ベヘニルアルコール

①成分説明

ベヘニルアルコールとは、化粧品だけではなく広い用途で利用されている高級アルコールです。
表記にはアルコールフリーであるにもかかわらず入っていることが多いベヘニルアルコール。
アルコールフリーの表記はエタノールが配合されていないもののことを指しますので誤表記ではありません。

②成分分析・この成分の一般的な用途

乳化安定剤、界面活性剤、リンス基材、殺菌剤、可塑剤

③特長・お肌への働き

成分分析過程においてアルコールとしての成分になるのですが、ベヘニルアルコールはナタネ油から抽出される脂肪族アルコールで一般的にアルコール無添加の表記がある商品にも多く用いられています。
合成成分で構成されているアルコールよりも炭素数が大きい高級アルコールで乳化安定性に大変優れた効能をもつ成分です。
その特性から幅広い製品に生かされているのです。
その特徴からエモリエント効果が高いこともよく知られていて皮膚を保護する効果が高いこともわかっていますので、ヘアケア製品などにもよく使われています。
高い乳化安定性と保護をする効果の高い成分なので、頭皮などのケアに最適だと考えられます。

④成分効果(箇条書き)

肌の保護/保水、保湿/頭髪、頭皮の保水/ニキビの予防/しわの予防

tutumu3 ディセンシア「つつむ」口コミレビュー!敏感・乾燥肌の私が試した高保湿化粧品

ピックアップ記事

  1. あなたは1日の中でどれくらいの野菜や果物を摂取していますか?現代、野菜や果物の摂取不足を訴え…
  2. 契約書
    8月24日にエターナルラビリンス(エタラビ)が9か月間に及ぶ新規勧誘業務の停止命令を受けて以降、エタ…
  3. beruta
    ベルタ酵素とは?美と健康を考える人たちの間で話題になっている「酵素」。酵素は美しさを保つ…

Tags

※効果効能には個人差があります。
PAGE TOP