TAG 水酸化K

水酸化Kは代表的なアルカリ剤のひとつで水酸化カリウムを指し、塩化カリウムを電解して得られる素材でpH調整剤として使われたり、ステアリン酸やラウリン酸などの脂肪酸と塩をつくって洗顔料などの界面活性剤として使用されています。

>> 水酸化Kが含まれているオススメ化粧品はこちらへどうぞ!

薄い水溶液は皮膚表皮を軟化させる作用があると分析され、脂肪酸と結合させて石鹸の材料としたり、乳化材としてクリームや乳液、洗顔料、美白クリームなど化粧品ということでなく主にスキンケア製品に使用されています。

水酸化Kはどんな商品に使われているの?~化粧品・成分分析~

シャンプーや白髪染めなどのヘアケア製品でも利用されています。

水酸化Kそのものが肌や髪の毛に何らかの効果を持つということではなく、たとえば乳液やクリームに配合されることで肌をなめらかにするといった「仕上がり」をよくするための素材といえます。

濃度が高いと皮膚に強い刺激を与える恐れがあるので、使用の際には注意が必要です。

ただし、一般的な製品の配合であれば大丈夫でしょう。

無添加石鹸にこだわる人も少なくありませんが、石鹸にはこういった化学物質は不可欠なので水酸化Kが材料に入っていても問題はありません。
美容製品の他にも、医薬品や工業用としてもさまざまに活用される素材の一つです。

成分の分析

せっけんの合成に用いられる代表的な成分で、白色の小球か、塊などの場合があります。
薄い水溶性は、皮膚表面を柔らかくする働きがあり、さまざまな化粧品にも適量が配合されています。

特徴と肌への働き

皮膚表面を柔らかくすると言う事は皮膚を破壊する事と表裏一体なので、取り扱いや配合量には注意が必要です。
肌に関する化粧品の他では、コールドパーマ液にも使用されているので、有害性はそんなに気にするほどではありません。

こうした効果や効能があるので、気づかないうちに日頃から利用していた可能性が高い成分です。
ph調整剤、アルカリ剤、乳液やクリーム、石鹸、洗顔料、美白クリームなどにも使用されています。

成分効果

皮膚表面を柔らかくする効果/ph調整/アルカリ剤

成分一覧表に戻る

水酸化Kが含まれているオススメ化粧品

水酸化K に関連する記事一覧