TAG PEG-75

この成分が含まれた化粧品一覧

PEG-75の成分はポリエチレングリコールといわれる水溶性の合成ポリマーであり、酸化エチレンの重合体と分析されています。酸化エチレンは、エチレンを酸化して得られる、芳香のある無色の液体です。

PEG-75は化粧品などの酸化を防止し、製品の品質を安定させる効能があります。界面活性剤の一種になりますが、安全性は水溶性で刺激も少ないと言われています。

PEG-75成分分析・一般的な用途

化粧品では、石鹸や化粧水、乳液、クリームなどの用いられており、その他数多く含まれています。

この成分が含まれた化粧品一覧

PEG-75特徴・お肌への働き

化粧品や製品等の成分の油分と水分を結合させるための働きがあります。これがあることで、乳化しやすく、他の成分同士の結びつきをより安定させます。

PEG-75:注意が必要

稀に皮膚アレルギーを起こすと言われています。使用時、赤みや皮膚の刺激、これまでと違う体の異常には気を付けましょう。肌が弱い方、敏感肌の方は要注意です。

PEG-75:美容成分の浸透効果

化粧水や乳液、クリームなどの美容成分をより肌に浸透しやすくします。化粧水を塗っただけでは、化粧水は水分ですから、そのまま蒸発してしまいます。化粧水のあとに、乳液やクリームの油分を入れてあげることで、水分が逃げずに浸透していくのです。

しかし、化粧水は水分、乳液や美容液は油分になります。水と油は混ざらない成分ですが、PEG-75の働きで、水分や他の成分がきちんと浸透し、効果が発揮できるよう手助けしているのです。

PEG-75成分効果

保湿効果/美容成分の浸透効果/酸化防止

成分一覧表に戻る