TAG トコフェロール

トコフェロールとは一般的に化粧品の成分名として使用し、食品の栄養素としてはビタミンEの名称が用いられます。
ビタミンEは美肌の基本で、肌表面のバリア機能を高め刺激に強い肌にしてくれます。
脂質の抗酸化作用によって肌荒れの原因となる過酸化脂質の発生を防いだり、皮膚の角化を促進するので肌荒れ防止の効果が期待できると分析されています。
特にニキビの炎症を抑える働きがあるので、ニキビ予防や炎症の緩和に効果がると言われています。
また、しもやけや末梢の血流の増加の効能もあるので、育毛を促進したり皮膚をターンオーバーを促して老化を防止することも望めることから、スキンケアやファンデーションなどに広く利用されています。
肌の水分や油分が不足している乾燥肌の人やバリア機能が低下した敏感肌の人にはトコフェロールを含んだ化粧クリームを使用するのが特におススメです。
多くの化粧品に配合される酢酸トコフェロールは、α-トコフェロールを酢酸エステル化して得られる合成ビタミンEです。

肌荒れに

抗酸化作用によって活性酸素を除去して、肌荒れやニキビを予防、緩和します。

血流の改善

血流がよくなることで皮膚のターンオーバーや育毛の促進が期待できます。

肌荒れ/ニキビ対策/皮膚のターンオーバー/育毛促進