TAG グリセリン

グリセリンは、スウェーデンで1779年に発見された成分であるといわれています。実は、2種類のタイプがあり、一つは植物から採られた天然素材のもので、もう一つは石油から生成された人工的なものです。お肌に塗れば、皮膚の乾燥を防ぎ、美しい素肌を作ってくれる働きを持っています。

グリセリンは、分析の結果として体に害がない成分であることが分かっています。そのため、アトピー肌や敏感肌の人でも安心して使えるのが大きなメリットです。市販の化粧水などにもよく使用されているので手に入りやすいです。

手作りの化粧水を作る際にも、グリセリンがよく利用されます。はちみつや尿素を加えれば、お肌を保湿してくれる効果も期待できます。

グリセリン成分分析・一般的な用途

保湿剤、変性剤

グリセリン特徴・お肌への働き

グリセリンは保湿成分の代表格とされており、化粧品や食品、医療品などにもよくグリセリンが使われています。はちみつのようにトロッとしたとろみを持つ成分です。

グリセリン:高い保湿効果

肌を柔らかくしっとりさせる保湿効果が期待できます。しわが増えた状態を改善してくれる効能や、自然に水分を吸収してお肌を潤わせる作用があるため、乾燥肌を防ぐことができます。

グリセリン:肌荒れ症状の抑制効果

肌に潤いを与えてくれるため、ひびやあかぎれなどの状態を改善が期待できます。肌荒れがひどい場合にも、角質層に水分を取りこんで潤わせてくれる効果が期待できます。

グリセリン:抗菌・抗アレルギー作用

細菌の繁殖を防ぐ抗菌作用やアトピー肌などを改善してくれる抗アレルギー作用を持つ成分です。

グリセリン成分効果

保湿効果/肌荒れの改善/抗菌作用/抗アレルギー作用