TAG グリシン

グリシンは、体内で合成することができる非必須アミノ酸の一種で、コラーゲンのらせん構造を作るために大切な役割を担っています。牛スジや鶏の軟骨、豚足などの動物性コラーゲンにたくさん含まれています。

コラーゲンを生成するアミノ酸の1/3を占めるグリシンをしっかり摂取することで、肌のバリア機能を高め、敏感肌といった肌のトラブル改善の効能が期待できます。

グリシン成分分析・一般的な用途

グリシンには、コレステロール値を下げる効果があり、高血圧や脳卒中の予防、また湿疹や皮膚炎、口内炎を改善する医薬品の原料にも用いられます。

グリシン特徴・お肌への働き

手足の血管を広げて血流をよくするので、皮膚の角質の水分量が増え、肌を滑らかにします。さらに成長ホルモンの分泌を促進することから、傷付いた細胞を修復したりターンオーバーを活性化するなど、美容のために重要な成分といえます。睡眠改善にも効果があるという分析の結果もあるので、美しい肌を保つために欠かせません。

グリシン:保湿効果

水に溶けやすい性質があるので保湿効果が高く、化粧品の成分として広く使用されています。

グリシン:肌を整える

ニキビや肌荒れなどを改善し、キメを整える化粧水や乳液、保湿クリームなどに配合されることが多いようです。

グリシン成分効果

保湿/美肌/睡眠改善/血行促進/抗菌・酸化防止作用/キレート作用