シクロメチコン

シクロメチコンを分析していくと、環状シリコンの一種とされています。分子の大きさによってそれぞれ異なった性質をもち、劇的に効果を発揮するというよりは、少しずつその効果を発揮するという成分特徴があるでしょう。

粘度としては低めのもので、無色透明であり無味無臭の成分で、撥水性もありさらっとしたテクスチャーとなっているのです。

シクロメチコン成分分析・一般的な用途

コンディショニング剤、エモリエント剤、溶剤

シクロメチコン特徴・お肌への働き

徐々に揮発するという特徴をもっており、化粧品においてもオイルフリー製品にオイルの代わりに使用されることもあります。

シクロメチコン:乾燥を防ぐ・改善する

油性でありながらもその粘度は低いため、ベタつきを防ぎ、肌への負担を最小限に抑えて保護し、乾燥を防ぎます。

シクロメチコン:良い状態を保持する

撥水性が高いことから、ウォータープルーフ製品などに使用されることも多いです。汗や水に強く、化粧崩れを防ぐ効果も期待できます。

シクロメチコン:ほこりから肌を守る

保護効能も高く、べたつきもないことから、外からうけるほこりなどの刺激から肌を保護し、長い時間付着させない目的でも取り入れられます。そのため、肌あれ・ニキビを防ぐ効果も期待できるでしょう。

シクロメチコン成分効果

乾燥肌防止・改善/肌の健やかな状態の保護/化粧崩れを防ぐ/肌あれ防止

tutumu3 ディセンシア「つつむ」口コミレビュー!敏感・乾燥肌の私が試した高保湿化粧品

ピックアップ記事

  1. top
    肌荒れやニキビ、肌の赤みなど、様々な肌トラブルで悩まされている人も多いことでしょう。「クレア…
  2. pueraceleb-body
    女性らしいメリハリのある身体に憧れる人も多いはず!ふっくらとした胸があれば女性の魅力もうんと…
  3. orbisclear
    「同じ場所に何度もニキビができる」「ニキビがすぐにシミになる」といった「ニキビ」に悩まされて…

Tags

※効果効能には個人差があります。
PAGE TOP