TAG アルギニン

アルギニンは必須アミノ酸の一種で生体たんぱく質の成分として動植物界に広く分布していることが分析されています。ヒトの身体に利用されるアミノ酸には20種類以上もあり、それぞれ働きが異なりますが、最も肌によいとされるのがアルギニンなのです。

アルギニン成分分析・一般的な用途

水分と結合する力が他のアミノ酸よりも強いことから保湿効果に優れているので、化粧品の成分としては皮膚コンディショニング剤、ヘアコンディショニング剤の他、アルカリ剤(中和剤)として使用されます。また、乳液やクリーム、シャンプー、コンディショナーなどにも広く使用されます。

アルギニン特徴・お肌への働き

動植物の体内での代謝に重要な役目を果たし、強力な保湿効果や肌の荒れを改善する尿素やコラーゲンを作るために関係する働きをします。

アルギニン:保湿効果

肌にうるおいとしっとり感を与え、肌荒れを防ぎます。

アルギニン:コラーゲンを生成

成長ホルモンの分泌を促しコラーゲンの生成を促進するので、プリプリとハリのある美肌を作り出す効能が望めます。

アルギニン:老化を抑える

しみ・しわ・たるみなど、老化の原因であるコラーゲンの老化を抑える効果が期待できます。

アルギニン:肌トーンアップ

血流を増やすことで顔色をよくしたり、肌や唇のくすみが目立たなくなり、効果を実感できるでしょう。

アルギニン成分効果

保湿性/コラーゲン生成/老化を抑える/肌トーンアップ

成分一覧表に戻る