TAG マロニエエキス

マロニエエキスを分析すると、トチノキ科の植物であるセイヨウトチノキ(マロニエ)の果実や葉っぱからつくられる淡黄色もしくは赤褐色の液体成分です。特有のにおいをもっており、成分においては、サポニンの一種であるエスシンが多量に含まれているのが特徴です。

また、樹脂においては、カテコール・タンニン・クマリン配糖体が含まれており、民間薬などにも使用されることがある成分なのです。

マロニエエキス成分分析・一般的な用途

皮膚コンディショニング剤

マロニエエキス特徴・お肌への働き

マロニエエキスの性質はざまざまで、化粧品にもその効果効能を取り入れられています。

マロニエエキス:抗炎症効果

セスシンというトリテルペンを含んでいることから、抗炎症を防いだり、日焼け後の肌状態を緩和させてくれたり、乾燥からくる赤みやほてり感などを抑制・緩和させたりする効能も期待できます。

マロニエエキス:透明感のある肌

くすみを防ぎ、透明感のある肌へと導きます。肌にうるおいを与え、乾燥した肌のキメを整えます。

マロニエエキス成分効果

透明感のある肌/抗炎症効果/保湿効果/紫外線予防効果