TAG クエン酸Na

①成分説明

クエン酸Naとは、クエン酸ナトリウム塩のことを指しています。クエン酸と異なる点は、酸性ではなくアルカリ性の性質を持っていることです。クエン酸Naを使用して化粧水などを作れば、クエン酸とは違う働きを持つものとなります。特に毒性はなく、安心して使うことができる成分です。また、PH調整や保湿作用なども持っています。

②成分分析・この成分の一般的な用途

緩衝剤、キレート剤

③特長・お肌への働き

クエン酸Naは、化粧品に含まれることによって保湿作用を持ちます。また、金属イオンが容器の中で沈殿しないようにする作用もあります。化粧水やパックなどの製品によく含まれている成分です。

引き締め効果

収斂作用が働くことで、毛穴が目立たないようにお肌をキュッと引き締めてくれる効果が出てくるでしょう。

保湿効果

お肌をしっとりと潤わせてくれる効能があるとされています。分析により、クエン酸Naには毒性がないことが分かっているため、安全性の高い保湿成分でもあります。

角質柔軟効果

柔らかなお肌を作る優しいピーリング作用を持つとされています。そのため、ニキビ肌用の化粧品類にも、クエン酸Naがよく含まれているようです。

④成分効果

お肌の引き締め効果/保湿効果/角質柔軟効果

成分一覧表に戻る