背中ニキビ対策石鹸おすすめランキング2017| 背中ニキビができる原因とは?

老若男女問わず多い肌トラブル、ニキビ。

顔の表面のスキンケアならまだしも、背中にできたニキビを予防・解消するためにはどんなケアが必要なのか、お悩みの方も多いのではないでしょうか。

背中ニキビの原因は実にさまざま。

予防するためには、背中ニキビができる原因やそれぞれの対処法を知っておくことが大切です。

今回は、背中ニキビに関する情報を総合的にご紹介。

背中ニキビのできる原因や予防・解消する方法、また石鹸を使った背中ニキビ対処法などをまとめてお届けします。

背中ニキビが解消したら、ファッションだって楽しめますし、キレイな後ろ姿に自信が持てますよ。

ぜひチェックしてくださいね。

背中ニキビができる原因と予防対策について

ニキビといえば顔の表面にできるイメージを持たれがちですが、実は背中にもポツポツと現れたり、広がってしまうこともあります。

背中は常に衣服が当たり、物理的刺激によってニキビが発生したり、すでにできているニキビが悪化する恐れも。

背中ニキビを予防するためには、原因とそれぞれの予防法について知っておきましょう。

ここからは、背中ニキビができる原因とその予防法について詳しくご紹介します。

自律神経の乱れ

ストレスがたまったり、寝不足や不規則な生活が続くと自律神経が乱れてしまいます。

実はこの自律神経のバランスが、背中ニキビと関係しているのです。

強いストレスを感じると、交感神経という自律神経が活発に働きます。

自律神経には、緊張やストレス、活発な時に働く交感神経と、リラックスした時に働く副交感神経の二種類がありますが、このうち交感神経の働きが優位になると男性ホルモンが積極的に分泌されてしまうので、ホルモンバランスが崩れます。

この男性ホルモンは皮脂の分泌量を増やす働きを持っているので、毛穴詰まりを起こしやすく背中ニキビが発生してしまうのです。

背中ニキビを予防するためには、ストレスを抱えないことが大切。

また、自律神経を整えてくれる成分を体外から摂取することもオススメです。

例えば、はちみつに含まれるローヤルゼリーや発芽玄米に含まれるギャバには、自律神経を整える働きが期待できます。

睡眠時間が短い方は、十分な睡眠時間を確保しましょう。

シャンプーやリンスの洗い残し

シャンプーやリンスの洗い残しも、背中ニキビができる原因となります。

背中は皮脂腺の量が多く、皮脂の分泌量も多いため、毛穴詰まりを起こしやすい環境です。

特に、浴室のような高温多湿の環境下ではより毛穴が開きやすく、皮脂が分泌しやすくなっています。

シャンプーやリンスをすすぐ時に背中にお湯がかかってしまうと、流された洗剤が背中の毛穴に残ります。

十分もすすいでいないことで背中にシャンプーやリンスの成分が残ってしまうと、肌荒れや背中ニキビの原因となるのです。

また、シャンプーやリンスには、頭皮や髪の毛の皮脂よごれを落としたり、髪の毛をなめらかに整えるための合成界面活性剤が多く含まれています。

しかし、合成界面活性剤の持つ強力な洗浄力は、肌にとって負担となってしまいます。

シャンプーやリンスを綺麗に洗い流すためには、髪の毛を後ろに垂らさず、後ろから前に垂らした状態ですすぐと良いでしょう。

また、全身を洗い流す際は最初に髪の毛をすすいでおくと、背中にかかったシャンプー、リンスの成分を綺麗に洗い流すことができます。

偏った食生活

近年、国内では食の欧米化が社会問題として取りざたされていますが、脂っこい食生活によって血中のコレステロールが増えてしまうと、皮脂の分泌が盛んになるため、背中ニキビの原因となります。

また、コレステロールの影響で増えてしまう皮脂分泌は、首やデコルテ、背中に多いと言われており、髪の毛が当たることで雑菌が繁殖しやすくなるため、余計に背中ニキビができやすい環境を生み出してしまうのです。

またコレステロールだけではありません。

糖分や塩分、食品添加物や刺激物(辛いもの、冷たいものなど)の摂り過ぎも、内臓に負担がかかったり消費エネルギーを無駄に使ってしまうため、結果的に背中ニキビの原因となります。

背中ニキビを作らない肌質を目指すためには、偏った食生活を改善することが大切。

ビタミンやミネラル、脂質や糖質のバランスがきちんととれた食生活を送り、背中ニキビの予防・解消に努めましょう。

衣服の刺激や汚れ

顔とは違い、背中は常に衣服が肌に触れている状態のため、背中ニキビができやすいと考えられます。

物理的刺激はもちろん、服の繊維によって肌が刺激を受けてしまうためです。

例えば、温熱効果を感じる肌着には吸湿発熱繊維という素材が使われていますが、これは人の汗を吸収して発熱する特殊加工が施されています。

しかし、この機能によって肌の水分が失われてしまうと、潤いを補うために必要以上の皮脂が分泌されるので、背中ニキビの原因となり得るのです。

ポリエステルやアクリル、ウレタンなどの化学繊維(合成繊維)で肌が痒くなったりチクチクしてしまう場合は要注意。

また、衣服そのものが清潔でないとニキビの原因菌が増えてしまうため、背中ニキビの原因となります。

衣服は常に清潔なものを、そして肌に刺激を感じない素材のものを着用し、背中ニキビを予防しましょう。

活性酸素の影響

紫外線を浴びてしまうと、体内の細胞をさび付かせる活性酸素が増えます。

この活性酸素は生きていく上で必要な酸素の一つですが、増えすぎることで体内の細胞がさび付いてしまうと、肌のターンオーバーが乱れてしまいます。

すると、本来肌のターンオーバーによってはがれ落ちる古い角質が肌表面に溜まっていき、毛穴に入り込んだ皮脂や古い角質が排出しにくくなるため、毛穴詰まりを起こし、背中ニキビとなって肌に残ってしまうのです。

また、紫外線を浴びる以外にもストレスや加齢、喫煙や不規則な生活により活性酸素は発生するため、活性酸素を除去(抗酸化)する成分を補うことが必要となります。

化粧品の成分で例えると、ビタミンC誘導体やコエンザイムQ10、白金ナノコロイドやアスタキサンチンなどが挙げられます。

そして、食事面では緑黄色野菜に含まれるファイトケミカルや赤ワインに含まれるポリフェノールなどに抗酸化作用があります。

背中ニキビを石鹸で治す方法・選び方について

すでに背中ニキビができている場合も、自宅で適切にケアすることで改善が期待できます。

そのために大切なポイントは、大きく分けて3つ挙げられます。

  • 刺激を与えないこと
  • 肌を清潔に保つこと
  • 保湿を行うこと

ニキビは段階的に悪化する恐れがあり、刺激を与えてしまうと化膿やニキビ跡(色素沈着)が起きてしまいます。

また、肌を清潔な状態に保ち、余分な皮脂をしっかり洗い流すことが大切です。

そして、背中ニキビをスムーズに解消するためには、肌のバリア機能を整えることも必要。

刺激を与えず、肌を清潔に保ちながら潤いを与えるアイテムとして、石鹸をオススメします。

それでは、背中ニキビの解消に役立つ石鹸の特徴や選び方についてご紹介します。

泡立ちの良い石鹸を選ぶ

背中ニキビや周辺にある余分な皮脂を取り除くことは大切ですが、ゴシゴシ洗うことによりニキビに摩擦ダメージが生じ、背中ニキビが悪化する可能性があります。

刺激を与えずに余分な皮脂を取り除くためにも、泡立ちの良い石鹸を選ぶことをオススメします。

弾力のある泡をクッションにすれば、手元と肌が触れ合うことなく余分な皮脂だけを吸着し、洗い流すことができます。

また、泡のキメが細かいほど肌に対してマイルドな使用感です。

石鹸がどの程度泡立つのかも、石鹸選びの参考にしてください。

抗炎症作用を配合した石鹸を選ぶ

ニキビは、言い換えれば肌が炎症を起こしている状態のため、炎症を鎮めるためにも抗炎症作用のある成分が含まれた石鹸を選びましょう。

薬用タイプの石鹸には「有効成分」という名目で抗炎症効果が期待できる成分が表示されている場合があります。

例えば、植物由来のグリチルリチン酸ジカリウムは安全性が高く、敏感な肌に対しても安心して補うことができる成分です。

ニキビの原因菌を殺菌する成分としてサリチル酸やイオウが挙げられますが、敏感肌の方はこれらの成分が持つ殺菌作用で肌に強い刺激を与え、背中ニキビが悪化する可能性もあります。

極度な乾燥肌や敏感肌の方は、グリトルリチン酸ジカリウムのような安全性の高い成分を配合した石鹸を選びましょう。

保湿成分を配合した石鹸を選ぶ

石鹸には、余分な皮脂を取り除きながら肌に潤いを与えることができる大きなメリットがあります。

保湿成分も一緒に洗い流してしまうのは意味ないのでは?と思われがちですが、油分やセラミドなどを配合した石鹸は、潤いを失いにくくするという調査結果もあるほどです。

肌の潤いを保つことは、肌のバリア機能を正常化させることにもつながるため、背中ニキビの解消にアプローチすることができます。

どのタイプの石鹸がおすすめ?

石鹸には多くの種類があります。

しかし、洗浄力があまりにも強い石鹸だと、余分な皮脂どころか肌に必要な皮脂まで奪ってしまい、肌が乾燥したり余計に皮脂分泌が過剰になる原因となります。

理想は、「洗浄力 < 保湿力」で石鹸を選ぶことです。

これらは石鹸の見た目である程度判断することができます。

見た目が透明の石鹸は、成分中にスクロースやグリセリンといった保湿成分が含まれているのが特徴で、マイルドな洗浄力と肌に対する負担が少ないのがポイントです。

そして見た目が半透明の石鹸は、保湿成分の配合量が少なく石鹸成分が多く含まれているため、洗浄力が強めです。

脂性肌の方は半透明の石鹸タイプを選ぶことをオススメしますが、乾燥肌や敏感肌の方は透明の石鹸タイプを選び、肌へのダメージを防ぎましょう。

背中ニキビ対策の石鹸ランキング2017 ベスト3

それでは、実際に背中ニキビの予防や解消に役立つ石鹸は何があるのでしょうか?

オススメの背中ニキビ対策の石鹸をランキング形式でご紹介します。

Non A(ノン・エー)

Non A. ノンエー
出典:@cosme

Non A. ノンエー

評価:★★★★ (4.9)
3個セット特別価格
7,980円(税込)
公式サイトを見る
通常価格
2,940円(税込)
ブランド名
マナラ
内容量
100g
特長
医薬部外品、うるおい成分ローヤルゼリー・ヒアルロン酸・リピジュア配合、従来の表示指定成分・着色料・香料・エタノールは無添加

プライマリーから販売されているNon A(ノン・エー)は、抗炎症作用の有効成分・グリチルリチン酸ジカリウムを配合したニキビ専用の薬用石鹸。

肌にとってストレスとなる鉱物油やエタノール、香料や着色料を一切使用せず、背中ニキビをいたわりながら洗うことができます。

そして、大きな特徴はもっちりとした弾力ある泡立ちです。

泡立ちを作るために開発したカリ含有石ケン素地が、一般的な石ケン素地に比べ約4倍もの泡立ちを実現。

泡で汚れを落とすことで、背中ニキビを刺激することなく優しく洗い上げることができます。

実際に使った方の口コミ

30代

とにかくもっちりした泡の弾力にびっくりします!

背中ニキビの部分を洗う時も、手と背中ニキビが接触しないから安心。

使い続けて1ヶ月くらいしたら、背中ニキビが自然と治っていました。

肌もつっぱらないし、混合肌の私にぴったりの石鹸です!

20代

デオドラント用のボディーソープを使って見事に肌荒れ。

背中ニキビもブツブツとできてしまい頭を抱えていたのですが、たまたま友人にプレゼントしてもらったノンエーを使ってみると、背中ニキビは肌荒れがおさまりました。

肌に優しい洗顔料です。

WEB限定で最安値で試す方法

Non Aは公式オンラインショップのほか、Amazonや楽天などのショッピングサイトで購入することができます。

どこで購入しても、基本的に通常価格の2,940円(税込)で販売されていますが、オススメは公式オンラインショップでの購入です。

初回限定に限り、泡立てネットやニキビケア化粧水、ニキビを保湿するジェルのお試しサイズが無料でついてきます。

特に、化粧水やジェルはNon Aの石鹸と一緒に使うことでより効果的な背中ニキビケアが可能。

さらに、3個セットなら約10%オフの割引が適用され、通常8,820円(税込)のところ7,980円(税込)で購入することができます。

単品購入なら全国一律で540円の送料がかかるものの、3個セットは送料がかからないのも嬉しいポイントです。

ファースト クラッシュ 3-in-1

ファーストクラッシュ 3-IN-1
出典:@cosme

ファーストクラッシュ 3-IN-1

評価:★★★★ (4.7)
トライアル30日セット
4,011円(税込)
トライアル60日セット
8,023円(税込)
公式サイトを見る
ブランド名
ファーストクラッシュ
内容量
180g(約30日分)
トライアルセット
ファーストクラッシュ2本、スムース クリーム ミニサイズ
特長
スクラブ剤フリーのクリーミィータイプジェル、天然植物成分配合、着色剤・オイル不使用

ファースト クラッシュ 3-in-1は、ニキビの原因菌を殺菌する有効成分サリチル酸を配合したジェルタイプのボディーソープ。

サリチル酸には殺菌や抗菌の効果があるほか、毛穴に入り込んだ古い角質を優しく除去する効果があり、根本から背中ニキビをケアします。

さらに、保湿力に優れているグレープシードオイルをはじめ、肌にうるおいをもたらす7つの天然成分を凝縮して配合しているので、肌の乾燥を防いで背中ニキビを予防します。

ニキビの原因菌を殺菌・抗菌、保湿ケア、そして角質ケアの3つのケアが1本で叶うので、背中ニキビに対し効果的に対処できます。

実際に使った方の口コミ

10代

背中ニキビがたくさん出来ているのに、海に行きたくて…母親に相談してファーストクラッシュを買ってもらいました。

使い始めてから、あれだけ悩んでいた背中ニキビが綺麗になくなったんです!

あれから友達と海に行って、背中ニキビや吹き出物を気にせずに思いっきり楽しむことが出来ました!

20代

自分では見えない背中ニキビでも、触るだけで広範囲にできていることが分かったので、ファーストクラッシュに助けを求めました…!

洗い上がりもつっぱらず、みずみずしさを感じます。

あれから、背中ニキビができにくくなりました。

WEB限定で最安値で試す方法

ファースト クラッシュ 3-in-1は公式オンラインショップのほか、Amazonや楽天などの通販サイトで購入することができます。

通常価格は4,011円(税込)ですが、お得に試したい方はAmazonか公式サイトで購入することをオススメします。

Amazonでは2017年5月現在、最安値の2,560円(税込)で購入することができるため大変お得です。

また、公式オンラインショップでは、購入すると保湿クリームのお試しサイズが無料で付いてきますし、まとめ買いや定期便を利用することで割引が適用されるため、継続して試したい方には公式サイトがおすすめです。

割引率はもちろん、通販サイトそれぞれの特徴も異なりますので、ぜひ比較してみてください。

どろ豆乳石鹸 どろあわわ

どろ豆乳石鹸 どろあわわ

評価:★★★★ (4.7)
定期コース
初回限定価格
1,490円
公式サイトを見る
通常価格
2,980円(税抜)
ブランド名
健康コーポレーション
内容量
110g
特長
2種類の天然泥配合、4種類の保湿成分、香料・着色料・鉱物油・石油系界面活性剤不使用

どろ豆乳石鹸 どろあわわは、肌にうるおいをもたらす大豆発酵液をはじめ、多彩な保湿成分を配合したクリームタイプの洗顔石鹸です。

背中ニキビに直接アプローチする成分が含まれているわけではありませんが、背中ニキビのもとになる皮脂や毛穴汚れを吸着する海ソルトを配合しているので、背中ニキビを作りにくい肌質を目指すことができます。

また、クッション性が高くもっちりした泡で、肌の摩擦を防ぐことができるので、背中ニキビをいたわりながら肌のバリア機能をサポート。

肌にストレスを与える香料、着色料、鉱物油、石油系界面活性剤は一切使用していません。

実際に使った方の口コミ

20代

はじめは顔にできたニキビに使っていたんですが、思い切って背中ニキビに使ってみたら効果てきめん!

背中ニキビがサッと引きました。

クリーム石鹸を全身に使うのはちょっと贅沢だけど、今ではニキビに悩まされることなく過ごせています。

10代

友達に言われて初めて気づいた背中ニキビ。

母親が使っているどろあわわを使わせてもらったら、背中ニキビがだんだんひいていったので驚きました。

ピリピリしないし泡がモコモコしているのが嬉しいですね。

また背中ニキビができたときは使わせてもらおうと思います。

WEB限定で最安値で試す方法

どろ豆乳石鹸 どろあわわは、公式オンラインショップやAmazon、楽天などで購入することができますが、初回から最安値で試す方法があります。

それは、公式オンラインショップでの定期コース利用です。

通常価格は2,980円(税抜)ですが、定期コースに申し込めば初回限定で半額の1,490円(税抜)で購入することができます。

さらに、プラセンタを配合した薬用化粧水や泡だけネットがセットになっているのでお得感はありますよね。

さらに、6回以上の定期コースなら、2回目以降は通常価格から15%オフの価格で購入し続けることができます。

初めての方も、また継続して使いたい方にもオススメな定期コースをぜひご利用ください。

背中ニキビ対策の石鹸 特徴別おすすめ

背中ニキビの予防にぴったりの石鹸は、ランキング以外にもたくさんあります。

ここからは、背中ニキビ対策の石鹸を特徴別でご紹介。

あなたの肌にぴったりな石鹸が見つかるかもしれません。

ぜひチェックしてみてください。

保湿力に優れた背中ニキビ対策石鹸

然-しかり- よかせっけん

然-しかり- よかせっけん
出典:@コスメ

然-しかり- よかせっけん

評価:★★★★ (4.5)
定期コース
特別価格
1,705円(税抜)
公式サイトを見る
価格
1,800円(税抜)
ブランド
長寿の里
メーカー
長寿の里
内容
80g
特長
超微細シリカパウダー配合、美肌成分60%以上、コラーゲン・アロエエキス・ローヤルゼリー配合、無添加(着色料・香料・防腐剤・鉱物油)、医薬部外品

然-しかり- よかせっけんは、美肌成分を60%以上も配合したジャータイプの薬用石鹸。

抗炎症成分として知られる有効成分グリチルリチン酸ジカリウムを配合しており、ニキビや肌荒れを防ぎます。

また、超微細火山灰シラスパウダーが毛穴に入り込んで、古い角質や毛穴汚れを吸着し、きれいに洗い流します。

通常価格は1,800円(税抜)と比較的安価ですが、定期コースに申し込めば1,705円(税抜)の特別価格で購入することができます。

泡立てネットがプレゼントでついてくるほか、送料もかからないので大変お得です。

20代

ジャータイプの珍しい石鹸ですが、すごく泡立つんです。

それに、泡が濃密だから背中にきびを優しく洗うことができるので、毎日安心して使えます。

肌質もみずみずしくなったかも…!?

泡立てネットは石鹸を簡単に泡立たせることができるので、マストアイテムですよ!

カウブランド 赤箱

カウブランド 赤箱
出典:@cosme

カウブランド 赤箱

評価:★★★★ (4.4)
通常価格
100円(税別)
メーカー名
牛乳石鹸共進社
ブランド名
カウブランド
内容量
100g
特長
ミルク成分・スクワラン配合、固形タイプ

牛乳石鹸のカウブランド 赤箱は、スクワランやミルク成分などの保湿成分を配合した固形タイプの石鹸。

クリーミーな泡立ちでしっとりした洗い上がりが特徴です。

背中ニキビに直接働きかける成分は含まれていませんが、肌の潤いを守る皮脂膜に似た成分・スクワランが肌のバリア機能をサポート。

背中ニキビや肌荒れを予防し、全身にみずみずしさをもたらします。

昔ながらの牛乳石鹸で、1個100円(税抜)というコスパの良さも魅力的。

ひと回り大きい「カウブランド 赤箱125」も1個120円(税抜)と安価で販売されています。

10代

物心つく前から使っていた牛乳石鹸。

肌がすべすべでなめらかになりますし、洗い上がりがすごくしっとりします。

夏の合宿であせもや背中ニキビができたときも、牛乳石鹸で丁寧に洗い続けたら自然とおさまりました。

背中ニキビやニオイを防ぐ石鹸

薬用ハーバルデオドラントソープ

ドクターシーラボ 薬用ハーバルデオドラントソープ
出典:@cosme

ドクターシーラボ 薬用ハーバルデオドラントソープ

評価:★★★★ (4.3)
価格
1,944円(税込)
メーカー名
ドクターシーラボ
内容量
110g
特長
2種の天然クレイ配合、ダマスクローズの香り、固形タイプ

ドクターシーラボの薬用ハーバルデオドラントソープは、気になるニオイを抑える成分を配合した薬用タイプの固形石鹸。

本来はデオドラントを目的として作られた石鹸ですが、2種の天然クレイを配合しており古い角質や毛穴汚れを除去します。

古い角質や毛穴汚れを取り除いたら、背中ニキビはもちろんニオイを抑えることにもつながりますよ。

また、肌にうるおいを与えるウコンエキスや、肌を清潔に保つチョウジエキスなどを配合。

背中ニキビとニオイが両方気になる方にぴったりのボディ用石鹸です。

20代

仕事が接客業なので、体のニオイ対策に薬用デオドラントソープを購入。

ダマスクローズの香りで一日中ニオイが気になりませんし、この石鹸を使うようになって今まで何度も繰り返していた背中ニキビ(大人ニキビ?)ができにくくなりました!
体臭を抑えているんだけど、スキンケアもしてくれる、そんな感じの石鹸です。

背中ニキビ向けに開発された石鹸

ニキビを防ぐ薬用石鹸 ForBack.

ForBack
出典:@cosme

ForBack

評価:★★★★ (4.8)
価格
500円(税別)
メーカー名
ペリカン石鹸
内容量
135g
特長
有効成分イソプロピルメチルフェノール・グリチルリチン酸ジカリウム配合

ニキビを防ぐ薬用石鹸 ForBack.は、背中ニキビに特化して開発された固形タイプの薬用石鹸。

有効成分イソプロピルメチルフェノールがニキビの原因菌を殺菌し、同じく有効成分のグリチルリチン酸ジカリウムが炎症を抑え肌のコンディションを整えて背中ニキビを予防・緩和します。

また、パパインや泥、炭を配合しており、背中ニキビの原因となる毛穴詰まりを吸着。

背中ニキビの予防はもちろん、繰り返しできる背中ニキビにもアプローチする石鹸です。

20代

背中ニキビに悩んでいた時に見つけた石鹸。

適度な洗浄力と高い保湿力で背中ニキビをケアしながら洗うことができます。

おかげで繰り返しできる背中ニキビも収まり、後ろ姿に自信が持てました!
コスパもいいし、ずっと使い続けていたいです。

背中ニキビは皮膚科で治せる?

背中ニキビは石鹸を使って優しくケアすれば解消が期待できますが、範囲が広かったりニキビの状態が悪化している場合は、専門の医療機関で診察を受けることも視野に入れましょう。

実際に、背中ニキビは皮膚科で治療することができます。

では、皮膚科でどのような治療が受けられるのかご紹介しましょう。

塗り薬・内服薬による治療

皮膚科で受けられる治療には、ニキビの原因菌を殺菌する成分(抗生物質)や、肌を保湿・保護する成分が配合された塗り薬を用いる方法があります。

また、皮脂の分泌量をコントロールするビタミン剤やホルモンバランスを安定化させる成分を配合した内服薬による治療もあります。

背中ニキビの状態に合わせて医師がピックアップしてくれるので、安全で確実な背中ニキビ対策が実現できます。

いずれも保険適用内で治療することができるため、コスパを考えてもオススメの治療法です。

毛穴詰まりを取り除くケミカルピーリング

ニキビは毛穴詰まりを起こし、その毛穴が炎症することでできてしまいます。

つまり、ニキビを解消するには毛穴詰まりを取り除くことも大切なのです。

美容皮膚科では、ケミカルピーリングにより毛穴詰まりを取り除く治療法があります。

ニキビの毛穴の詰まりを取り除くだけでなく、肌のターンオーバーを促すことができるため、背中ニキビのできにくい肌質を目指すことができますよ。

ホルモン治療

自律神経の乱れや生理前などでホルモンバランスが崩れたら、男性ホルモンの分泌が盛んになり、皮脂の分泌量も増えてしまいます。

そこでオススメするのがホルモン治療です。

ホルモン治療は、低用量ピルを服用する方法がメインです。

低用量ピルには、エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンが含まれており、服用することで男性ホルモンよりも女性ホルモンの働きが優位になるよう体をシフトチェンジ。

皮脂の分泌量をコントロールしたり、ハリツヤのある肌質をサポートします。

皮膚科なら背中にできたニキビ跡の治療も可能に

背中にできたニキビが色素沈着し、ニキビ跡になっても皮膚科では適切な治療を受けることができます。

例えば、フラクショナルCO2レーザーと呼ばれるレーザー治療なら、肌に意図的にダメージを与えることで肌のターンオーバーを促すことができ、色素沈着の元である黒色メラニンを排出することでニキビ跡を解消することが期待できます。

また、「肌の漂白剤」とも呼ばれるハイドロキノンを配合した軟膏は、ニキビ跡のような炎症後色素沈着の予防・解消にオススメです。

ハイドロキノンは、色素沈着の元となるメラニンの黒色化を抑える効果が期待できるため、ニキビ跡はもちろん、毛穴の黒ずみやシミ、美白対策にも使用されています。

石鹸や保湿アイテムを用いたセルフケアでも背中ニキビが解消できない場合は、専門機関で一度診てもらいましょう。

まとめ

自分の視界に入ってこない背中だからこそ、毎日のボディケアで背中ニキビを予防しましょう。

背中ニキビを予防・解消するために大切なことは、肌を清潔に保つことと保湿をすること、そして肌に刺激を与えないことです。

洗浄力が高い石鹸は肌が乾燥し、かえって皮脂の分泌量が増えて背中ニキビが悪化する原因となります。

背中ニキビを予防・解消するために石鹸を選ぶ際は、マイルドな洗浄力で泡立ちがよく、保湿成分を豊富に含んだものを選びましょう。