TAG PEG-8

PEG-8はポリエチレングリコールの力小となっています。分析をしていくと、この「8」は8番目のPEGであるという事を意味しており、毒性もなく水にも油にも溶けるという成分となっているのです。酸化エチレンの重合体です。

PEG-8成分分析・一般的な用途

保湿剤

PEG-8特徴・お肌への働き

PEG-8は、化粧品類に取り入れられることが多く、デンタルケアなどにも幅広く利用されています。

PEG-8:ステイン・色素沈着を改善する

PEG-8は、歯の表面に付着している水に溶けない汚れにも馴染むので、色素沈着やステインを落とし、歯のホワイトニング効果が期待できるでしょう。

PEG-8:保湿効果

化粧品に配合された他の水分を含んだ成分の揮発を防ぐ効果もあることから、高い保湿性を持っており、乾燥を防ぎます。

PEG-8:作用バランスを整える

界面活性剤の過度の洗浄作用を緩和させる効果もありますので、肌の潤いを保持しつつ、皮膚を清浄にします。

PEG-8成分効果

保湿剤/歯のホワイトニング効果/洗浄緩和効果/乾燥防止効果/ブライトニング効果

成分一覧表に戻る