してみたいという人におすすめです。

ルナメアACクレンジングオイルの口コミ
20代
落ちにくい毛穴汚れはしっかり落ちるのに、肌のうるおいを奪いすぎないクレンジング。

時間が経っても肌が乾燥しないし、肌荒れやニキビのできる回数が減ったように思います。

オイルクレンジングなのに、ニキビ肌に優しいのもポイントですね。

ニキビを予防するクレンジングの使い方

ニキビを予防するクレンジングの使い方

ニキビを予防したり、すでにできてしまったニキビの悪化を防ぐためには、クレンジングの使い方にも注意が必要です。

ここでは、ニキビを予防するクレンジングの使い方についてポイントを紹介します。

使用量を少なめにしない

クレンジングの使用量が少ないと、手に力が入りやすくなり摩擦ダメージが起きやすくなります。

また、一度でメイク汚れをきちんと落とすことができないので、使用量は適量を守るようにしましょう。

適量を守ってもクレンジングでメイクが落ちにくい場合は、洗い流す前に濡れた手で肌に塗布したクレンジングを乳化させると良いでしょう。

落ちにくいメイクはポイントメイクリムーバーを

クレンジング力の高いものは避けたいのに、落ちにくいメイクがあると困ってしまいますね。

はじめからクレンジング力の高いものを使えば解決するかもしれませんが、かえって肌が乾燥したりニキビのできやすい環境を作る可能性もあります。

そんなときは、ポイントメイクリムーバーを併用してクレンジング前にポイントメイクを落としましょう。

また、ポイントリムーバーを使用しなくても、美容オイルで代用することもできます。

ポイントメイクリムーバーや美容オイルは、コットンや綿棒に浸して丁寧にメイクを落としましょう。

まとめ

まとめ

ニキビを予防したり、悪化を防ぐ場合にはクレンジング選びが大切です。

クレンジングの選び方によって、ニキビのできにくい肌を目指すことができますし、肌に負担をかけることなくメイクを落とせばニキビの悪化を防ぐことにもつながります。

健康的な肌質をキープしたい人、また繰り返しできるニキビに悩んでいる人は、毎日使うクレンジングを見直してみましょう。