TAG アラニン

アラニンは、脂肪燃焼アミノ酸であるとともに、コラーゲンを再生するうえで、体内で合成することのできる不可欠な非必須アミノ酸で、体内のほとんどのたんぱく質に存在し、特に細胞質部分にたくさん存在します。

アラニンは角質に含まれる天然の保湿成分で、糖質の代謝に重要な役割を持っています。天然保湿成分の約40パーセントが、アラニンをはじめとするアミノ酸が占めており、これにより皮膚の保湿と健康が保たれるのです。

また、肌の表面がアルカリ性にならないように角質層のバリア機能を高める働きもあると分析されています。

アラニン成分分析・一般的な用途

化粧品に配合されることも多く、皮膚コンディショニング剤やヘアコンディショニング剤、化粧水・乳液、洗顔料、石鹸、ファンデーションなどに使用されています。

アラニン特徴・お肌への働き

アラニンにはアルコールの代謝を促し、二日酔いを改善する効能もあるとされています。また、長時間の運動を行なう際にも効果を発揮します。

アラニン:スキンケア

肌の角質に存在し、その水分を保つ天然保湿成分の成分として有効です。肌が乾燥していると、ウイルスや細菌などが侵入する機会を与えてしまいますが、高い保湿性によりダメージを抑えられます。さらに、肌の水分が逃げないよう保持してくれる働きもあります。

アラニン成分効果

保湿/スキンケア