ショ糖脂肪酸エステル

①成分説明

シュガーエステルとして親しみがある成分が、ショ糖脂肪酸エステルです。主に食品用乳化剤として使われています。乳化は本来混ぜあうことがない水と油の成分を一緒にする効果があります。マーガリンやアイスクリームの乳化の安定、またビスケットやプリン、インスタント食品といった幅広い用途に使われています。乳化をする特性を持っていますので、化粧品としても幅広く使われています。

②成分分析・この成分の一般的な用途

合成界面活性剤と乳化剤

③特長・お肌への働き

直接肌に何らかの効能を示すものではないのがショ糖脂肪酸エステルです。分析の結果、乳化に効果を出すことから、化粧品の開発するときに使われる成分として多くの化粧品製造会社が用いている成分です。

化粧品全般

ほとんどの化粧品に入っており、合成界面活性剤としての特性もあることから、石鹸やクレンジング、ヘアパック、トリートメントそして頭皮ケアと多くの製品に使われています。

毒性も許容範囲

許容範囲ですが毒性がある成分です。ただ人体に影響を直ちに及ぼすものではなく、多くの化粧品の製造過程で用いられる成分であり、使う量も許容範囲になりますので、肌に悪影響を与えるとは考えにくく、まず安全に利用できますので、それほど心配する必要がありません。

④成分効果

化粧品の商品化/油溶性ビタミンの可溶化/溶解調整効果/皮膚浸透性/外用薬の乳化

8J0A46062_mini ディセンシア「サエル」口コミレビュー!敏感肌専用美白化粧品の効果とは?

ピックアップ記事

  1. pueraceleb-body
    女性らしいメリハリのある身体に憧れる人も多いはず!ふっくらとした胸があれば女性の魅力もうんと…
  2. orbisclear
    「同じ場所に何度もニキビができる」「ニキビがすぐにシミになる」といった「ニキビ」に悩まされて…
  3. kimie
    年齢と共に「シミやそばかすなどの肌トラブルが気になってきた」という人も多いのではないでしょうか。…

Tags

※効果効能には個人差があります。
PAGE TOP