TAG カルボキシビニルポリマー

カルボキシビニルポリマーを分析すると、合成ポリマーの一種とされています。ビニルとは「ビニル基」のことをいいます。たんぱく質やセルロース・コラーゲンなどもポリマーの一種であり、中でも代表的なのが水溶性のポリマー成分です。

カルボキシビニルポリマー成分分析・一般的な用途

一般的用途としては、増粘剤やゲル化剤として使用されています。

カルボキシビニルポリマー特徴・お肌への働き

カルボキシビニルポリマーの用途は幅広いですが、化粧品などに取り入れることによって、さまざまなお肌への働きがみられます。

カルボキシビニルポリマー:肌のトーンを均一化する

カルボキシビニルポリマーの成分が入った化粧品は、肌のキメを整えます。これは、ポリマーの特性を活かした化粧品スタイルともいえるでしょう。

カルボキシビニルポリマー:皮膚保護

肌の水分を補い保ち、皮膚を保護します。乾燥を防ぐ効果も期待できます。

カルボキシビニルポリマー:保湿効果

粘度が高いので、高い保湿力を発揮し、皮膚をすこやかに保ちます。

カルボキシビニルポリマー成分効果

保湿効果/乾燥対策/皮膚の保護/ブライトアップ効果/肌のキメを整える

成分一覧表に戻る