家庭用脱毛器

ケノンシャインピンク

サロンやクリニックに通うお金や時間がないという方に人気なのが、家庭用脱毛器です。手間がかかる分安く、日々のお手入れとしてスキンケア感覚で脱毛する女性が増えています。メリットとデメリット、さらに相場を知っておけば、自分に合う商品を迷わず選ぶことができます。

家庭用脱毛器は、使い勝手と価格で選ぶ

自分で使う脱毛器ですので、使いやすさ・続けやすさをチェックして購入しましょう。また、買いやすい値段も大切な要素です。

フラッシュ式家庭用脱毛器

サロンで使われるIPLという光を利用した脱毛器です。家庭用のため出力は抑えられていますが、脱毛効果は認められています。

メリット

サロンでも使われる光脱毛と同じ仕組みです。本格的な脱毛を手軽にできる点が最大のメリットです。また、一度に広範囲のムダ毛に照射でき、手軽で時短です。痛みも少なく、熱風がピンポイントで当たったような感覚という口コミや、全く何も感じないという方もいます。しっかり脱毛したいけれど、痛みに弱いという方にはうってつけの脱毛器です。

デメリット

脱毛前にカミソリで剃る・照射後にその都度冷却するなど、脱毛器を使うための準備や手間がかかります。特に冷却は、しっかり行ったつもりでも足りず、肌トラブルを起こすケースもあります。取扱説明書を読んでも、「実際にどの程度冷やせばよいか」は判断しにくく、不安で使用を辞めてしまうことも考えられます。

相場

7万円前後です。高価ですが、その分メリットも多い脱毛器です。エステやクリニックより安いと、フラッシュ式を選ぶ方も多数います。

関連記事:家庭用フラッシュ脱毛器で脱毛をする手順:メリットとデメリット

レーザー式家庭用脱毛器

価格と効果のバランスが取れた脱毛器として人気なのが、レーザー式です。特殊な光を毛に当てることで、毛そのものと毛根の細胞を破壊し、生え変わることを抑える働きがあります。

メリット

脱毛効果の高さは、家庭用の中で一番です。期間は長くかかるものの、家庭でも永久脱毛が目指せるのは、レーザー式のみと考えてOKです。

デメリット

狭い、痛い、重いの3点があります。まず、照射面積が狭いため、ワキなどの狭い範囲でも30分はかかります。また、毛が濃い部分ほど痛みが強く、使用がおっくうに感じられる方も少なくありません。さらに、特殊なレーザーを出すためマシン自体が重く、片手でもち不自然な姿勢をキープするのは、かなり疲れます。

相場

5万円前後です。セールやキャンペーンなどで、39,000円ほどに値下げされることもあります。

サーミコン(熱線)式家庭用脱毛器

内蔵されている熱線をムダ毛に当てることで、毛を根元から切る方法です。抑毛効果は無く、これまで通りまた生えてきます。しかし、ムダ毛処理の速さ・キレイさ・肌への優しさはダントツです。

メリット

熱線は肌に当たらないような構造で、肌へのダメージがありません。デリケートスキンの方・傷のある方にとってぴったりのムダ毛処理法です。また、1度に複数本のムダ毛を処理できるため、時短で楽というメリットもあります。

デメリット

毛を処理することはできますが、毛根は元気なままです。抑毛効果はありませんので、脱毛というよりムダ毛処理という位置づけの機械となります。

相場

2万円程度。安いものは1万円以下もあり、その安さから10代女性を中心に人気となっています。

超音波脱毛器

ピンセットで一本ずつ施術する家庭用脱毛器です。完全な脱毛効果を望むには不向きですが、光脱毛では利用できない眉毛や乳輪などの施術も可能です。

関連記事:超音波脱毛器のメリットとデメリット

その他、知っておきたいセルフ脱毛の注意点

取扱説明書に書かれている使用法を守る

家庭用とはいえ、脱毛効果のあるマシンです。例えば、目に向かって照射してしまえば、最悪の場合失明することがあります。肌に向けて当てるという使用方法を守り、安全に使ってください。

アフターケアも自己責任で入念に

脱毛後の肌は大変デリケートです。保湿クリームは、すこし時間を置いて肌が落ち着いてから塗りましょう。また、脱毛後にすぐ紫外線を浴びると、肌が黒くなりやすいため、UVケアも入念に行ってください。

家庭で行うセルフ脱毛器は、自分にとって使いやすく、買いやすい値段のものを選びましょう。専門サロン・クリニックに通っていないため、トラブル予防も自己責任です。取り扱い説明書をしっかりと読み、アフターケアも入念に行ってください。

家庭用脱毛器オススメランキング

自宅で出来る光脱毛、レーザー脱毛器のオススメランキングです。
各機種のオススメポイント、性能について詳しく解説していきます。

ケノン

脱毛器ケノン
ケノンの詳細はこちら

知名度、人気ともにNO1.の、日本で最も売れている家庭用脱毛器です。「脱毛力が高く、痛みが少ない」。サロンでも謳われる、こんなフラッシュ脱毛の性能を兼ね備えているだけではなく、ランニングコストがかなり安くて済みます。低価格で、高い効果。これがケノンの一番の魅力です。

トリア・パーソナルレーザー脱毛器 4X


家庭用脱毛器の定番と言えばフラッシュ脱毛器ですが、家庭用で唯一レーザー脱毛できるのがトリアです。 レーザーは、フラッシュ比べ威力が強いため、産毛以外の毛はほとんど生えてこなくなります。

脱毛力が高い

レーザーは、そのパワーがフラッシュより数段高いので、トリアは家庭用脱毛器の中ではダントツに、肌をツルツルにする力があります。

短期間で効果が実感できる

早い人だと、3ヵ月で目的の部位をきれいにできると言われています。これはかなりのスピードです。

簡単な充電式

どの脱毛器よりもシンプルで簡単に使えます。予めバッテリーを充電しておけば、あとはただスイッチボタンを入れるだけ。バッテリーは消耗品ですのでいずれ交換しなければいけませんが、レベル1だと20万発も使えるので、交換する必要はほとんどないでしょう。

FDA の認可を受けた唯一の “家庭用レーザー脱毛器”です。

アメリカの政府機関、FDA(アメリカ食品医薬品局)の厳しい基準を満たしている製品です。また、皮膚科&レーザー外科の専門医もおススメしていますので、安心して使えます。

レイボーテ エクストラ


設立36年を迎える美容家電メーカーの老舗、ヤーマンが発売している新しいタイプの光脱毛器です。楽天ランキングでも1位を獲得した実績を持つ、人気の家庭用脱毛器です。

クール機能がついている

サロンでは、照射後に必ずお肌をクールダウンさせますが、レイボーテ エクストラには、この冷却機能が一緒に搭載されています。ですので、お肌をすぐに引き絞めることができます。

カートリッジの交換が不要

1台持っていればそれだけで15万発の照射ができますので、消耗品の交換という手間暇が要りません。

美顔も一緒にできてしまう

付属のアタッチメントをつけると、脱毛器が美顔器として利用できます。1台でムダ毛ケアと顔のエステが同時にできてしまう優れものです!

照射面積が広い

一度に4.95cm2もの広い部分に光を当てることができます。Vラインに限らず、全身に使っても効率的でスピーディです。

トリア トリア・パーソナルレーザー脱毛器 4X
ケノン ケノン
rei-beaute-extra レイボーテ エクストラ
wakigaturuturu 超音波脱毛器のメリットとデメリット
kaodatsumou-eikyu 家庭用脱毛器で永久脱毛はできる?
seirityu-kenon-kateiyo 生理中でもケノンなどの家庭用脱毛器を使っても大丈夫?
hadatoraburu-taisyo 家庭用脱毛器で肌トラブル(火傷・炎症・埋没)が起きた時の対処法
ninshin-kenon-tukaeru 妊娠中や授乳中でもケノンなどの家庭用脱毛器を使っても大丈夫?
kodomo-datumou ケノンなどの家庭用脱毛器は子供(小学生・中学生・高校生)が使っても安全?
Vライン(家庭用脱毛器) 家庭用脱毛器でVライン脱毛をする手順:メリットとデメリット

ピックアップ記事

  1. pule-pearl
    ワキの黒ずみに悩んでいる方はいませんか?永久脱毛や自己処理でムダ毛のケアはできても、黒ずみの…
  2. top
    肌荒れやニキビ、肌の赤みなど、様々な肌トラブルで悩まされている人も多いことでしょう。「クレア…
  3. pueraceleb-body
    女性らしいメリハリのある身体に憧れる人も多いはず!ふっくらとした胸があれば女性の魅力もうんと…
※効果効能には個人差があります。
PAGE TOP