リンゴ酸ジイソステアリル

リンゴ酸ジイソステアリルはどんな効果・効能が期待できるの?~化粧品・成分分析~

リンゴ酸ジイソステアリルはリンゴ酸とイソステアリルアルコールという物質が結合したものと分析され、油分と水分を混ぜる乳化を目的にベース成分としてクリームや乳液などに配合されています。
リンゴ酸はAHAの一種で角質を柔らかくしたり除去するために使用し、イソステアリルアルコールは液状の油分でベタつきが少なくなめらかで伸びがいい特徴があります。
どちらも安全性が高い成分です。
口紅などのメーク品や高粘度ながらも感触をなめらかにしたり皮膚を柔らかくする効果もあるので、ヘアケア剤やスキンケア品など多くの化粧品に使用されている成分です。
リンゴ酸ジイソステアリルを使用したクリームはとろけるようななめらかさが特徴です。
また、エモリエント効果は皮膚を柔らかくする効能に優れているので高い保湿性と皮膚の軟化作用が望めます。
さらに、高粘度の高い密着感は肌をピッタリと覆って外部の刺激から肌を守る働きもしてくれます。
したがって、肌内部の水分を失いがちの乾燥肌の人やバリア機能の低下により角質が乱れた敏感肌の人にはリンゴ酸ジイソステアリル配合のクリームなどがおススメです。

エモリエント効果

皮膚を軟化させて保護してくれるほか、乱れた角質を整えてくれます。

保湿と密着性

肌の保湿を保ち、外部の刺激から肌を守ってくれます。

エモリエント効果/保湿性

アヤナストライアルセット内容(美-girls.jp) アヤナス(ayanasu)口コミ情報&敏感肌・乾燥肌の私の体験談!|ディセンシア化粧品

ピックアップ記事

  1. angelup
    皆さんは女性らしいボディラインにあこがれはありませんか?自信のある体だと行動にも自信が持てますよ…
  2. mizugi-vline
    Vラインを脱毛しよう!となった方は、いったいどうして脱毛しようと思ったのでしょうか?キャンペ…
  3. pule-pearl
    ワキの黒ずみに悩んでいる方はいませんか?永久脱毛や自己処理でムダ毛のケアはできても、黒ずみの…

Tags

※効果効能には個人差があります。
PAGE TOP