TAG フェノキシエタノール

フェノキシエタノールは化粧品などの酸化を防ぐ防腐剤として多く使用されています。
同じような効能を持つ防腐剤はパラペンなど他にも種類がある中で、フェノキシエタノールが使用されることが多い理由として挙げられるのはそのイメージにあります。

たとえばパラペンは消費者にとって成分的にあまりよいイメージがないためにその使用が避けられているだけでなく、あえて「パラペンフリー」や「パラペン無添加」などと明記するなどとするケースも少なくありません。

パラペンに比べてフェノキシエタノールはイメージが悪くないため、パラペンに代わって防腐剤して使用されることが多くなっているのです。

フェノキシエタノールの防腐効果は少量でも高いという分析もあり、使用量を抑えることができます。
そのために防腐剤が肌に与える影響を少しでも少なくできるというメリットもあります。
ただ、フェノキシエタノールに刺激性がなったくないというわけではなく、またパラペンよりも防腐効果は劣る部分も見られます。

とはいえ、化粧品など肌に直接接触するものなので、できるだけ安心感の強い、緑茶などにも含まれる自然成分であるフェノキシエタノールが用いられる傾向にあるのです。

肌への刺激が少ない

緑茶にも含まれる自然成分なので、肌に直接使用しても問題が少ないのが特徴です。

防腐効果

パラペンよりも防腐に対する効果は劣りますが、安全性では優れています。

低刺激/防腐効果