TAG オレイン酸ポリグリセリル-10

オレイン酸ポリグリセリルは、1~10まであります。オレイン酸ポリグリセリル-10は、合成界面活性剤、乳化剤として使用されるものです。油脂を原料としているので、安全性は高いと言われています。

オレイン酸は、高級脂肪酸と言われている成分で、オリーブ油のおよそ80パーセントを占める脂肪酸です。こうした植物由来の成分なので、化粧品だと肌に直接触れるファンデーションなどに多く使用されています。ファンデーション以外にも化粧水として使用される事があります。

オレイン酸ポリグリセリル-10成分分析・一般的な用途

オリーブ油の80パーセントを占める脂肪酸を使用しているので、化粧品には幅広く利用されています。合成界面活性剤としても、乳化剤としても、化粧品には欠かせない成分です。合成界面活性剤として使用される場合は、洗顔料系の製品に使用されることが多いです。

オレイン酸ポリグリセリル-10特徴・お肌への働き

オレイン酸ポリグリセリル-10は、高級脂肪酸であるオレイン酸がメインとなっているので、さまざまな美容に良い効果が期待できます。化粧品などの肌への馴染みを良くする働きがある他、洗顔料などの泡立ちを良くする働きがあるので、よく原料に使用されています。

オレイン酸ポリグリセリル-10成分効果

合成界面活性剤/乳化剤/肌馴染みを良くする/泡立ちを良くする

成分一覧表に戻る