TAG PEG-6

クレンジング剤によく含まれているのがPEG-6です。水クレンジングに代表される成分として有名です。水の割合が多いため「水クレンジング」と呼ばれていますが、クレジング剤をコットンに染み込ませて拭き取るタイプの化粧落としです。

分析するとこれらの成分には、界面活性剤と同じ効果を持つ合成ポリマーが含まれており、PEG-6には溶剤の効果がありますので、メイクを落とすことができます。落ちにくくできてるメイクを水で取り除くのは無理がありますので、勘違いしないようにしましょう。

PEG-6成分分析・この成分の一般的な用途

合成ポリマーと溶剤

PEG-6特徴・お肌への働き

PEGがつくと保湿性の効能がある成分になります。PEG-6も例外ではなく、保湿性を持っています。

PEG-6が含有される製品

水クレンジングが代表的な製品になりますが、化粧水や乳液、化粧下地、ファンデーションなどの化粧品もPEG-6が含有される製品です。

またトリートメントにも含まれていることから、キューティクルを守る効果も期待できます。たくさんのPEG成分がありますが、保湿性を求めるならPEGがつく製品を購入すると、効果を実感できるでしょう。

成分効果

保湿性/メイク落とし

成分一覧表に戻る