TAG ラウリン酸

ラウリン酸ってどんな成分?

ラウリン酸とはココナッツオイルやパーム油に含まれる脂肪酸の一種です。実はお母さんお母乳にも含まれていて、赤ちゃんはこの成分をとることで免疫力を強化していきます。他にも服用することで抗菌作用や高炎症作用などの効果を得ることも出来ます。分析に結果腹への刺激は少なく、洗顔石鹸に多く含まれています。

ラウリン酸の特徴とお肌への働き

肌の免疫力を高める

母乳にも含まれているとおり、ラウリン酸は肌の表面に付着した雑菌やさまざまな外的要因からあなたの肌を守る効能があります。ニキビができやすい人は肌の免疫力が低い、または低下している人が少なくありません。ラウリン酸入りの化粧品を使って肌力を上げましょう。

高い洗浄効果

美肌には正しい洗顔が欠かせません。ラウリン酸はキメ細やかな泡を作るので毛穴の汚れもさっぱりキレイにする働きがあります。

天然の保湿成分で潤いを

植物由来の天然成分で、肌への刺激が少ないので安心して使用できます。またラウリン酸は皮脂の成分と近いので肌に必要な潤いをキープする力に優れているのです。赤ちゃんや敏感肌、またはトラブル肌の人でも安心して使われいます。。

成分効果

ニキビ肌改善/アトピー肌改善/潤い
シミ/シワ