TAG パルミチン酸

パルミチン酸は飽和脂肪酸のひとつです。別名ヘキサデカン酸とも呼ばれます。パルミチン酸は化粧品以外にも食品にも多く含まれている成分です。分析の結果によると高酸化作用を持ち、体内のビタミンAを安定させる効能があります。精製方法はパーム油などを加水分解して蒸留法で作られます。白色の固体で少し得異臭があります。アルカリ剤と一緒に配合することで石鹸を作ることが出来ます。洗顔フォームに多く含まれています。

パルミチン酸の特徴とお肌への働きとは

ビタミンAを安定化する

お肌を若く保つために欠かせない効果を持つビタミンAを安定化させます。その結果シワを予防したり、改善を促進する働きがあります。

ニキビを減らす

過剰な皮脂の分泌を防ぎます。油性肌でニキビに悩んでいる人にはピッタリの成分のひとつです。

化粧品の粘度調整

液体状の油性成分が含まれた化粧品の粘度の調整の為に使われます。スキンケア、ヘアケア、ボディケア剤などに多く使用されています。

レチノールを安定化する

美白効果が高いとされているレチノールを安定化させます。レチノールは空気に触れると変質しやすいので、多くのパルミチン酸が含まれています。

シワ予防/にきび改善/油性肌