ミリスチン酸

ミリスチン酸ってどんな成分?

分析の結果、ミリスチン酸はパーム油由来の脂肪酸です。ヤシ油やパーム油などを加水分解した後に蒸留法で精製されます。ヤシ油やパーム油のほかに、牛脂など動物性脂肪にも多くみられる成分です。有機酸の一種で炭素数14個の長鎖飽和脂肪酸です。色は白色で油性の固体です。また特徴的な臭いを持っています。

ミリスチン酸は主にエステルの原料として使用されます。ミリスチン酸をアルカリ反応させて石鹸の元になるミリスチン酸カリウムやミリスチン酸ナトリウムを作るのです。ミリスチン酸
の特徴は大きな気泡力があることです。ですからミリスチン酸が入っている石鹸は泡立ちや洗浄力に優れていると言われています。化粧品として直接的に効果や効能はありませんが、よくアルカリ剤と共に配合されている成分のひとつです。

ミリスチン酸の特徴とお肌への働き

化粧品や洗顔料の基材として

ボディーシャンプーや洗顔フォームそしてシェービングクリームなどによく含まれています。

肌を潤わせる効果

エモリエントと効果や保湿効果があるので潤滑剤としてメインの保湿成分を助ける働きがあります。また粘度を安定させたり、化粧芯の品質を一定化させる働きもあります。

成分効果

保湿効果/洗浄効果

どろあわわ口コミ・評判と体験レビュー&効果・価格まとめ
二十年ほいっぷの口コミ体験談レビュー!
ルナメアACの口コミ体験談レビュー!富士フィルムのスキンケア化粧品

ピックアップ記事

  1. 男性が思わず惹きつけられる魅力的なパーツが「うなじ」です。襟足が美しい女性は、とてもセクシー。多くの…
  2. アンダーヘアの脱毛は、水着や下着を着るときのエチケットだけではなく、デリケートゾーンを清潔に保つこと…
  3. サロンやクリニックに通うお金や時間がないという方に人気なのが、家庭用脱毛器です。手間がかかる…

固定ページ

※効果効能には個人差があります。
PAGE TOP