TAG PEG-32

この成分が含まれた化粧品一覧

合成ポリマーの一種で、そのなかでも水溶性ポリマーに分類されるのがPEG-32です。主に結合剤として使われており、化粧水から乳液と、保湿性にまつわるスキンケア製品に使われることが多いです。分析するとPEG-32の他にもいろんなPEG型の成分があり、それぞれ効果が異なります。PEG-32は、保湿性と結合剤の効能を持っている成分です。

PEG-32成分分析・一般的な用途

合成ポリマーと結合剤

この成分が含まれた化粧品一覧

PEG-32特徴・お肌への働き

高い保湿性を持っていますので、乾燥肌の人に最適な成分になります。ただ、合成ポリマーになりますので、正しい知識を持って扱うことが大切です。

PEG-32:水溶性ポリマーの特性

化粧品のなかで、保湿性が高い化粧品に多く含まれているのが合成ポリマーです。とろみをつけた状態を維持することで、肌がツルツルになるだけではなく、一緒に水分も閉じ込めますので、保湿性に優れています。

いろんな合成ポリマーがありますが、PEG-32は水溶性になり、水に易溶する性質を持っていますので、他の合成ポリマーと比べると強いクレンジングでなくても、化粧を落とすことができます。合成ポリマーを選ぶのであれば、水溶性ポリマーが比較的扱いやすいと言えます。

PEG-32:成分効果

保湿性/もちもち肌

成分一覧表に戻る