TAG BG(1、3-ブチレングリコール)

BG(1,3-ブチレングリコール)は、保水性や吸湿性が高いため、主に保湿剤として使われることの多い成分です。ベタつきにくい性質を持ち、臭いや色などもありません。殺菌効果も高いので、化粧品の防腐剤として用いられることもあります。

BG(1,3-ブチレングリコール)が含まれた化粧品は、お肌に優しいので敏感肌の人にもおすすめです。皮膚への刺激が少なく、安全性が高いとされていますが、なかにはお肌に合わないという人もいます。

BG(1,3-ブチレングリコール)成分分析・一般的な用途

保湿剤、溶剤、粘度低下剤

BG(1,3-ブチレングリコール)特徴・お肌への働き

BG(1,3-ブチレングリコール)は肌への刺激が少なく、保湿剤としてよく化粧品などに使われています。ビタミンCの酸化を防いでくれる効能も分析により確かめられています。そのため、ビタミンC入りの化粧品にもよく配合されています。

BG(1,3-ブチレングリコール):保湿効果

グリセリンに比べると、BG(1,3-ブチレングリコール)の方がサラッとしたテクスチャーとなります。お肌につけることにより、しっとりした保湿作用を感じさせてくれるでしょう。

BG(1,3-ブチレングリコール):抗菌作用

細菌の繁殖を抑える作用があるため、化粧水などの防腐剤としてもよく使われています。若干ですが、お肌に対する抗菌効果も期待できます。

BG(1,3-ブチレングリコール):刺激を少なくする効果

美容に良い植物などのエキスを抽出した化粧品がよくあります。アルコールを使用して抽出するのが一般的ですが、ニキビ肌の体質の人にはあまり合わないことがあります。そうしたことを考慮して、BG(1,3-ブチレングリコール)を使って抽出を行えばお肌への刺激が少なくなります。

BG(1,3-ブチレングリコール)成分効果

保湿効果/抗菌効果/肌への刺激減少効果

成分一覧表に戻る