TAG コンドロイチン硫酸Na

コンドロイチン硫酸Naとは?

動物の組織や体液に存在するムコ多糖類の一種で、特に軟骨に多く含まれています。一般的にはサメなど軟骨から採取される成分です。白色~淡黄白色の粉末で高い吸水性を持ち、水を含むと粘性と弾力性にすぐれたゼリー状になるのが特徴です。

主に使われる用途は?

洗顔フォーム・化粧水・乳液・美容液などに使われています。特に保湿効果が高いことから、保湿剤として用いられることが多いと言えます。そのほかにも化粧品などのほかにもシャンプーや健康食品などにも使われています。

特徴・肌への働き

コンドロイチン硫酸Naは保湿剤としての効果が高く、肌などの水分を保つ効能が大きく期待できます。

多岐にわたる商品に使われています。特に保湿剤としても使われることが多いことから、肌の水分を効率よく保湿できることが特徴の一つ言えます。安全も非常に高いので、多くの化粧品に使われています。

また膝や間接痛に効く有効成分としても広く知られ、多くの健康食品にも使われています。人間の体を健康に保つためにも、コンドロイチン硫酸は欠かせない成分の一つと言えます。