イソステアリン酸PEG-12

イソステアリン酸PEG-12は炭化水素から合成される飽和脂肪酸で、液状の成分です。ステアリン酸が固体なのに対してイソステアリン酸PEG-12は液体です。常温で液状の脂肪酸なので、常温で固形のステアリン酸などと混ぜる事で安定性を高める効果があります。

また化粧品に使用される場合には、感触を改良したりするので、テクスチャーにも深く関与しています。イソステアリン酸PEG-12は乳化剤としても多数の誘導体が作られて利用されています。

イソステアリン酸PEG-12成分分析・一般的な用途

オレイン酸と比較すると、酸化しにくく、安定している傾向があります。製品の安定性も高めてくれるので、質の良い製品を製造することが出来ます。主に、結合剤や洗浄剤、油剤などとして化粧品に多く配合されています。

イソステアリン酸PEG-12特徴・お肌への働き

製品の安定性を高めると共に、肌に対して馴染みやすくしたり、感触の良い状態を作る事が出来るので、テクスチャーの気持ち良い効果や効能を発揮する事が出来ます。

特にクリームや美容液、美白クリームやリキッドファンデーションには多く使用されていて、肌馴染みが重要な製品には、必ずと言っていいほど配合されています。美容液系は肌馴染みやテクスチャーが気持ち良いと、使い勝手が増します。

イソステアリン酸PEG-12成分効果

製品の安定性を高める/肌馴染みを良くする/テクスチャーの調整

tutumu3 ディセンシア「つつむ」口コミレビュー!敏感・乾燥肌の私が試した高保湿化粧品

ピックアップ記事

  1. beruta
    ベルタ酵素とは?美と健康を考える人たちの間で話題になっている「酵素」。酵素は美しさを保つ…
  2. angelup
    皆さんは女性らしいボディラインにあこがれはありませんか?自信のある体だと行動にも自信が持てますよ…
  3. mizugi-vline
    Vラインを脱毛しよう!となった方は、いったいどうして脱毛しようと思ったのでしょうか?キャンペ…

Tags

※効果効能には個人差があります。
PAGE TOP