TAG オレイン酸ポリグリセリル-2

オレイン酸ポリグリセリルを分析すると、高級脂肪酸とされているオレイン酸と、糖から得ることができるソルビトールやソルビットが結合した成分となっています。

オレイン酸は、オリーブオイルの8割をしめている脂肪酸のことで、ソルビトールは天然の甘味料成分です。オレイン酸ポリグリセリルの後の数字によって、オレイン酸ポリグリセリルは1から10までがそれぞれ存在しています。

オレイン酸ポリグリセリル-2成分分析・一般的な用途

一般的用途としては、非イオン界面活性剤として利用されています。

オレイン酸ポリグリセリル-2特徴・お肌への働き

オレイン酸ポリグリセリルは化粧品に配合されていることも多い成分です。その効果効能についてはいくつか考えられます。

オレイン酸ポリグリセリル-2:汚れを落とす効果

油脂と水とのなじみを向上させ、水などでは落としきれない皮脂汚れや脂溶性の汚れを落とす効果が期待できます。毛穴の汚れを落とすことにより皮膚を清浄にし、肌をすこやかに保ちます。

オレイン酸ポリグリセリル-2:ニキビを防ぐ

皮膚を清浄にするという観点から、アクネ菌の繁殖を抑え、ニキビを防ぐ効果も期待できます。

オレイン酸ポリグリセリル-2:保湿効果

美容成分などの浸透率を上げたり保湿力を上げるという作用もあります。

オレイン酸ポリグリセリル-2成分効果

皮脂汚れを落とす/肌のブライトアップ効果/ニキビを防ぐ/保湿効果

成分一覧表に戻る