TAG レシチン

レシチンを分析していくと、親油性と親水性の双方の性質を持っているといわれています。天然にある界面活性剤の1つといわれています。リン脂質の一種でもあります。

レシチン成分分析・一般的な用途

乳化剤

レシチン特徴・お肌への働き

レシチン:肌をみずみずしくする効果

レシチンは肌への浸透率が高いです。化粧品に用いる際、その成分を肌の奥まで届けてくれ、みずみずしい肌を保護する効果が期待できます。

レシチン:肌のキメを整える

天然ケミカルとも言われているレシチンは、荒れてしまった皮膚の状態を均一に整えるという効果があります。お肌全体のキメを整え、若々しい印象へと導くことができるのです。

レシチン:肌を保護する

レシチンは、祖基礎もしくは基材をコーティングする安定化剤としても利用されています。肌の感触を滑らかにし、保護します。安定的に肌の良い状態を保ってくれるのです。

レシチン:静電効果

静電気の発生を押さえ、毛髪をしなやかにします。また、肌への負担を減らし、肌荒れを防ぐ効果も期待できるのです。

レシチン成分効果

保湿効果/バリア機能効果/肌のキメを整える効果/ブライトアップ効果

成分一覧表に戻る