TAG ステアリン酸ソルビタン

ステアリン酸ソルビタンは、海藻や多くの果物、特にリンゴの蜜と呼ばれる部分に含まれる甘味成分ソルビトールと脂肪酸であるステアリン酸を反応させることで得られる非イオン性界面活性剤で、安全性が高く安定性を調整できる特徴があります。

非イオン界面活性剤は低刺激、低毒性なので敏感肌やストレス肌の人にも使いやすいメリットがあり、乳化剤や乳化安定剤、分散剤として使用されています。
皮膚をなめらかにする働きがあり、皮膚や粘膜に対しての刺激が少ないので、クリームなどの化粧品の他、シャンプーや石鹸などに使われています。

そもそものステアリン酸は高級脂肪酸で天然の油脂とロウの構成成分で、乳液やクリームなどの油性原料、つまり乳化剤として使用されるもので、アルカリ剤とともに配合すれば石鹸になります。

また、クリーム類ののびや硬さなどの感触の調整や安定性を高めるために使用されます。
市販はされていますがそれは純粋なものではなくパルミチン酸とステアリン酸を混ぜたものと分析されて使用目的に応じて配合量が調整されており、界面活性剤の原料として欠かすことができません。

皮膚をなめらかにする効果

皮膚や粘膜への刺激が少ないので、皮膚をなめらかにします。

皮膚をなめらかに/敏感肌・ストレス肌にも使いやすい

成分一覧表に戻る