PEG-150

PEG-150は、ポリエチレングリコールとも呼ばれています。PEG-150を分析すると、合成ポリマーであるポリエチレングリコールと高級脂肪酸であるステアリン酸との付加重合もしくはエステルです。PEGの後につく数字で数種類存在していますが、どの数字のものによっても同様の使用をされることが多いでしょう。

PEG-150成分分析・一般的な用途

乳化剤

PEG-150特徴・お肌への働き

PEG-150は、乳化作用に優れており、界面活性剤としても利用されています。非イオン界面活製剤となっていますので、安全性も比較的に高いことから、化粧品にも用いられることが多いです。

PEG-150:ハリとうるおい

ステアリン酸は、皮膚細胞の毛細血管の代謝率を上げるので、肌にハリとうるおいを与えます。

PEG-150:シワ予防や改善

PEG-150には、肌のターンオーバーを助ける役割もあります。シワ予防にも期待できます。

PEG-150:保湿効果

非イオン活性剤として配合することによって、乾燥を防いだり、すこやかな肌を保ったりします。

PEG-150成分効果

ハリ・うるおい/シワ予防・改善効果/乾燥防止効果/保湿効果/肌のキメを整える

この成分が含まれた化粧品一覧

top_no1_mond_02 二十年ほいっぷの口コミ体験談レビュー!
ルナメアAC01-1024x609 ルナメアACの口コミ体験談レビュー!富士フィルムのスキンケア化粧品
tutumu3 ディセンシア「つつむ」口コミレビュー!敏感・乾燥肌の私が試した高保湿化粧品
ayanasu111 アヤナス(ayanasu)口コミ情報&敏感肌・乾燥肌の私の体験談!|ディセンシア化粧品

ピックアップ記事

  1. misscoco
    ミスココを楽天やamazonで少しでも安く買いたいと思って探してみました!しかし、楽天とam…
  2. kurosyouga
    黒しょうが+5つの黒スリムは楽天・amazon・公式どこが最安値?■楽天・黒しょうが+5つの…
  3. 01
    アクレケアとは?ニキビができた跡に残る、お肌のへこみにお悩みではありませんか?さわった感触が…

固定ページ

※効果効能には個人差があります。
PAGE TOP