TAG ニオイテンジクアオイ水

①成分説明

ニオイテンジクアオイ水は、別名ローズゼラニウム花水ともいわれている、花を大量に蒸留して作られたものです。フローラルウォーターとも呼ばれており、甘い香りが特徴です。花を蒸留した成分はたくさんありますが、このニオイテンジクアオイ水は、保湿の効能に優れており、成分分析をしてみると多くの企業が利用しているのが分かります。
ニオイテンジクとはそもそもゼラニウム(ゼラニューム)の一種で、ローズゼラニウムというのが流通名になっています。花屋さんでも見かけることが多く、家庭で栽培しているという人も少なくありません。大きな特徴はその芳醇な香りで、花が咲けばすぐにわかるほどです。そんな花を使用して作られた蒸留水ですので、芳醇な匂いはそのままさらに濃いものになっており、それに加えて保湿成分が高くなっています。
肌に塗れば保湿効果がありますが、服用すれば整腸効果などもありますので、化粧品以外にも活躍の場を広げています。

②成分分析・この成分の一般的な用途

収れん剤、エモリエント剤

③特長・お肌への働き

花水は保湿効果に優れています。このニオイテンジクアオイ水も例によって保湿効果が高い成分として知られています。

薬草としても使用されるニオイテンジクアオイですが、それを蒸留させて肌に塗布することで、その成分を余すことなく感じることができます。
ローズゼラニウムという別名を持つニオイテンジクアオイは、バラにも似た香りが特徴です。そのため、香りによってリラックス効果を得ることもできます。

④成分効果

保湿/補潤/リラックス効果