TAG ココイルグルタミン酸TEA

ココイルグルタミン酸TEAは、ヤシの油から抽出された脂肪酸と、昆布をはじめとする海藻類やチーズなどを分析した時に見られるアミノ酸のグルタミン酸を掛け合わせた成分となっています。海藻類などに見られるネバネバとした成分は、このグルタミン酸の働きによるものなのです。

ココイルグルタミン酸TEA成分分析・一般的な用途

洗浄剤

ココイルグルタミン酸TEA特徴・お肌への働き

ココイルグルタミン酸TEAは、毛髪をはじめとするものたちのコンディションを整えます。グルタミン酸がダメージを受けている部分に吸着して毛髪のうるおいを保ちます。

ココイルグルタミン酸TEA:キューティクルの修復

化粧品類の中でも、シャンプーやコンディショナーとして使用される場合、乱れてたキューティクルを修復し、毛髪をすこやかに保ちます。

ココイルグルタミン酸TEA:皮膚の保護

たんぱく質変性作用によって、皮膚にダメージを与えずに洗浄することも可能なのです。このことから、安全性も高く皮膚を保護しながら健やかな状態へと導いてくれます。

ココイルグルタミン酸TEA:キシみや絡み防止効果

静電気や洗浄時に現れるキシみや絡まりなどを防ぎ、毛髪をしなやかにします。ココイルグルタミン酸TEAのマイナスイオン系洗浄成分がこうした効果を誘発するのです。

ココイルグルタミン酸TEA成分効果

キューティクルの保護/健康な頭皮状態・皮膚状態/皮脂や埃の吸収効果